收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

要 旨

 

本論文は「日本の和服文化について」をタイトルとし、多彩多様な日本文化の一つ――和服文化が述べられる。それに、その和服文化から見る日本人がどんな人か、日本文化がどんな文化か、詳しく書かれる。

本論は三つの部分に分けて説明する。第一部分では、和服の自然に関する図案と紋などから、日本人と日本文化が描かれる。その自然性から、日本人が自然が好きということと日本文化が感性の文化ということはちゃんと見られる。第二部分は和服の両面性から、日本人は模倣とともに創造が好きな民族ということが分かる。それに、日本文化も同時に進取の文化ということも分かる。最後の部分は和服の伝統性という面から書かれる。その面から、伝統をしっかりと守り、伝統に対する熱烈な愛を持つ日本人と伝統の文化という日本文化が見られる。

 

キーワード:和服、自然、模倣、創造、伝統

 

 

 

 

 

本篇论文以日本的和服文化为题介绍了日本众多文化中的一种文化——和服文化以及从中可以看出日本人和日本文化到底是怎么样的。

本论文从三个方面进行论述。第一部分写了和服上的与自然有关的花纹和图案,从中我们可以知道再没有比日本人更喜欢自然的民族了。也可以了解日本文化是一种感性的文化。第二部分则从和服既是模仿的产物又是创造的产物这种两面的角度来观察喜欢模仿而又不停留于模仿进行创造的日本人和进取的日本文化。最后一部分从和服在实际生活的使用来表现他们在全球化的过程中仍然坚守自己传统的精神,也可以看出日本文化同时也是一种传统的文化。

 

关键词:和服、自然、模仿、创造、传统

 

 

はじめに――――――――――――――――――――――――――――――1

第一章・和服の自然性から―――――――――――― ――――――――2

 

1.1和服の上の自然――――――――――――――――――― ――2

1. 自然環境の影響2―――――――――――――――――――――3

1.3自然が好きな日本人と感受性ある文化―― ―― ――― ―――4

第二章和服の両面性から――――――――――― ―――――――――5

2.1和服の模倣性と創造性 ――――――――――――――――――6

2.2日本人の両面性と進取性に富む文化―――――――――――― 7

第三章和服の伝統性から―――――――――――――――――――――9

3.1グローバリゼーションの背景に生――――――――――― ――10

3.2和服文化すなわち日本人の心の拠り所―――――― ―――――11

3.3伝統を尊重する日本人と伝統的な文化――――――――――― 12

終わりに―――――――――――――――――――――――――――――――13

参考文献―――――――――――――――――――――――――――――――14

謝辞―――――――――――――――――――――――――――――――――15

 

 

 

 

 

日本の和服文化について

はじめに

 

桜と同じように、和服といえば誰でもすぐ日本を連想するだろう。和服はすでに日本の象徴として人々の頭の奥に深く残っていると言えよう。日本人の中に大和民族に属する人が90%いることから名付けられたそうである。日本の伝統服装として、日本の伝統の色彩を色つけされた。昔々から、日本人の生活とお互いに密接な関係にあって、日本人の習慣や美意識などに支えられ、今まで伝わってきたのである。

保温できるなど基本的な用途のほかに、芸術的に非常に値打ちがある。特に女性の和服が芸術品と言えるほど色とりどりで華やかな上に、デザインも上品である。芸術への日本人の感覚を完全に表していて、鑑賞価値と研究価値を大いに持っている。日本の伝統文化の象徴としても、日本という民族の象徴としても、世界中の多くの人々に納得されている。世界へ一番自慢できる遺産である。仮に人が注目しなくなったとしても、掛け替えない位置に定着している。

さて、和服の背景に窺われる日本人論と日本文化論は一体どんなものだろうか、三つの方面から早速述べらせていただこう。

 

第1章  和服の自然性から

――自然好き、感受性ある文化

 

1.1節 和服の上の自然

 

