收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

日本語教育における文化教育

要旨

 

中国人と日本人が「同文同種(同じ祖先あり、同様な文字を使っている)と考える人が多い。それは、中日両国の文化母体国と文化接受国という関係をもとにして下ろした結論である。確かに、日本は中国から大量の文化栄養を吸い取り、中国と似ている文化が現れている。しかし、日本文化は日本人が長い間に、中国の文化のみならず、朝鮮等の外来文化を吸収し、巧みに自国に移して植えてきたものである。また、中国と日本の自然環境や人文環境が異なることで、言語表現といっても、行為様式といっても、それぞれの特性がある。だから、言語だけで言語自身を研究することは不十分であり、日本の特定の文化背景を結んで言語を考察することこそ、日本語の本質と規律を把握する道である。即ち、言語は文化のキャリヤーとして文化の内包を表しているとともに、文化に影響されている。

いままで、中国における日本語教育は、日本語の運用能力を身につけるためにはその基礎となる知識能力を形成することが大切だとされる。文化教学が行われているが、文学、歴史、地理等が文化教学の内容とされて日本の知識文化の教授にとどまり、言語に大きな影響を与える交際文化の導入が軽視されている。そのため、学生が日本語でコミュニケーションする時、いつも中国の文化標準で日本文化を取り扱い、中国人の価値観と考え方によって日本語を話すようになる。

実を言うと、日本語教育の目的は学生の異文化間能力の養成である。だから、聞く 話す 読む 書くという四つのスキルを学習者に身につけさせるにどどまらず、もっと重要なのは社会文化能力の養成である。

本稿は日本語教育における文化導入を考察し、個人的な観点を提出しようと思う。第一章は先行研究。第二章では、各国の日本語教育現状を紹介した。第三章では日本語教育における文化導入の必要性について検討する。第四章では日本語教育における文化導入の方法と原則について、検討してみた。

キーワード:日本語;日本語教育;文化教育

目   次

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

 

第1章 先行研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2

1.1 研究背景

 

1.2  研究の内容と方法

 

第2章 海外の日本語教育・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.1アメリカの日本語教育

 

2.2韓国の言語政策

 

2.3  中国の日本語教育

 

第3章 日本語教育における文化導入の必要性・・・・・・・・・・・・

 

3.1 文化と言語の関係

 

3.2日本文化と日本語

 

3.2.1日本文化と固有語

 

3.2.2日本文化と表現

 

3.3日本語学習における「文化干渉」と「文化ミス」

 

3.3.1 文化干渉

 

3.3.2文化ミス

 

第4章 日本語教育における文化導入

 

4.1 日本語教育における文化導入の方法

 

4.1.1比較法

 

4.1.2 解説法

 

4.1.3 展示実演法

 

4.2 日本語教育における文化導入の原則参考文献

はじめに

 

どんな社会集団でも自分の文化背景を持ち、その文化背景は社会集団のメンバーに作り出され、承認されたものである。言語は文化のキャリヤーとして文化の内包を表しているとともに、文化に影響されている。

中国における日本語教育は、日本語を外国語としての、あるいは第二言語としての日本語の運用能力を養成する教育という役割が強調されてきた。即ち、日本語の運用能力を身につけるためにはその基礎となる知識と能力を形成することが大切であると考え、その基礎的な知識 能力の中心は、日本語の文を形成する要素となる文型と文法事項というものであると考えた。

しかし、日本語教育の目的は学生の異文化間能力の養成である。その有効的な手段は日本語を教授する時に日本文化を導入するものである。それは、言語(語彙意味や文法構造)を教える時、言語の仕組み、意味の分析を通して、中に隠している文化内容を見つけ、文化背景と文化規約を学習者に了解させ、習得させることによって、その知識をある程度でコミュニケーション能力に転化させることである。その目的は、文化雰囲気を作って、日本文化と親しくさせることによって、積極的で自発的に目的語を学習させて、コミュニケーション能力を高めることである。

本稿は日本語教育における文化導入を考察し、個人的な観点を提出しようと思う。第一章は先行研究。第二章では、各国の日本語教育現状を紹介した。第三章では日本語教育における文化導入の必要性について検討する。第四章では日本語教育における文化導入の方法と原則について、検討してみた。

 

 

 

 

 

 

第1章 先行研究

1.1 研究背景

 

文化庁文化部国語課編(1994)『異文化理解のための日本語教育Q&A』の中に、日本語を適切に理解し使用するうえで、不可欠な文化的側面を考慮し、異文化適応の考え方、コミュニケーションのギャップなど外国人の立場から考えられる意見をQ&A方式でまとめた。日本語を学ぶこと、教えることは、異文化を理解することであるという、日本語教育に関わるものにとって欠けることのできない視点を示す

中国の日本語教育はほとんど①、②、③の教授法をを採用している。

①トランスレーション メソッド(Translation Method)は母語で外国語を教授する方法で、単語 センテンスを翻訳してテキストを説明する教授法である。

②直接法(Direct Method)というのは直接に外国語でその言語を教授し、翻訳もしないで、文法も説明しない方法である。

③オーディオ リンガル アプローチ(Audio-Lingual-Approach)は聴いたも

のを繰り返して話すことによって外国語を習得する方法で、自動的に反応でき

るまで機械的に大量の口頭練習を行うことを重視している。

①、②、③は割合に早い時期に現れたものである。①は学習者の言語運用能力の養成に不利になるため、できるだけ使わない声が多く上がっている。②

は学習者の言語の運用能力に利くが、言語知識、即ち言語そのものに対する理

解や把握に役立たない欠点がある。③はともすると退屈で、意味を考えずにた

だ機械的に口を動かすだけになることもあり、実際のコミュニケーションとは

無関係な文の作成が行われたりしがちで、学習者の知的創造性を無視して学習

者を一種の機械扱いにするから、その黄金時代が短くて、現れたまもなく終わ

ってしまった。

 

1.2 研究の内容と方法

 

日本語教育における文化導入について、中国の日本語学界も足を入れたが、英語学界より遅いし、触れる内容も限りあって、深くないのである。以下は先行研究の問題点である。

A、中日文化の相違点から文化導入の重要性を考察するのが普通である。し

かし、それだけで不十分である。

B、「文化教学」というものが出されたが、文化教学を文化導入と同一視す

る論文が多い。だから、文化教学と文化導入が区別されていない、文化導入の

定義と内容が明らかにされていない問題点がある。

C、日本語教育における文化導入の方法や原則等について、ほとんどの論文

は簡単に言及しているだけで、深くない。これも問題点の一つである。

本稿は先行研究の問題点に対して、日本語教育における文化導入を考察し、個人的な観点を提出しようと思う。具体的な内容は以下である。

第二章では各国の日本語教育現状を紹介した。

第三章では日本語教育における文化導入の必要性について検討する。言語と文化の繋がりがしっかりしているため、外国語を研究しても、教授しても、言語と文化を分けて行うことができない。というのは、ある民族の言語から、その民族の歴史、地理、考え方、ライフスタイル、価値観等の文化特性が窺える。

第四章では日本語教育における文化導入の方法と原則について、検討してみた。日本語教育における文化導入の方法には比較法、解説法、展示 実演法などがあるが、学習者のレベルによって適当な方法を採用すべきである。また、文化導入の原則として、認識原則、吸収原則、対比原則などがある。

本論文は主に先行研究の問題点に対して研究しているもので、理論的なものといっても、たくさんの言葉の用例を挙げる。そのほかに、比較、実例等の研究方法を用いる。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved.
  • 备案号:沪ICP备13024141号