日语论文网 论文范文 日语论文范文:アニメについて中国と日本の態度の較べ

日语论文范文:アニメについて中国と日本の態度の較べ

アニメ・漫画の産業、「アイデア「を核心にするので、形式にアニメーション、漫画をすることを表現するにして、近代的な情報トランスターの技術の手段のアニメ・漫画の新しい品種などのアニメ・漫画の直接の製品の開発、生産、出版、放送、公演と販売に基づくこととアニメ・漫画の図書、新聞雑誌、映画、テレビ、音響映像製品、舞台劇を含んで、およびアニメ・漫画のイメージと関係がある服装、おもちゃ、コンピュータ(テレビ)ゲームのなど派生製品の生産と経営の産業。

現在、漫画産業を含める文化の産業の急速な成長のために奮起と感じている。中国の漫画産業の同業者は機会をしっかりつかむべきで、奮い立って向上しようと努力して、瞬時に変化する情報技術の時代の中で、我が国の漫画界の一面の新天地を創造する。

キーワード:アニメ 産業  現状 政策 人材

 

摘要

动漫产业,是指以「创意「为核心,以动画、漫画为表现形式,包含动漫图书、报刊、电影、电视、音像制品、舞台剧和基于现代信息传播技术手段的动漫新品种等动漫直接产品的开发、生产、出版、播出、演出和销售,以及与动漫形象有关的服装、玩具、电子游戏等衍生产品的生产和经营的产业。

当前,全球都在为包括卡通业在内的文化产业的高速增长而感到振奋。中国卡通业的同行应当抓住机遇,奋发进取,在瞬息万变的信息技术时代里,创造出我国卡通业的一片新天地。我们深信,这次卡通产业论坛的研究成果必将对实现这一目标起到卓有成效的推动作用。

 

关键词动漫 产业 现状 政策 人才

 

    

 

  

始めに……………………………………………………………………4

第一章 日中アニメの現状………………………………………………4

 

第一節 中国アニメの市場調査…………………………………………………5

第二節 中国における日本のアニメ……………………………………………6

第三節 中国アニメ製品の市場調査……………………………………………………6

 

第二章 アニメの魅力…………………………………………………………7

 

第一節 日本にはアニメの人気あるの原因………………………………………7

第二節 中国における日本アニメ人気があるの原因を分析……………………8

第三節 日本アニメの優秀な特色を分析…………………………………………9

 

第三章  中国アニメの進路…………………………………………………11

 

第一節 国外の発展の経験を参考にする。………………………………………12

第三節 努力して産業化の発展の道を歩きる。…………………………………13

 

第四章 中国アニメに対する提案………………………………………14

 

第一節 人材を発見して育成する……………………………………………14

第二節 海賊版の活動を取り締しまる…………………………………………14

第三節 外国の漫画の読み物に対する輸入制限をゆるめる……………………15

 

終り…………………………………………………………………16

参考資料………………………………………………………………17

謝辞………………………………………………………………………………………18

 

 

 

 

中日アニメ産業の比較

始めに

中国のアニメ・漫画の産業のここ数年来の発展はみんなは誰の目にも明白で、各大都市について代わる代わる出陣して応接にいとまがないアニメ・漫画展、みんなもきっと私と同じに密接な感銘を持っていることを信じる。盛んな場面、手厚い利潤は各主催者側に先の者に続いて次々と突き進むように駆り立てて、アニメ・漫画のまあまあな会社とすべてアニメ・漫画展をしたいである。今年アニメ・漫画展の数量は中国の歴史の記録を作る。これは十分に私達に中国のアニメ・漫画の産業の春がすでに来ると思わせている。専門家の見積もりによると、中国のアニメ・漫画の市場の規模は現在200億ぐらいべきであって、もし発展は良好ならば、1000億に達することができる。誰もすべてこれが1つの潜在力の巨大な市場だと思って、1つの蓄積量のきわめて豊かにする資源の宝庫である。

第一章   日中アニメの現状

 

