日语论文网 论文范文 日语论文范文:トヨタ生産管理方式についての研究

日语论文范文:トヨタ生産管理方式についての研究

トヨタ生産方式についての研究

 

要 旨:豊田自動車株式会社は世界一流の自動車生産会社であり、自分の特徴管理方式がある。トヨタ生産管理方式の目的はできる限りにムダを避け、顧客の要求に応えて高品質な製品を目指すと言うことである。目標を追うためにJITと自動化を応用している。これは時代に合い、柔軟さを富む先進方式である。豊田の引続きの進化にシステム考え方と人才を培う方法と長い目方が大役を尽くした。さて、中国の自動車産業はいま力が弱いから、トヨタ株式会社から色々な管理経験を中国自動車会社自身の特徴と結合して、利用すべきだと思う。

 

キーワード:豊田自動車、生産管理、顧客、品質、進化

 

 

 

  要:丰田汽车公司是世界一流的汽车生产企业,有自己的独特管理方式。丰田公司的目标是尽量减少浪费生产顾客满意地高质量产品。为实现目标丰田采用了及时生产和自动化生产。这是更富于时代性和灵活性的先进生产方式。在丰田的持续发展中,他们的系统思考方法,人才培养和战略眼光发挥了重要作用。如今,中国的汽车产业还非常的薄弱,应该结合自身的特点充分借鉴丰田汽车公司的一些管理经验。

 

关键词:丰田汽车;生产管理;顾客;质量;发展

 

目次

 

はじめに    ………………………………………………………………………1

1.0トヨタ生産方式が生まれたの背景………………………………………2

1.1トヨタ生産方式に大切な人々………………………………………………2

1.2 時代の特徴…………………………………………………………………2

1.3トヨタ生産方式と大量生産方式の比較……………………………………..2

2.0トヨタ生産方式の全体像…………………………………………………4

2.1在庫管理……………………………………………………………………4

 

2.1.1注文生産……………………………………………………………….4

2.1.2原価削減……………………………………………………………….4

2.1.3ジャストインタイム……………………………………………………5

2.1.4にんべんのいた自動化………………………………………….………6

2.2平準化……………………………………………………………….…….6

2.3カンバン方式………………………………………………………………6

2.3.1カンバンの種類…………………………………………………………7

2.3.2カンバンの使用…………………………………………………………7

2.3.3カンバン方式に現れるの思想…………………………………………..7

2.41個流し生産……………………………………………………………….8

3.0持続的な改善………………………………………………………………9

3.1 人材の育成…………………………………………………………………9

3.2協力企業に友達と対する……………………………………………………9

3.3作業の改善で応用する方法………………………………………………….9

4.0 危機の管理……………………………………………………………….11

4.1 トヨタに面する危機……………………………………………………….11

4.2危機の原因…………………………………………………………………11

4.2.1質量の問題…………………………………………………………….11

4.2.2人材不足………………………………………………………………….………11

4.2.3体制の欠点……………………………………………………………………………..12

4.3 危機に対応するの策……………………………………………………….12

終わりに……………………………………………………………………….13

参考文献………………………………………………………………………………………14

 

 

はじめに

トヨタ生産管理方式は効率的な管理方式として世界で知られた。トヨタ自動車会社の歴史は短くし、当時の日本は困難がいっぱいあるのにどうしてこんな成績を取ったのか、多くの研究者がこの興味を持って研究し続ける。企業が生きてゆくために、競争力がなければならない。その競争力が人材、文化、市場、管理方式とリーダの腕と思う。私はこのような観点を持って、トヨタ生産管理方式を研究するつもりである。

 本文は在庫管理と看板方式を中心にして、いろいろな管理手段を探すとしよう。トヨタ生産方式の主な特徴がジャストインタイム生産と思われる。これについて詳しく説明する。トヨタ会社は原価抑制と市場を重視することなど不可欠だと思う。でも、トヨタ生産管理方式は完璧な生産方式と言わないと思う。近頃、トヨタ経営のときに多くの問題が暴れた、このような問題をもっと深く研究したいと思う。