和服というと、きっとそのエレガントな紋や美しい絵などが印象的だろうが、和服の生地の上に付いた、多種多様な図案が無意味な飾りというわけではない。和服を味わうことはあたかも芸術品の鑑賞のように、普通の人間の目で見るべきではない。その紋や絵はまるで自然の縮図のように、春夏秋冬や草、木、虫、魚など、私たちの目の前に生き生きと現れている。服の上に花や草などをやきつけているということは普通なことではないか、どの国の服でもそうだろう、それが特別なこととは言えないだろう、といろいろ考えを持つ人がたくさんいるだろう。しかし、その中からこの国のある本質的な特徴と繋がっているものが掘り出されることができるようになる。それが自然に対する日本という国の人々の心持ではないかと思う。自然との共存、あるがままの自然の享受と言えよう。ところで、いったいどういうことだろう。

 

1.2節 自然環境の影響

 

「着物の自在」という著書の中に、「どの社会の衣服も、その地域の環境にかなうように、長い年月をかけて、そこに住む人びとが創り上げたものである」と書いてある。和服も同じように、古い時期から様々の移り変わりを重ねて、今のような形になった。その変遷中、自然環境が欠かせない要因の一つとされている。それに、その影響によって極めて大きい効果が効いていくのである。日本列島は海洋性季節風気候であり、雨量が十分でもあり、水資源が豊富でもあり、植物が非常に多いということである。その自然環境上の優位性によって、この土地に定着している人々がもっと直接自然の魅力を感じることができるのは疑いがないだろう。そこで、賢い人びとは自然に対する特別な感情を和服の中に入れて、和服の隅々まで自然の息吹があふれている。

 

1.3節 自然が好きな日本人と感受性ある文化

 

ホースコピッチ学者が「文化とは自然様式が人間の形になったものだ。The man-made part of the environment」と述べるように、文化と自然はとても密接に関わっているのである。地球上の多様な環境により、世界中には多様な衣装や飲食などの文化が存在するのである。和服はとりわけ恵まれている自然環境のおかげと言えよう。日本の人は自然を服装の上に集中して、世界中の人々に自然と密接な関係が見せているのである。和服の前身が中国の唐の代の服という考えもあるが、自然性という面から見ると、日本の和服と肩を比べることができる服装を持つ国はないようである。満開の桜の木や重ねたしぶき、遊び戯れている魚、秋の菊、北国の雪景色など、それらだけを思うと、目の前に自然の光景が広げられているのではないだろうか。春夏秋冬の四季が次から次へと登場してくるのである。和服文化は自然観がとても強く、また昔の人びとの知恵を織り込まれたオリジナリティ高いのアートと言えよう。

日本人の中に、もし「貴方は何故和服を着たくなるのだろうか」と聞かれたら、「着ていてとても気持ちがいいから」あるいは「何と言っても圧倒的にもてるから」という答えを出す人が圧倒的に多いそうである。和服を愛着している人たちの共通なコメントだろう。特に、女性にとっては、日本の四季の美しい花と草などの自然界の万物を身に纏え、誰より艶やかになるからだろう。そこには日本人ならではの感性と身体感覚、自然感などにフィットした和服の着心地が語られている。自然についての美意識は日本の文化形態と日本人の日常生活を支えているが、日本人にとっては、自然は神様のような存在で、神様のいない文化と生活は「文化と生活」と呼ぶわけにはいかない。

自然に対する感情はとても文字で表現できるものではない。強いて言えば、コンプレックスという言葉しかできないと思う。かつて日本人の先生がこのようにおっしゃったことがある。「亡くなる寸前になるとしても、山や花、水などを見たい」と。ほかの国の人に納得されないかもしれない。少なくとも、私は認められない。たぶん、和服へ抱く気持ちと同じだろう。日本人でないと、なにがなにでも体験できない気持ちだろう。

 

第2章  和服の両面性から

――模倣創造好き、進取性に富む文化

 

2.1節 和服の模倣性と創造性

 