第一 中国アニメの市場調査

国内に13億人口があって、中に少なくとも5億がアニメ・漫画の市場の消費者なことがあって、市場の空間は1,000億の元/年である。現在国内の2000軒の省市テレビ局があって、その中のアニメーション学科のチャンネルが4つある、少年のチャンネルが25ある、少年の欄が289ある、アニメーションの欄の200個、年需要は26万分まで達して、国の生産高は2万分だけある。児童の録音と録画の図書の市場の空間は100億元/年なのとなると、児童の服装の900億元/年、おもちゃの200億元/年、文房具の600億元/年、児童の食品の350億元/年。

2006年末期限を切って、全国のアニメ・漫画の企業は5473軒に達して、447校の大学はアニメーション学科を設立して、在校生の46.6万人。しかし現在国内のアニメ・漫画の情況はオリジナルな不足で、題材は単一で、ブランドの意識は悪いである。中国のアニメ・漫画の低年齢化の成り行きは明らかで、競争力に不足する。専門の人材に不足して、強大な団がなくて、形のできない規模の優位。しかもあまりにも政府の支持と助けに依存して、自身の「人工の血「の機能に不足する。

国内のアニメ・漫画の業界は多くの問題が存在するが、しかし国内のアニメ・漫画産業の将来はとても明るいである。国内のアニメ・漫画の産業は政府の大きな力が推進するもとに急激な発展を得て、そして相応に登場された政策に助けて、現在全国の建てているアニメ・漫画の基地はすでに20余りあって、プラットフォームを放送して絶えず大きくして、国産のアニメ・漫画の発展のためにもっと大きい発展の空間を提供した。

2006年4月、国務院弁公庁は財政部などの部門『中国のアニメ・漫画の産業の発展の若干の意見を推進するに関して』を発表して、中国のアニメ・漫画の産業の発展を推進する一連の政策と措施を出した。たくさんの企業はそのために発展戦略と計画を調整して、一応まねの痕跡を抜け出して、民族を持って風格と時代特徴の新しい漫画の定期刊行物、図書と漫画家が急速に成長して、『漫画の世界』、『あふれて浸す友達』などの雑誌は多くの読者の歓迎を受けて、漫画版『水滸伝』と『西遊記』は続々と国外の出版で、いくつかの新しくて年を取った漫画の作品は国外に行って市場を勝ち取る。アニメ・漫画の教育と人材育成、アニメ・漫画の産業の基地が建設して、アニメ・漫画の国際交流などはすべて順調に進んでいる。しかし、中国のアニメ・漫画の産業の発展と人民群衆の増大する絶えず文化の要求と発展する絶えず市場ニーズの差別がとても大きい、オリジナルな能力、人材、技術、投資、知的所有権の保護、管理体制などの方面で、まだ現れていないでまったく様子が変わる。5~10年で世界のアニメ・漫画の大国と強国の行列の目標に登るのは依然として責任は重大で道は遠いである。

アニメ・漫画の製品の自身は巨大な市場の空間があって、アニメ・漫画の製品の派生製品の市場の空間はもっと大きいである。中国は現在の毎年児童の食品の毎年の売上高は人民元の350億元ぐらいで、おもちゃの毎年の売上高は人民元の200億元ぐらいで、児童の服装の毎年の売上高は900億元以上に達して、児童の音響映像製品と各類の児童の出版物の毎年の売上高は人民元の100億元に達する……ある程度、これらの業界の今後のは発展して販売してすべてアニメ・漫画のこの新興産業の先導作用に頼って、だから類推して、中国のアニメ・漫画の産業は持って千億元の生産額の巨大な発展の空間を超える。

 

第二 中国における日本のアニメ

中国における日本のアニメの現状は厳しい。輸入アニメは子ども番組の総放映時間の25%を超過してはならず、輸入アニメの放映数量(タイトル)は、アニメ放映総数の40%を超過してはならないという状況である。この割り当てのパーセンテージの中でアメリカのアニメとシェアしなければならない上に、ゴールデンタイムでの放映は禁止されている。そんな現状は日本のアニメの流通は相変わらず海賊版頼みである。

