收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

ニューメディアと災害報告

要旨

中文摘要

キーワード

はじめに

1ニューメディア

1.災害報道

1.2 ニューメディア

2 日本のニューメディアの下での災害報道の全方位の転換

2.1日本のニューメディアの下での災害報道

2.2 日本ニューメディアの災害報道の特徴

3 ニューメディアにおける中日災害報告の比較

3.1 情報量と保存時間

3.2 議事日程設置と方向誘導

3.3 情報の出所の著作権に対する重視

おわりに

参考文献

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューメディアと災害報告

 

要旨: :2011年3月の東日本大震災で、その時の情報トランスターの中で、ネットのニューメディアは、特にBlogger、ポッドキャスティング、小さいBloggerおよびその他のいくつかのニューメディアは、自身の発表の便宜、時間上の優位と大量の情報を利用して、突発的事件の中で巨大な効果を発揮した。それが出てきた伝播の効果と価値は値打ちがある。ニューメディアの今度の被災者救済事件の中の伝播価値を振り返って、ニューメディアは報道技術と方法の優位、報道の観念転換、報道の主体選択、伝播の力度、伝播の効果などの方面で、新しい高度に達したと言える。そのため、本稿は災害事件の中のニューメディアが発生する文化現象に対して、中日両国の有名なポータルサイトのテンセントとexciteが日本の大震災事件の中の報道を比較して、ニューメディアが異なった表現から、更に両国のニューメディアと文化の違いを発見してみようと思う。

キーワード:ニューメディア 情報伝播 伝播効果 伝播価値 東日本大震災

摘要:在2011年3月的东日本大地震时的信息传播中,网络新媒体,尤其是博客,播客、微博客以及其他一些新媒体,利用自身的发布便利和发布时间上的优势以及海量的信息,在突发事件中发挥了巨大的作用,其被凸显出来的传播效应和价值是值得特别关注的,回顾和总结新媒体在这次赈灾事件中的传播价值,可以说:新媒体从报道技术和方法的优势、报道观念的转变到报道主体的选择等方面的表现,从传播力度到传播效应上都达到了新的高度。因此,本稿对于灾难性事件中新媒体传播所产生的文化现象,以中日两国知名门户网站腾讯(中)和excite(日)在东日本大地震事件中的报导进行对比,从新媒体表现的不同,进一步发现两国新媒体以及文化的差别。

关键词:新媒体  信息传播  传播效应  传播价值  东日本大地震

 

 

はじめに

2011年3月の東日本大震災で、その時の情報トランスターの中で、ネットのニューメディアは、特にBlogger、ポッドキャスティング、小さいBloggerおよびその他のいくつかのニューメディアは、自身の発表の便宜、時間上の優位と大量の情報を利用して、突発的事件の中で巨大な効果を発揮した。それが出てきた伝播の効果と価値は値打ちがある。ニューメディアの今度の被災者救済事件の中の伝播価値を振り返って、ニューメディアは報道技術と方法の優位、報道の観念転換、報道の主体選択、伝播の力度、伝播の効果などの方面で、新しい高度に達したと言える。

本稿は災害事件の中のニューメディアが発生する文化現象に対して、中日両国の有名なポータルサイトのテンセントとexciteが日本の大震災事件の中の報道を比較して、ニューメディアが異なった表現から、更に両国のニューメディアと文化の違いを発見してみようと思う。中国のテンセントと日本のexciteはニューメディアの一つで、代表的なウェブサイトである。この2つのポータルサイトは大量の使用者と関心者を持っている。3月11日の東日本大震災の後で、この2つのウェブサイトに対して40日観察した後で、本稿は両者のいくつかの異なりを得た。これらの異なりは情報トランスターの方法の相違だけでなく2つの民族が災難と災難の報道に持った態度も違ってくる。このような異なりは結局、文化の違いとイデオロギーの一致しない性によって影響されたからである。毎回の研究を通って、更に深い問題を掘り起こしていないが、同じくこのような違いを理論知識の高度に上がらない。しかし、この一か月間で中国と日本の災難の前の振る舞いから、私達は考え、改めて考えるべきである。ネット伝播は、時間に従い、その地位はますます重要になって、持続的にニューメディアの差異に関心を持ち、そしてより多くの異なりを発見する。これはネット伝播の発展を促進するのにもっと多くの提案を提供する。

 

1ニューメディア

1.災害報道

災害報道は広義上では、メディアが人間と社会に重大な災難を持ってくる事件に対しての報道だと言う。災害事件は普通、自然災難と社会災難と二種類に分けている。自然災難は自然界の阻めない力によって引き起こした災害と苦難を指して、例えば津波、台風、火山の爆発などである。社会災難は社会の人為的な原因によって招いた壊滅的な事件を指して、例えば飛行機事故、海難、戦争などである。

