收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

 

茶道は中国から日本へ伝えられ、日本の伝統文化と結びついて、日本民族の独特な気質と風格が備わった。茶道は日本の宗教、芸術、哲学、社会、美学、礼儀、倫理と融合して、総合的な文化となり、日本文化の中でとても重要な地位を占めている。

茶道についての研究は日本研究のとても重要な分野である。茶道は世界東方の二つの民族の文化交流の結晶で、東方文化の特質をもっている。そのうえ、茶道の研究は東洋文化についての研究と離れられない。本稿は日中茶文化の交流過程、茶道の変遷及び現実生活の中での意義を探求したい。今までの方々の研究成果を踏まえて、①茶の起源と茶道の発展、②日本茶道、③儒教、道教、仏教と茶道、④現代茶道の意義などを研究したい。

いま、茶道を提唱し、これによってそれを発揚して広げにすべきである。

キーワード:茶道;伝統;和敬清寂;禅;文化

 

摘 要

茶道自中国传入日本,与日本的传统文化相互融合从而具有了日本民族独有的气质和韵味。它与日本的宗教、艺术、社会、哲学、美术、伦理、礼仪溶为一体,从而行成了一门综合性的文化,在日本文化中占据着十分重要的地位。

对于茶道的研究一直是日本文化研究的一个重要领域。对于茶道的研究离不开对对东方文化的研究,茶道是世界东方两个民族文化融合的结晶,具有东方文化的特质。本文旨在研究中日茶文化交流的过程,茶道的变迁以及它在现实生活中的意义。在前人研究的基础上通过对茶的起源以及茶道的发展;儒教、道教、佛教对茶道的影响;中国历代对日本茶道的影响。

现在应该大力提倡茶道,从而使其发扬光大。

关键词茶道;传统;和静清寂;禅;文化

 

 

1. はじめに………………………………………………..1

1.1 文化と茶文化の定義

1.2 研究の目的と意義

2. 先行研究と問題提起……………………………………….2

2.1 先行研究

2.2 問題提起

3. 研究方法と資料収集………………………………………..3

3.1 資料収集

3.2 研究方法

4. 茶の起源と茶文化の発展…………………………………….3

4.1 茶の起源

4.2 茶文化の発展

5. 日本の茶道                                                       5

5.1 唐代と遣唐使

5.2 宋代と栄西

5.3 宋代闘茶の輸入と茶道の普及

5.4 唐物と書院茶

5.5 寂茶と村田珠光

5.6 千利休と茶道大成

6.儒教、道教、仏教と茶道                                           10

6.1 道教と茶道

6.2 儒教と茶道

6.3 仏教(禅)と茶道

7.結論                                                            13

8.おわりに                                                        15

参考文献………………………………………………….16

謝辞……………………………………………………..17

 


 

 

中国茶文化と日本茶道のつながり

 

1. はじめに

1.1 文化と茶文化の定義について

文化は人間の生活様式の全体である。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体である。それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに、相互の交流によって発展してきた。そのうち、特に、哲学・芸術・科学・宗教などの精神的活動、およびその所産である。文化は人類によって創造するとともに人類と社会の発展を進んでいる。茶文化の定義について先学の大家たちはそれぞれ独自な定義を下しているが、その中に代表的な論述をまとめて、次のようになる。茶文化は茶を担体として諸般の文化を伝え、茶と文化有機融和で、一定の時期の物質文明と精神文明を含んで体現することである。

茶道は茶文化を直接に表現するの形式の一つである。今の茶道は茶の湯によって精神を修養し礼法を究める道である。鎌倉時代の禅寺での喫茶の儀礼を起源として、室町時代の村田珠光に始まり、武野紹鴎を経て千利休が大成、侘茶として広まった。利休後は表千家・裏千家・武者小路千家の三千家に分かれ、ほかに多くの流派がある。

1.2 研究の目的と意義

茶道は中国から日本へ伝えられ、日本伝統文化の代表として、中国と日本両国の文化の特徴をもっている。だから、茶道は日中交流の結晶や証明とも言われている。今の日中関係は時々困境に陥っている。中日両国の国情は異なり、異なる見解があるのは当たり前だとされている。しかし、交流が足りないのも一つの重要な原因である。日本の文化を理解することができなければ日本語を勉強するや日中交流の時もうまく行くはずがないであろう。茶道について研究することによって、日本との文化理解を促進することに大きな意味を持っていると思う。

これは生理的茶の効用である。日常生活の中では、いろいろなものに惑わされたり、他のものに合わせて、自分を曲げている。そして、そこでは自分を守るためにいろいろな余分な着物をどんどん重ね着してしまう。茶道と言うものによってそのような無駄なものをすべて捨てて、本当に素の自分に戻る。今の物質化世界には、競争が激烈になり、人心はそわそわしていて、心理は衡を失うことが容易になり、人脈は緊張に赴いた。茶道の精神「和、敬、清、寂」などは今の世界に必要なものがつめられている。だから茶道を提唱して、もっとも調和な社会を築くべきである。今の世界で、茶道の意義を探求したい。

 

2. 先行研究と問題提起

2.1 先行研究

中国は茶の木を最も早く発見し、利用した国であり、お茶の祖国とも言われている。文字の記載が示しているように、中国の人たちの祖先は3000余年前に茶の木を栽培し、利用するようになった。しかし、いかなる種の起源と同じように、お茶の起源と存在は必然的に人類が茶の木を発見、それを利用する前からあったことであり、長い歳月を経て、発見、利用されるようになったのである。人類がお茶を利用するようになった経験は、代々伝えられることによって、一部の地域からだんだんと他の地域へ広がっていった。

お茶は中国から日本へ、6世紀に伝えられた。そして、9世紀に上流階級の間で、お茶が、一般的だったとされていた。14世紀お茶と武家社会は、結びついて、茶寄会いという遊びかたが流行。1326年茶礼が日常飲食儀礼として用いられた。お茶は日本の伝統と仏教のことに結びついて、日本の茶道が創造された。日本の生活文化と深い関わりを持つ、独自の様式がもっている。茶道は、中国で生まれ日本で花開き実を結んだ、優れた生活文化である。茶道の語が文献に初めて現れるのは唐代であるが、すでに唐代に於いて、茶道は単なる飲茶習俗の域から脱した高度な精神文化であった。唐の時代、陸羽の『茶経』がその事を輝かしく証明している。鎌倉時代の初め、日本に禅宗(臨済宗)を広めた栄西は、「茶の効用」を説いた人としても知られている。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved.
  • 备案号:沪ICP备13024141号