中国における日本のアニメの将来はどうなるのか。果たして未来はあるのか。

私が思うにその答えは中国製アニメの発展と共にある。意外に思うかも知れないが、中国のアニメの発展にこそ日本のアニメの未来があると考える。

それはどういうことか。

中国の市場に対して中国の製作者も日本の製作者も同じ立場にある。要するに収益を得られないのだ。こんな状況が何時まで続くのかわからないが、中国のシステムを考えれば、とにもかくにも中国のアニメ製作者が市場から正当な収益を得られるようにならなければ道が開けないであろう。まず中国の市場が正常に機能するようにならなければ何事もはじまらないのである。

もちろん、そうなった場合でも一層の規制や更なるハンディキャップ(関税強化などの)の道も考えられるが、それも『普通の市場』になった上での話である。その意味で、時間はかかるであろうが日本のアニメの将来のためには中国アニメの発展は欠かせないであろうし、それに関して日本のアニメ産業としても協力できるところは協力すべきであると考える。

 

第三 中国アニメ品の市場調査

中国政府は『音像』製品に対する奨励・優遇政策を打ち出す一方、密輸・海賊版等違法経営活動を取り締まるため、違法経営活動をした会社に対する罰則を強化することにした。2002年には『音像市場への規定期限以内の従事禁止制度の実施に関する通知』を公布し、違法経営で許可証を取消された会社や個人は、10年間音像製品の事業に従事してはならないとした。また、『中国音像映画ネット』で『全国音像市場従事禁止会社及び個人のデータベース』を掲示し、地方の文化局が『音像』製品の事業者を認可する際にこのデータベースの情報を参考とするように定めている[1]

このような流れの中、特にアニメ分野においては、広電総局が2004年に『アニメ映画産業の発展に関する若干の意見』を公布し、アニメ産業を発展させるため、国産アニメを積極的に放映する体制を構築し、省レベルのテレビ局によるアニメチャンネルの開設、中央テレビの少年チャンネルにおける国産アニメ放映量の増加などの推進策と規制を定めた。

また、アニメの市場取引を積極的に育成し、中国のアニメ製作者がアニメ生産における主要な役割を果たせるようにするために、民営会社など国営以外の経済組織が開発や経営に参加することを奨励している。さらに、外国アニメ産業との合作も強化し、中国の特色を体現した合作アニメに関しては国産アニメと同様な待遇を与えることも定めている。

第二章 アニメの魅力

 

第一 日本にはアニメの人あるの原因

漫画の本がどうして日本にになるのが大いに人気があるか?

漫画のストーリ『天才が小さく手を釣り』の作者の矢口の高雄先生はかつて回答をした。

矢口の高雄先生は思っている:辞書の上で漫画を素朴で、軽やかな手法の描写する簡単に滑稽な図画に釈明してになる。1種の遠慮しない言い方を交換して、漫画は簡単な筆触を運用するので、日常生活の中で言う価値がなくてまたこらえきれずに笑わせられることを描写するの物事の図画。漫画の内容は滑稽である、ユーモアと風刺を主として、そこで面白くておかしい効果を生むことができる。しかし漫画は結局1種の文化のタイプである。文化は時代の発展につれて変化が発生する。異なった時代の価値指向と社会が必要とする変化によって、いくつかが特定の時期、漫画の定義あるいは概念さえどうしてもうわべだけを変えなければならなくて、再び調整して、このような情況はいつも発生する。漫画の文化の日本での発展の過程1つのきわめて良い証明。過去、日本の漫画の作品はずっと面白くておかしい原則を遂行して、しかしある時期から、人々は伝統の漫画の定義と概念を捨てて、日本の漫画の文化の新しい1章を開きました。日本のアニメーションは普及を得ることができて、とても大きい程度の上で日本の深い漫画の文化の土壌によるべきである。日本は漫画の新しい表現方式を探すため、最後にアニメーションのこのような娯楽の形式を開発する。漫画の本は人々の読む印刷物を供えるので、同時にアニメーションの登場する人物の如実な商品、娯楽のおもちゃなどのいろいろな商品が派生することができるおよび。最近、連続ドラマ、甚だしきに至っては映画、芝居の一部のせりふも漫画の本の表現方式をまねることを始める。豊富な漫画の文化があるため、やっと誰でも人々に歓迎されるアニメーションを生む。