 

1.0トヨタ生産方式が生まれたの背景

トヨタ生産方式は企業のコストを控えるの有効な生産方式と認められた。みんな存じのとおり、この方式が一二日に達成することではない、長年の引き続き努力と模索の後で、初めて形成する生産方式と分かった。

1.1 トヨタ生産方式に大切な人々

1973年、トヨタ自動織機内に自動車部が設置された後、百年に満たないの2003年の頃、トヨタ自動車の総売上はフォードに超えて世界の第二番目の自動車製造企業になった。この間、豊田喜一郎、豊田英二と大野耐一など色々な人々の動きが大役に立った。良好な教育を受ける豊田喜一郎は欧米の社会像と工業状態を深く考察した後、自動車が人類の将来の生活の中で欠けないの部分と思った。そして、間もなく自動車事業を勧め始めた。20世紀50代頃、豊田英二と大野耐一はフォード自動車企業に訪ねた時、トヨタ自動車年生産量はフォードの一日での数に達しない。でも、彼ら二人はフォード生産方式そのままトヨタに応用することはない、フォード生産方式の中に改善すべきのところがあると思った。この時こそ、トヨタ生産方式の現実化に重要な大野耐一氏は豊田喜一郎の志を貫いて、日本社会、文化、人間関係など独特な国情のもとで全新な生産方式を育てった。分かり易いように、事業を創立するために冷静そして理性な風格、学ぶの態度、長目の計画と引き続きの努力が企業指導者にとって欠けないの能力である。そして、我々トヨタ生産方式を学ぶ初心者にっとて、このような精神を知るべきだと思う。

1.2 時代の特徴

1973年、世界的にオイルショックに影響されて、工業製品の需要が大幅に減らす一方になった。オイルを燃やす自動車という贅沢な工業品をはじめ、打撃を逃げないのことは分かりにくいではない。特に、大量の在庫を持ち自動車企業は破産の危険に直面した。20世紀80年代後、世界化と科学技術進歩の環境のもとで、人々の需要が多様化と個性化になった。それに、納期も短く、品質も高く、価格も低いな製品を求めていく。一方、企業間に競うが激しくなった。欧米大量生産方式を実施する自動車企業の大部分が致命な損失に遭遇した。それに対し、柔軟性を富む、コストを最小に削減できるトヨタ生産方式はトヨタ自動車企業の隆盛を捧げてきた。多くのトヨタ生産方式研究者はトヨタ生産方式は時代の特徴に合う生産だと思われる。

1.3 トヨタ生産方式と大量生産方式の比較

フォード式を代表する大規模生産方式は1913年頃に形成した生産方式である。この方式は市場を独占するときに、分業の細分化を通して最大な利益を得た。しかし、20世紀70年代後、市場が不安定になるとともに、その欠点がどんどんに暴いた。以下、大量生産方式とトヨタ生産方式の特徴について説明する。

(1). 大量生産方式について

1. 管理職人の指示に沿って生産する。そして、製品を市場に押し込む。

2. 細分化によって、非熟練労働力を簡単に管理する。

3. 大量な在庫品を逃げない。

4. 部門間の調和性が低い。

5. 創新と生産が分離する。

以上から見ると、大量生産方式は大型設備に頼って、継続的に生産して、生産設備の切り替え中の段取時間などの各種損失を減らして生産効率を高めるためだそうだ。そして、作業の細分化による各工程の単純化、簡素化により、安い賃金の労働力を活用できるようにして、作業者の技術に依存した部分を減らし、均一な品質の製品を大量に作るつもりだ。これにより、ひとりあたり商品のコストが下げるけれど、設備の投資が高くなる。それに、設備の稼働率が確保できなければ、製品の単価が登る。生産過ぎると、在庫が生する。一方、技術、市場を独占しないと大量な単一性の商品が売らないに決まっている。

