日语论文网 论文范文 日语论文范文:日本のお正月と中国の春節についての比較

日语论文范文:日本のお正月と中国の春節についての比較

日本のお正月と中国の春節についての比較

―――食べ物・り物・行事活動・禁忌の面から

 

 

 

  中国と日本はアジアの一衣帯水の友好隣国で、そのため多くの面でよく似ている。異

なった面も同様に多い。両国の発展と友好関係を促進するため、両国の伝統文化を理解することはとりわけ重要である。本論は食べ物、飾り物、行事活動、禁忌の面から、中国の春節と日本のお正月を比較してみた。この比較で、日中両国の文化差異および人々の心理、

感情表現の差異などを探求してみた。

 

 

摘要

中国与日本是亚洲邻国、因此两国有很多相似的地方,同时有差异的地方也很多。为了促进两国的发展和友好,了解两国的传统文化很重要。本文从食物、饰物、风俗活动、禁忌等方面来对中国的春节和日本的正月进行比较。通过比较,对中日两国的文化差异以及国民心理、感情表现上的差异等进行探究。

キーワード:食べ物;飾り物;行事活動;禁忌;時代変わり

 

 

关键词:食物;饰物;风俗活动;禁忌;时代变化

 

 

 

はじめに……………………………………………………………………………………  3

1 日本のお正月と中国の春節…………………………………………………………… 3

1.1  日本のお正月と中国の春節の由来……………………………………………  3

1.2  日本のお正月と中国の春節の意義………………………………………………3

2 日本のお正月と中国の春節の比較…………………………………………………… 4

2.1 日本のお正月と中国の春節の食べ物の比較………………………………… 4

2.2 日本のお正月と中国の春節の飾り物の比較………………………………… 5

2.3 日本のお正月と中国の春節の行事活動の比較……………………………… 5

2.4 日本のお正月と中国の春節の禁忌の比較…………………………………… 6

3 日本のお正月と中国の春節の新しい変化…………………………………………… 6

おわりに………………………………………………………………………………………7

参考文献………………………………………………………………………………………8

 


 

はじめに

国を問わず、世界中の人々が一年の始まりの日を祝って平和や健康を願い、豊作と繁栄を祈るのは普通である。

しかし、何月何日を一年の始めとするか、どのようにお祝いするかなどは、国や民族、宗教、習慣などで異なってくる。中国と日本は、文化や経済、人々の交流で深い繋がりを持っている。日本は、古くから中国の文化をとり入れて発展してきた。1978年、日中友好条約の締結がきっかけで、中日の交流がさかんになった。日本から多くの人が中国を訪れ、中国から日本への製品の輸入も多くなるようになった。二十一世紀、中国から日本への留学生は膨大な数に達している。観光・留学・ビジネスの目的で中国を訪れる日本人の数も着実に増加している。

日本と中国は、ことば、文化、習慣において似ている点もあれば全く異なる点もある。日本のお正月の過ごし方は中国の春節と似ているが、違ったところもある。

日本のお正月を研究する日本と中国の学者がたくさんいる。日本では、大林太良、飯倉晴武、安室知などがお正月を研究している。大林太良は『正月の来た道――日本と中国の新春行事』の中で、今の日本のお正月が華美になり画一化したと述べた。新春行事の本来の姿を中国、朝鮮などアジア稲作文化圏からとらえ、その役割と意味したものから現代の生活文化を問った。飯倉晴武は『日本人のしきたりーー正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心』の中で、年中行事やしきたりは日本人が長い歴史のなかで培ってきた生活の知恵であり、豊かな人生観の表れでもあったと説明した。現在の年中行事・しきたりを紹介するとともに、その歴史的な由来も考えるべきである。安室知は『餅と日本人――「餅正月」と「餅なし正月」の民族文化論』の中で、日本の民俗文化において餅はいかなる意義をもっているのかを論じた。元旦に雑煮を食べない地方もあって、餅風習で日本人のこころと文化を考察した。

本論は食べ物、飾り物、行事活動、禁忌の面から、中国の春節を参考にして、日本伝統的なお正月を分析してみた。この比較で、中日両国の文化差異および人々の心理、感情表現の差異などを探求してみたい。

 

1 日本のお正月と中国の春節

1.1 日本のお正月と中国の春節の由来

日本のお正月は日本古来のご先祖様を敬う祖霊信仰と結びついている。年の初めに天からそれぞれの家に降りてくる「歳神様」をお迎えし、五穀豊饒を願う行事で、飾り付けや習慣にもそれぞれそのことに関係したいろいろな意味がある。歳神様は若年さんや年徳様とも呼ばれ、昔の日本に関係の深い穀物霊、つまり農耕の神様である。