 

第二 中国における日本アニメ人の原因

日本のアニメ・漫画はその流行った原因の上で3種類に分けることができる。

第1種類、主にアニメ・漫画の造型の華麗なよく変わることため。その中の真っ先に行ったのはCLAMP(『悪魔が少女の桜を押さえる』、『聖人が伝わる』、『X戦記』、『翼』、『東京バビロン』など)の類の少女の漫画で、ある『彩雲の国の物語』、待ちる。CLAMPを例にして、CLAMPの造型は華麗に有名であるで、その人物のそれぞれの部分、髪の毛から服と装飾具まで(へ)、線は全部入り組んで複雑で、入念に人の眼球を吸い込んで、更に兼ねてその背景はそのストーリの筋の発展に従ってちょうどよい時期に変化して、全体の画面は思って華美である極致に着いて、人に最高のものを見たと感嘆させる。第1印象はいかなる時皆かなり重要な作用を果たすことができることができて、人々が画面の要求について得て極度に満たした後に、筋の要求についても次に2位退いていて、更には1部の漫画の中の人物はもとはもめごともなく仲良く暮らして意外にも一晩の間に余すところいくばくもないことが死んで、このように極端に異なった意見を表明し、新しいものを創造して現実的ではない筋その結果完全に同じくそのけちのつけようがない画面の美感に覆い隠して、筋はこの時にも取るに足りないだった。

第2種類、主にストーリの筋の極めて感動するため。その中に『果物のかご』、宮崎の高くて険しいアニメーションがあると。像『果物のかご』、人物の造型もとても良いが、しかし筋はその中で決定的な要素が起きて、似ているのが小さくはっきりしているようにしましょう、こんなに善良でまた人の心がよく分かる女の子、登場人物の物が好きだと言わないでください、観衆達もとても好きで、その中の清らかな愛情、無私な親心、傷がない友情、全部極めて感動する。またたとえば宮崎の高くて険しいアニメーションは通常筋で勝ちを制して、彼のアニメーションを見て、暖かい対話、善意の目つき、人の1種の普通でなくてあたたかい感じことができ(ありえ)るに。彼は人と動物を強調して、自然と調和がとれ共存して、例えば『猫の国家』、『となりのトトロ』など、更に強調したのは人と人の間のむつまじさが共存するので、戦争が平和にあこがれることに反対して、例えば『ホタルにもう一度会う』、『千と千尋の神隠し』など。

第3種類、最も普遍的で、主に趣味の作用のためである。例えば『火影の忍者』、『聖闘士星矢』のファン、大部分は暴力を振るう種類のアニメ・漫画に対して比較的に興味を持ちる『反逆のルルーシュ』の大部分が好きなのはすべて反抗の情緒の青少年がいるのである:『名探偵のコナン』の大部分が比較的                                                 に推理の事件の捜査が好きなことが好きである。あるとても大学1年の部分の人のある1部のアニメ・漫画に対する趣味はある1つの人物に対する好感から源を発するので、たとえば『犬の夜叉』の中の殺生丸、キキョウなど、実はこの漫画の筋が本当に繰り返すのが多すぎて、それがなぜの大学1年の部分の原因がこのように流行するのかがとても人々がその中の人物のが熱狂的にを好むことに対してストーリの空洞を軽視したのが味気ないである。ある人はある1人の漫画家に対して比較的に崇拝するのもで、そこで彼の作品に対して比較的に好きで、例えば『幽遊白書』が好きな人は通常『ハンター』などの富んでいるずるさの大著がも好きである。


[1] 《电视研究关于当前国产动画业发展现状的思考》p268

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.riyulunwen.com/fanwen/557.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

收缩