收缩
logo
当前位置:首 页 > 美文欣赏 > 查看文章

夏目漱石と谷崎潤一郎

美文欣赏 你是第5442个围观者 0条评论 供稿者:

夏目漱石は1868年2月9日に現在の新宿区に、父夏目子兵衛直克、母千枝の5男として生まれる。この後、一歳になった漱石は四谷の名主塩原家へ養子として出される。

学生時代は東京大学予備門予科に進学し、同級生の正岡子規と親交を深めるなどした。明治23年、帝国大学文科大学英文科に学び、東京高等師範学校英語教師、松山の愛媛県尋常中学教諭となった。松山はのちに『坊っちやん』の舞台となる。

明治33年、漱石は文部省派遣留学生に選ばれロンドンに赴く。「夏目狂せり」との噂が流れるなか帰朝し、一高と東大で英語英文学を講じたが留学中からの神経症に悩まされ、友人高浜虚子の勧めでいわば神経症の自己治療のために書いたのが『吾輩は猫である』である。雑誌「ホトトギス」に掲載された本著作で大いに文名があがり、明治40年には一切の教職を辞して東京朝日新聞社の小説記者となり執筆を始めた。

没したのは大正5年12月9日、享年50である。彼の死を悼む人々の数は同日に弔われた日露戦争の名将大山巌を悼む人々の数をはるかに凌いだといわれている。

このように漱石の生涯を振り返ってみると、明治時代をちょうどその一生の中に含んでいる。同時代の文学者には尾崎紅葉や幸田露伴がいるが、これらの人物が文学史上の存在である反面、漱石は単に文学史上の人物でなく、21世紀を迎えた現在でもなおその作品は生き続け、読者を得ている数少ない国民的作家の一人である。

『坊っちゃん』は明治39年に書かれた初期の作品である。勧善懲悪という主題をリズミカルでやや排他的な江戸っ子弁で語られる物語である。近代作家や近代小説理論が否定する江戸的な感受性や倫理観に堂々と反発し、勧善懲悪という伝統を近代小説に復活させた作品、といわれている。この作品の魅力は主人公・坊っちゃんの単純明快さであり、正直さであり、人としての暖かさであろう。例えば「金や威力や理屈で人間の心が買えるものなら、高利貸しでも巡査でも大学教授でも一番人に好かれなくてはならない。」という一節がある。他にもまだたくさんあるが、このようないつの時代も変わることのない民衆的な倫理観を、見事に言葉に変えて綴られた優れた作品である。

 

谷崎潤一郎は明治19年7月24日東京日本橋に、米の相場表の印刷所を営む父倉五郎と母関の次男として生まれる。長男が夭折していた為潤一郎と名づけられた。早熟した文才を持った彼は、東京府立一中の「学友会雑誌」にエッセイ『厭世主義を評す』を発表し、1年生の作品として全校を驚嘆させたのである。その後、帝国大学国文科に進学するも月謝滞納の理由で論旨退学となる(明治43年9月)。この2ヵ月後に出世作『刺青』を雑誌「新思潮」に発表。大正12年には関東大震災にあい、家族とともに第二の故郷といわれる関西へ移住を果たす。関西の伝統をテーマとした「吉野葛」「春琴抄」を世に送りだした。そして戦中戦後に「細雪」を執筆。昭和24年文化勲章を受賞、住まいを温かい熱海に移し「瘋癲老人日記」等を発表。昭和40年7月30日湯河原の湘碧山房で亡くなった(79歳)。

谷崎について正宗白鳥は「何世紀に一人といったような才能に恵まれた作家」と評価し、三島由紀夫は「これだけの作家が亡くなれば、国家が弔旗をかかげてもいいし、国民が全部黙祷してもいいと思います。」と発言した。耽美派作家としてあまりにも有名な谷崎であるが、単にそれだけにとどまらない豊かな才能ある文学者であったことが窺われる。

前述したように「細雪」は太平洋戦争が勃発した翌年に執筆開始、中央公論に掲載されるのだが、「時局にそわぬ」と当局の干渉によって途中で掲載が中止という事態になる。

こうしたいわば弾圧の中をほそぼそと書き続けた作品であるが、その内容は谷崎の愛する京阪神地方を舞台に旧家蒔岡家の4人姉妹をめぐる物語で、全編を包むのは関西の上流階級といっていい家庭の優雅な風俗である。四季折々の情感と、そこに溶けこむ姉妹たちのみずみずしい一挙手一投足が丹念に描かれている。その一例を引用して締めくくりたい。

海外にまでその美を謳われているという名木の桜が、今年はどんな風であろうか、もうおそくはないであろうかと気を揉みながら、()紅の空を仰ぎ見ると、皆が一様に、

「あー」

と、感嘆の声を放った。この一瞬こそ、二日間の行事の頂点であり、この一瞬の喜びこそ去年の春が暮れて以来一年に亘って待ち続けていたものなのである。

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved.
  • 备案号:沪ICP备13024141号