日本のお正月は、普通は1月1日から1月3日までの期間を指すが1月20日までの期間を指すこともある。1月20日を二十日正月(骨正月)と呼ぶ。新暦の元日を軸とする「大正月」と旧暦の15日を軸とする小正月と呼ぶ。大正月はまた大年、男の正月と呼ぶのに対して、小正月を小年、女の正月と言うところもある。

中国の民族文化は、一年の四季の移り変わりに基づいて、いろいろな祝日をきめていく。そのほとんどが農業生産と人間と大自然との交流に密接な関係があり、人間の「天人同一」という文化心理を反映している。その中で、もっとも重大で、かつ、もっとも民族的特色を持つ祭日は、中国旧暦のお正月で、「年」と言う。「年」は「稔」であり、稲穂が実り熟することを祈りつつ念ずる意味である。

 

1.2日本のお正月と中国の春節の意義

お正月は、日本人にとっては大切な行事のひとつである。年末から大掃除をして、しめ飾りや門松、鏡餅などを飾って、新年を迎える。
多くの人が、故郷に帰り、家族とともに過ごす。元旦の朝はおせち料理を食べたり、お屠蘇を飲んだりして、神社に初詣に出かける。家の近くの小さな神社も、住吉大社などの大きな神社も人でいっぱいである。お正月には着物を着るひとも多い。年末に書いた年賀状が届くことや、子どもたちはお年玉をもらうことも楽しみである。

春節は中国人にとって一年の中で最も盛大な祝日である。時代の移り変わりにつれて、春節の内容が変わりつつ、人々が春節を祝う方式も変わってきた。しかし、いくら変わっても、中国の人々の生活と意識における春節という地位に取って代わるものが無いと言える。

中国の春節はすでに4000年の歴史があり、当時は春節と言わず、固定の日日も無かった。紀元前1000年の時、人々は春節を「年」と言った。当時、「年」は豊作の意味であった。豊作をかちとると「有年」、或いは「大有年」と言っていた。中国の春節は旧暦の12月23日から正月の15の元宵祭りまでで、約3週間にわたり、12月30日の大晦日と正月の一日が最も盛大に過す習慣がある。

 

2 日本のお正月と中国の春節の比較

2.1 日本のお正月と中国の春節の食べ物の比較

日本のお正月料理は御節料理で、節日に作られる料理をさす。特に、正月に備えて年明けまでに用意されたお祝いの料理を指す。単におせちともいう。

御節料理の基本は、お屠蘇、祝い肴三種(三つ肴)、雑煮煮しめである。地方により、三つ肴、雑煮、煮しめの内容が異なる。御節料理のなか、火を通したり干したり、あるいはに漬けたり味を濃くするなど、日持ちする物が多い。これは、火の神である荒神を怒らせないため、正月に台所で火を使うことを避けるという平安時代後期からの風習により、正月には台所仕事をしないからである。実際は、女性を正月くらいは休ませるという意味合いもある。

日本でお正月のおせち料理には、地方によって、随分違うし、種類もかなり多いようである。にもかかわらず、どんな料理でも、それぞれにめでたい由来があり、そのいくつかを挙げてみよう。

数の子は鰊は一名「かど」というので、かどの子がなまって数の子になったといわれている。数の子は鰊の卵巣で、卵巣には数万の卵があるので、数多い子、すなわち子孫繁栄の意味で縁起がよいとされている。黒豆は豆はまめで健康を意味し、一年の無病息災を願う食べ物である。田作りは「ごまめ」ともよび、片口鰯の稚魚を素干しにしたものである。その昔、地方によっては稲を植える時に小鰯を細かくきざみ、灰にまぜて肥料にしていた。このため、稲は豊作となり米の味がよくなる、それで干した小鰯を田作りといわれるようになったとされる。年越しそばは人生の長く生きると言う意味で中国と違って習慣がある。年越しそばを食べたときに、家族の幸福や健康を祈る。年越し蕎麦は細く長く長寿であるように願い、大晦日に食べるになっている。また、金銀細工師が蕎麦粉を練った団子で散らかった金粉を集め、その団子を焼いて金粉を取り出したことから、蕎麦は金を集める縁起物となり、年を越す前に食べきらないと金運に恵まれないと言われている。こぶ巻はよろこぶことがあるように作られる。ほかに、七草粥は7種の野菜(芹、薺、御形、繁縷、 仏の座、菘、蘿蔔)を刻んで入れた粥を七種粥(七草粥)といい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。最近ではデパートや有名なレストラン又は老舗料亭などのおせち料理が大変人気があり、通販やインターネットでも注文されることが増えてきたようである。