(2).トヨタ生産方式について

1.生産指示は後工程取引による。

2.多能工化と現場でグループ管理。

3.多品種少量化の生産。

4.現場労働者に改善と創新の権利を与える。

5.生産の平準化と同時化。

トヨタ自動車企業は以上の方法によって、無駄な生産を逃げながら総売上額も昇る。それに、高品質な製品を確保し、労働者の創造な熱情を激発する。

大量生産方式は以来から夢中に商品の単価を下げるのが批判するものではないが、顧客の需要を無視し、大量な浪費を見落とし、生産の柔軟性も欠けて、新世紀の中にトヨタ生産方式に負けるのは決まっている。

 

2.0トヨタ生産方式の全体像

トヨタ生産方式は工場現場において、ムダを根本に排除することによって、生産効率の向上を追い求め、また原価低減を図るために作り方の合理性を追求して生まれた生産方式である。本章は在庫管理と看板管理を主に研究する。在庫管理の意義や実現の道を考えたいとつもりだ。看板管理も在庫管理の現場抑制の工具に過ぎない。でも、看板管理は情報伝達の重要手段として在庫管理の範囲を超える部分がある。それに加え、現在、看板方式の情報化改造の必要がある。

2.1在庫管理

 在庫管理は製造業あるいはサービス生産業の運営全体に対して、すべての資源を調達することで合理な在庫を維持することである。トヨタの観点から見れば、在庫を零に迫ることが第一の任務である。もし、在庫が多く過ぎると倉庫の面積を占めるし、在庫を維持する費用も上げて製品の原価が昇られるに決まっている。その以外、大量な在庫によって流れ資金の稼働率も低くなられることである。結果、ムダを生じてチャンスを逃げるということである。

 その問題に対して、在庫管理を念に置かなければならないと思う。トヨタ会社は在庫を零に迫るために注文に対するの生産や生産原価を削減すること、ジャストインタイム方式を採用すること、製品の質を確保することなどをいろいろな努力が付い込んでいる。

2.1.1注文生産

在庫はどれぐらいいいのか、生産工程の水準によって、生産計画はどのように立てるのか、生産された製品が売れるのかなどような疑問を解決するために確定な製品の量を認めなければならない。注文生産はそのような生産方式である。トヨタの中で後工程引き取り方式と言われる。後工程引き取り方式は前工程から生産した部品を後工程に押し込むのことではなく、部品が後工程から前工程に引き取りに行くということである。その方式によって余分な部品を生産しないのでムダな在庫も存在しないと思う。倉庫もただ流れ場所として存在すると思う。後工程引き取り生産と言えば、第一に置く工程は売り場点ということである。売り場点の後は運送と工場生産である。この部分は看板を使てジャストインタイム生産方式を採用する。

 トヨタ会社は売り場点が集まるところで情報グループを設置することがある。そのグループの責任は地域の交通状態、人口数量と結構、収入の水準と競争相手の状況などの情報を集める。一方、売り場点の社員も注文の内容をトヨタ会社に時間通りに送る。これらの情報に基づき、トヨタ工場が迅速的に車を生産する。顧客の要求に合うので、生産した車はすべて売れる。

2.1.2原価削減

製品の価格は原価費用と市場状態から決まれると言う。市場の中で多くの企業が同じ或いは近い機能がある製品を生産することができると思う。それらの製品の競争核心が価格と多くの会社に認まれる。トヨタ会社もそう思う。企業は生きて行くために製品の原価を削減しなければならない。原価は人事労働費、エネルギーかかる費と材料費から構成すると思う。それすべて、ムダをしないで効率的に使われば、原価を削減することができるとトヨタ会社にそう考える。具体的に、七つのムダとトヨタに総括された。作りすぎのムダ、動作のムダ、不良を作るのムダ、加工のムダ、手持ちのムダ、運搬のムダと在庫のムダを構成される。すべてのムダは原価に影響する。トヨタ会社は工程の中でムダを削減する。ジャストインタイムはムダを削減するの主な方式としてトヨタに取られる。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.riyulunwen.com/fanwen/546.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

收缩