日本文化の中に、そもそも自分の持ち物が少なくて、その大部分は異文化から変えられてきたものである。日本文化の一つとして、和服文化もそうである。和服の文様、織りかた、染色、絞りなどは古い時期から、日本列島の外から取り入れたものが多い。正倉院御物により、シルクロードから入ってきた和服がたくさんあるそうである。中国の唐からも、朝鮮からも、天竺からもなど。そして中世から近世にかけてはて、実際の情況と一致するところを探し求めて正に自分の物にした。インスピ、南蛮(ポルトガル、イスパニアなど)から取り入れることが多くなる。だから、日本という民族は「実用主義」の実行者と言っても過言ではないだろう。それに、いつの間にか、日本文化は「模倣文化」と呼ばれているようになった。

それに対し、日本文化を「創造文化」と言ってもかまわないと思われる。創造性とは、これまで結びつかないと思われていたものともの、考えと考え、あるいは技と技とを結び合わせて、新しいもの、思想、芸術、技術などを創り出すことに成功することである、と心理学者は定義している。「成功する」というのは、それがほかの人びとの役に立ったり、感動を与えたりすることである。日本文化も海外の異文化の中から、そのままに無条件な模倣ではなく、取捨選択して美しいもの、よいものを選んで大胆に取り入れレーションも模倣から発見へと結実するという説がある。和服の歴史は異文化接触による創造の道筋を示している。それに和服を着ている人に暖かい感覚を伝えている。

日本の空気は湿度が高いから、和服はうまく温度と湿度との調節をするように工夫されている。幾重にも布が重なり合っているので、寒い時はきれときれとの間の空気が、体温によって温まり、暖房の働きをする。熱い時には涼風を誘い込む。そして寒い時も熱い時も、適当に湿度を調整する。おのずから空調の役割を働いているのである。和服の帯は飾りの働きをするというよりも、もしろ女の体を暖かく守ってくれると言う。

そして、和服の特徴の一つは直線裁ちということである。直線的なデザインの和服は、都合のいいことに、あちこちに無駄な空間が自然とできることや重ね着が簡単なことで、熱や空気の出入りなどを洋服よりも簡単に調節することができる。和服が日本の風土に適したものだとはよく言われることであるが、これは物理的な構造と素材の効力を含め、非常に合理的な服であるからこそだと言えるだろう。

とにかく、和服はその着心地のよい生地から、自然の息があふれ出る文様まで、さまざまなデザインが日本人自身に応えて創り出されたのである。

 

2.2節 日本人の両面性と進取性に富む文化

 

和服の上に表現された模倣と創造という性格も両面性がある。では、日本人は二重性格を持っていると言えよう。「菊と刀」という本に出てきたとおりである。日本人は模倣力を持っていると同時に、創造力も持っている。

日本人の模倣力と創造力は全世界にも名を馳せているようになったのは当たり前だろう。第二次世界大戦、日本が敗戦した。敗戦国として、自分の国に勝った国に多少恨みなどがあるはずが、戦勝国、つまりアメリカに好奇心を満たして、「この打ち勝ってくれた国に一体何の秘密兵器があるのか。」と疑念を持っていた日本人はこのような疑いを抱いて、次々とアメリカに行ってわけをはっきりさせようとしていたそうである。これらの人は西洋の学者たちに「模倣のやつら」や「技術泥棒」などとあざ笑ったことがあるそうである。そのように思われていると言っても、それこそ二戦のおかげで何もかも無くなってしまった日本は再び世界で自分の位置を見つけることはできないではなかっただろうか。今のところは日本人を「技術泥棒」と言っている人も、日本の人たちが作られた設備と技術が信用できないと思っている人もいないだろう。最先端ないろいろの製品はアジアばかりではなく、世界でも評がいいという事実である。日本の自動車産業は世界一流でもあり、電器製品は質がいいということがみんなに分かっているのである。それがだれにも認められるところである。

模倣から創造まで、どの分野でも、勤勉で進取の精神を持つ日本人が見られる。そのような日本人であるからこそ今の和服文化が成立できる。さらに、日本文化という独特な文化が存在できる。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号