中国人は、大晦日の晩御飯を大変重視している。この日は一家団欒の日である。これを年夜飯或いは団円飯と俗称し、お正月を迎える1年中の最後の食事を示す。団円飯と言われる通りに、家族の全員が集まらなければならないので、遠く離れた家族でも年夜飯だけは必ず参加しなければならない1年中の最重要な食事になっている。年夜飯も遠い昔から伝えてきた伝統であり、普段のおいしい食材を保存してこの日にたくさん贅沢な一食を取るとの意味合いも含めている。年夜飯の料理の様式は多様で特に禁忌する食べ物はない。その中でもお魚と餃子は必ず用意する料理である。

例えば、まるごと一匹の魚は「有頭有尾、善始善終」といい、始まりもよい、終わりもよいという意味である。また、中国語で「魚」と「余」の発音が同じことで、「年々有余」即ち毎年余裕があるようにという願いを込めている。「鶏」は「吉」と発音同じであり、この一年も「吉祥如意」という願いを含めて、縁起のいい食べ物とされれいる。餃子は中国の北方では餃子を食べるのは昔、中国で流通した元宝の形に作ってあるので一杯食べるほど翌年は良い財運が入るとの意味も込められている。それと同時に、餃子の「餃」は「交」の発音と同じなので、交代を意味して餃子は新旧が交代されるという意味もあるそうである。湯円は南の方では、湯円(お団子のようなもの)を用いて、団欒や健康、長生きなどの願いを込めて主食として食す。お餅は中国ではお餅を食べる地方もある。お餅は「年糕」といい、「年高」と同じ発音ということで、毎年高くなるよう、いろんな面で更に上に行くようという掛詞である。

要するに、日本のお節料理と同じように、中国にも春節独特の食べ物がある。糖果(甘いお菓子)、湯圓(もち米の粉で作られた団子入りのスープ)、青菜(「清」に通じる)、魚(「余」に通じる)、棗(ナツメの実で子供の象徴)、橘子(幸運の果実)、麺(年越しソバと同じで、長寿を意味する)などある。春節のもう一つの重要な食べ物は、「水餃子」である。ギョーザは、おめでたい食べ物なのである。日本で人気の「焼き餃子」は、まず見かけない。たいてい、ゆでて食べる「水餃子」である。

 

2.2 日本のお正月と中国の春節のり物の比較

日本では、正月飾りってどんなものがあるだろう。主なものとして、門松、鏡餅、しめ縄がある。しめ縄は地方によって、「しめ飾り(注連飾り)」と呼ばれたり、「牛蒡」と呼ばれたりしている。形もそれぞれ変わってくる。門松はこの門松は正月飾りの中でも重要なものとされ、正月に家庭に福をもたらせてくれる「年神様」が迷わないようにする目印となるものだそうである。年神様の依代(よりしろ)と言う。しめ縄は地方によって「しめ飾り(注連飾り)」とか「牛蒡締め」と呼ばれ、神様の占める場所の境界線を示すものだと言われています。玄関に置けば、家の中には不浄なものが入らないとされている。

現在、時代の変わるにと共って、お正月飾りの種類は随分多くなってきた。それだけで無く、お正月飾りは綺麗に出来たものを買って飾るばかりではなく、多少は不恰好でも心を込めて手作りした正月飾りでお正月を迎えるのもよいと思う人も沢山出てきた。また、通販でお正月飾りの手作りセットなども売っているようなので、人々は自分に合ったセットがあれば手軽に手作りのお正月飾りが出来ると思っている。おしゃれなドライフラワーやアートフラワーを使ったお正月飾りも流行っているそうである。中でもプリザーブドフラワーというものを使ったものはとても人気だそうです。自分でいろんな風にアレンジしたものを飾るお正月飾りも趣があっていいだと思う。

中国では春節に、以下の通りいくつかの代表的な飾り物がある。

春聯(しゅんれん)は、年越しの前に玄関の左右に貼り付ける一対の長い紙で、それぞれ美しい筆跡で、めでたい文句が記されている。2つの文句は巧みな対句になっており、時代背景や素晴らしい新年への期待を読み取ることができる。都市でも農村部でも、春節を迎えるたびに、家々は選りすぐりの赤い春聯を玄関に貼り、祝日の喜ばしい雰囲気をさらに盛り上げる。窓の切り絵と逆さまの「福」は一般庶民の家庭では、今でも切り紙細工「剪紙」が好んで窓に貼られる。年越しムードを高める「窓花」は、単なる飾りというだけではなく、芸術としての観賞価値も高い。切り紙細工は中国に広く伝わる民間芸術の一種で、千数百年前から人々に愛されてきた。切り紙細工は窓に貼ることが多いため、「窓花」とも呼ばれる。 玄関に春聯を貼るときに、家の扉や壁、門の横木に大小の「福」の字を飾る人もいる。幸福な生活への希望や素晴らしい未来への願いが託されている。さらに「ひとひねり」効かせ、福の字を逆さまに貼る人もいる。「倒(逆さま)」の発音は「到(到来する)」に通じるので、逆さまな福の字は、「福の到来」を表すという。めでたい絵「年画」は、中国の古い民間芸術で、庶民の素朴な風俗と信仰を反映している。春節に年画を貼り、人々が新年を祝う素晴らしい願いを託する。木版印刷技術の発展に連れ、年画の内容も、門を守る「門神」などの単調なテーマから、豊富かつ多彩になった。

