日语论文网 文献介绍 『日本の庭ことはじめ』

『日本の庭ことはじめ』

日本の庭について、中国、朝鮮の庭や、茶道、あるいは築城の際の石垣の構造など、文化や技術の構造から、知識を深めていくのに、「ことはじめ」として最適な本である。著者が実際に作庭家であるということ、そしてその体験から得た庭への視点で書かれているのが感じられる。
土や植物などとの対話的な関係に、技術がからんでくる作庭には、庭の理念と同時に職人の存在が欠かせないものである。庭にかかわる職人たちの技術評価がなくては、日本の庭を維持していくことも発展させることもできない。
さまざまな写真などの資料も多く、編集やデザインという点でもすぐれていて、読みやすい本だ。庭について多角的に興味のある人に最適な一冊だと思う。

作者: 岡田 憲久 (著)
出版社: TOTO
出版日期: 2008/05
本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.riyulunwen.com/wenxian/85.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

收缩