收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

日语的敬语和人际关系

 

中文摘要

敬语是日语的独特现象,是日语区别于世界其他语言的显著特征。因此,日本人在他们的言语生活中经常使用敬语、敬语表达。本论文把现代日语的敬语表达作为研究对象,对日语的敬语表达、日本人的敬语意识进行了初步的探索与研究,从而揭示日本人产生敬语意识的社会、文化及心理的根源。

本论文的结构如下:

首先,论文的第一部分提出了本文研究的课题。其次,在第二部分,介绍了中日两国关于日语敬语、敬语表达的相关研究,阐述了本文的研究立场。第三部分叙述了本文的研究方法,明确了本文的研究目的及意义。本文首先简单地介绍了敬语表达的基本构成要素。分析日本人使用敬语表达时,要表达的敬语意识。该部分主要是从“说话人的心情”、“人际关系的顾虑”、“场面及话题的顾虑”、“礼貌原则”四方面进行分析。

本论文把说话人对“人际关系的顾虑”、“场面及话题的顾虑”、“对听者及话题人的敬意”等,在敬语表现的行为表现上总称为“礼貌”。即用“礼貌”一词概括了说话人对听者的尊敬、尊重、郑重等。并在行动的展开方面,从“行动”、“决定权”、“利益”三方面阐述了“礼貌”原则。

 

关键词

 

敬语表达 敬语意识 人际关系

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

論文のタイトル

日本語の敬語と人間関係

主旨

敬語は日本語の独特のものであり、日本語は世界の他の言語から区別する著しい特徴だと言われる。それで、日本人の言語生活においては、敬語、敬語表現がよく用いられる。本稿は、現代日本語における敬語表現を研究対象として、敬語意識はどういう社会的、文化的、心理的などの条件に、どのように支配されているものかを探究しようとしている。すなわち、日本人が敬語表現をしようとする敬語意識を探究したいと思う。さらに、その敬語意識を形成した社会的、文化的、心理的な要因を掲示してみる。

本稿の構成は次の通りである。

まず、本稿の第一部分においては、問題の提起を書いた。つづいて第二部分では、中日両国における日本語の敬語、敬語表現に関する先行研究と立場を紹介した。次の第三部分では、研究方法、目的及び意義を述べていた。

まずは、敬語表現というものを明らかにするために、敬語表現の基本的な枠組みについて簡単に紹介する。そして、表現主体が敬語表現をしたときの意識を探求する。この部分では、主に表現主体が敬語表現をしようとする気持ち、人間関係への配慮、表現の場や話題への配慮などについて分析する。日本人がこの敬語表現を行う原則はなんだか、ということを述べる。表現主体は、人間関係に対する配慮、場及び話題に対する顧慮、あるいは相手及び話題の人物に対する敬意といったものを、敬語表現の表現行為において、「丁寧さ」という用語で括るようになる。つまり、相手を尊重すること、相手に対して丁寧であること、また丁重であることをまとめて「丁寧さ」と呼ぶことにする。そして、行動展開表現における「丁寧さ」の原則は、行動、決定権、利益三つの点について考察する。

 

キーワード

 

敬語表現 敬語意識 人間関係

 

 

 

 

 

 

日文目录

1,はじめに…………………………………………………………………………1

2,先行研究について………………………………………………………………1

3, 敬語表現の構成…………………………………………………………………2

3.1研究方法と研究範囲………………………………………………………2

3.2素材敬語……………………………………………………………………3

3.3対者敬語……………………………………………………………………4   4, 敬語使用の意識…………………………………………………………………4

4.1表現主体の気持ち…………………………………………………………5

4.2人間関係への配慮…………………………………………………………6

4.2.1上下関係………………………………………………………………6

4.2.2親疎関係………………………………………………………………7

4.2.3恩恵関係………………………………………………………………8

5,終わりに…………………………………………………………………………8

6,参考文献…………………………………………………………………………9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.はじめに

敬語というのは、「話し手、聞き手、第三者の間の関係(社会的地位、年齢その他の上下関係や、身うちかそうでないかといった親疎関係など)や、話題の性質、あるいはその場の状況などについての話し手の配慮に基づいてさまざまな言い方を使い分けること」ということである。敬語というと、日本語の独特のものも、日本人の謙譲の美徳を表わす美しい表現などと言われることがあるが、待遇的な配慮や人を敬う気持ちはどの言語にも存在するものだと思われる。

敬語は大きく二つに分ければ、表現の素材(人物、事物、事柄)に関する敬語、つまり素材敬語と、対者(聞き手)への直接的な敬意を表す敬語、つまり対者敬語となる。

 

2.先行研究について

  日本語の敬語が長い歴史をもっている。その敬語についての研究が昔から今日にいたるまでいろいろある。まず、敬語の歴史については、さまざまな研究があるが、金田一京助が唱えた敬語発達の段階説が絶対敬語から相対敬語へという大筋がみな認められている。第一期タブーの時代、第二期絶対敬語の時代、第三期相対敬語の時代と称した。

現代においては、敬語の研究がさまざまな様子を呈している。国立国語研究は、地域社会における敬語の実態調査として、昭和 27、28 年の二年度にわたって三重県上野市愛知県岡崎市で、考えるいろいろな包括的な調査をした。敬語行動、敬語意識の実態についての社会的調査を中心に、全国各地で行った調査を加えて、この調査についての調査の報告書としては、『敬語と敬語意識』が出ている。昭和 38年度に、国立国語研究は島根県松江市で「国民各層の言語生活の実態調査」を実施した。『待遇表現の実態』を発表した。

その後、敬語を敬語表現の中に位置付けて、言語表現以外のものも含めて、いわば敬語行動全体の中で敬語を把握することもある。例えば、『日本語4敬語』(1977 年)、『敬語表現』(1998 年)、『朝倉日本語講座8敬語』(2003 年)などの本でそれを触れている。

 

3.敬語表現の構成

3.1.研究方法と研究範囲

以前は敬語分類にだけ集中し、単なる敬語の語彙についての研究から文法的体系の構築への研究が多い。本稿は従来の敬語に関する研究とはやや異なった観点から論じたいと思う。本稿では、現在の共通日本語の敬語表現を考えていくことを目標として、先学の研究に導かれつつ、敬語表現に関する体系的な知識を整理しておくとともに、表現主体が人間関係や場の状況や話題などに対する配慮に基づく表現として、その表現しようとする敬語意識を探究しようとする。

 

3.2.素材敬語

素材敬語については通説を参照して下の三つに分ける。

⑴尊敬語――表現主体が上位者として遇する人物の事物 動作 状態などについて言う敬語。そこで話題になる人物そのもの、またはその人物に属する物事、あるいはその人物の動作 状態 性質などを高めて表現するものである。

⑵謙譲語――表現主体が上位者として遇する人物に対する者(表現主体自身をも含む)の事物 動作 状態などについて言う敬語。一般的に言うと、そこで話題になる人物そのもの、

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved.
  • 备案号:沪ICP备13024141号