自然災難であっても、社会災難であっても、人々に恐慌と緊迫の情緒を持ってくる。社会の安定性に対してきわめて不利である。これらはすべて災害事件の予想しにくい突然発生性、強大な破壊性と深遠な危害性などの特徴ためである。自然災害に関わらず、社会災害に関わらず、それが社会や個人に大きな影響を及ぼすに違いない。米国の9.11事件からロンドンの地下鉄の爆発事件まで、インドネシアの津波から東日本の震災まで、全部各国のメディアの関心の焦点である。従って、災難が発生する時、本国のメディアの選んだ報道の策略がとりわけ重要なことだと言える。

1.2 ニューメディア

ニューメディアは新しい技術の体系の下で支えた出現したディアの形態で、例えば数字の雑誌、数字の新聞、数字テレビ、ネット、デスクトップのウィンドウズ、デジタル・テレビ、数字の映画、携帯電話のショート・メッセージ、移動メディアなどのようである。新聞雑誌、屋外、放送、テレビの四大伝統的なメディアと比べて、ニューメディアは「第5メディア」と称されている。

ニューメディアは大衆に個性化の内容を提供することができるメディアである。それは伝播者と受容者を対等に交流させ、同時に無数な交流者の間に相互に個性化の交流を行うことができる。

ここ2年来、科学技術の急激な発展に従って、ニューメディアはますます人々の関心を受け、人々の見解のホットな話題となった。ニューメディアの業界での繁栄も学界にその研究に対して更に強化させた。2005年、核心のジャーナリズムでは、この論題の文章に関して、数十編の数があった。これらの文章はそれぞれ異なる角度からニューメディアに対して分析を行った。

2 日本のニューメディアの下での災害報道の全方位の転換

2.1日本のニューメディアの下での災害報道

日本は世界で最も良い震災の早期警報システムを持っている。このネットワークは約1千の震災計からなって、全日本を覆って、震動波を気づいて分析して、そして震災計が強烈な震動を予測した時に警告することができる。横波の伝わるスピードは破壊的な縦波より速い。これは震災警報が恐らく地面の震動より先に到着することを意味する。これは人が援護を探すのに充分な時間を提供する。

「熟している地震の早期警報システムが民衆に直ちにテレビの上で関連の早期警報を見ることができる」、日本気象局で働いた従業員はこう言った。今度の強震が発生した後で、政府は放送、テレビと衛星のデータの伝送を通じて震災警報を送った。特殊な予報サービスを購読した人々はさらに携帯電話と電子メールを通って警報を受け取ることができる。東京で、テレビで正常に放送している番組内容はよく響く警報の音に断ち切られて、NHKの放送する早期震災警報に取って代わった。

数百万の日本人は金曜日の大震災が発生する前に約1分震災のニュースを知った。テレビ警報が現れた後の1分、第1回の強烈な震動が首都東京地区を揺り動かして、高層建築は揺れ始め、数百万人は室外へ逃げた。日本の国家テレビ局は2007年の末頃からこのシステムを運用して、そしてすでに似た17回の警告を出した。日本気象台の従業員の紹介によると、「日本は予告システムを全体の国まで覆わせることができる。地震後、NHKは24時間にかけて中断しないで震災の関連の内容を放送している。全部の地震の生放送の特殊な報道の中で、1つのスローガン式の言葉を耳にしていないで、被災地区のひどく痛ましいシーンに直面して、災害を受ける大衆は静かで、秩序がある情景が見られる。

2.2 日本ニューメディアの災害報道の特徴

今回の災難の前に、日本の多くのポータルサイトも最初の肝心な時間に直ちに震災に関する正確な情報を発表した。その情報の即時性、正確性は有効に災難の持ってきた恐慌を取り除いて、政府と民衆のためにもっと多くの時間を獲得させて、災難のもたらした危害を下げた。いろいろな報道の手段が統合し、報道の内容の多様化、筋道化、ツールの斬新化になった。

今回の震災報道の中で、商業のネットとメディアは長所を利用し、短所を克服し、伝統メディアの固有の報道優位を参考にし、各種の報道モデルを統合し、大量の情報の上で、情報の重要性によって、受け手の必要で適切な感銘を根拠にして、ネットメディア人の自分の理解と分析を手段にして、情報に対して分析と統合を行った。全方位で立体式で、震災災害救済の最新の情況を報道していた。

捜狐ネットを例として、捜狐の震災特別テーマのネットは大量の情報の基礎の上で情報に対して1歩進んで、整理と統合を行った。真実な災難のシーン、被災者の情況、突発的事件の発生原因を追跡して、社会の各方面の震災に対する反映、評価などの情報は特別テーマのウェブサイトによってが公表された。このような設置は、一方では震災災害救済の各種のニュースを全面的で段階性の構築で受け手の前に現れさせた。もう一方ではの大量の情報の前に受け手がどうしたらよいか分からない情況が現れることを免れることができる。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号