日本では正月が過ぎたら、飾ってあった物(門松等)を取り除くが、中国壁に貼った飾り(対聯と年画)は春節が過ぎてもそのままにしておく。

 

2.3 日本のお正月と中国の春節の行事活動の比較

日本では、年神様をお迎えする前に、神棚や家屋を清める必要がある。1年間にたまったほこりを払い、隅から隅まできれいにすると、年神様がたくさんのご利益を授けてくださるそうである。これも日本人に対してお正月の準備活動といえる。家族のみんなが協力し、一生懸命大掃除をするのはなんと幸せな姿だろう。

紅白歌合戦は大晦日の夜、家族の全員がテレビを囲んで、NHKより放送する「紅白歌合戦」を見るのもお正月遊びの一つとされてる。一年中最も人気がある芸人たちはこの舞台に集まって、男女の芸人は赤組と白組の二つのグループに分かれて対陣して、順番に登場し、歌ったり踊ったりして雰囲気を盛り上げる。

初詣は一月一日、元旦の朝、有名なお寺、神社に初詣をするのも慣例の一つである。年の初めにお参りすると、新年の幸福が増すとされている。本来は、自分たちが住んでいる地域の氏神を祀っている神社にお参りしていたが、やがて、その年の年神様のいる方角「恵方」にあたる社寺にお参りする「恵方参り」をしたり、有名な社寺にお参りするようになっていた。

書き初めは新年の抱負や目標をしたためる。「吉書」ともいい、年神様のいる方向に向かって祝賀や詩歌を書いたことに由来する。本来は事始めの1月2日に行うが、最近では、期間でも場所でも特に定められた規定は無いようである。

中国では、春節の時、各テレビ局がさまざまな特別番組があるが、この中、中央テレビ局より大晦日の夜八時に生放送する春節聯歓晩会は最も人気があり、重要なそして総合的な文芸番組となっている。その番組には、全国各地から集まった有名な歌手や映画スター、ダンサー、色々な特技を持つ芸人とスポーツマンが出演する。彼らは歌や踊り、曲芸、漫才、京劇、雑技、武術、マジックなどを披露する。これらも面白い番組を見ると、大晦日の夜をより一層楽しく過ごすようになって来た。

また、大晦日に夜を徹して新年を迎える「守歳」は、最も重要な年越しの民間行事である。大晦日の夜、家族全員が集まり、大晦日の晩御飯を食べる。ろうそくか行灯(あんどん)を点し、炉辺で歓談し、旧年に別れを告げ新年を迎える時刻を待つ。夜を徹して起きることは、全ての疫病を追い払うことを象徴し、新しい一年の幸運と順調への期待が込められている。

中国の民間に「開門爆竹」という言葉がある。新年最初に扉を開ける時に、爆竹を鳴らすことをいう。「パンパンパン」という爆竹の音で、旧年を捨て去り、新年を迎える。 爆竹のため、春節の期間中どこでもかなり賑やかし、熱烈な雰囲気が満ちている。しかし、大量に爆竹を鳴らすことによって、お金を消費したり空気を汚したりする。更に大きな問題は、爆竹を鳴らすことによって予想外の火事や人身事故を引き起こすことである。それで近年は、少なからぬ有識者はこのような古い決まりや、しきたりを変えようと各界に呼びかけ、各地の政府も大衆の要求に基づいて法規を作り制限を加えるようになった。

新年の一日目、人々は皆早起きして、晴れ着をまとい、親戚や友人を訪ねる。新しい年がよい年になるよう、お互いに新年のあいさつをする。あいさつ回りの方法は多種多様だ。一族の長が数人を引き連れ、一軒一軒あいさつすることもある。職場の同僚数人とともに、新年を祝うこともある。大勢が一団となって新年を祝い合うことを「団拝」と呼ぶ。各戸を訪ねて新年のあいさつをするのは労力と時間を要するため、一部の地位の高い人や官僚が互いにカードを送り合った。これがその後の「年賀状」に発展した。

春節の新年のあいさつでは、目下の人が先に年長者にあいさつをし、年長者の長寿と健康を祈る。年長者はお年玉を用意しておいて、目下の人に渡す。お年玉は中国語で「圧歳銭」という。「歳」の発音は「祟(たたり)」に通じるので、祟りを抑える縁起かつぎの意味もある。目下の人は、お年玉を貰えると、平安に1年を過ごせるという。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

 

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.riyulunwen.com/fanwen/931.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

收缩