收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

自己呵責と自己救済の交代
――村上春樹『ノルウエイの森』

はじめに

日本の現代作家の中で、村上春樹は重要な代表人物の一人である。1979年から2006年まで数々の賞をえて、高い評価を受けていて、特別に若い人々の中で人気がある。『ノルウエイの森』が村上春樹の代表作の一つで、単行本の発行部数は、上巻が238万部、下巻が211万部の計449万部にのぼる。さらに、村上ブームという現象も現された。これは日本だけではなく、韓国や、中国でも大きく注目されていた。
「平易な文体で奥深い内容を取り扱い、現実世界から非現実に移動する」という作風が村上の特色である。彼は小説の中で今の物欲の強い社会における若い者たちの心理の問題を掲示した。それは自己をむやみに苛む一種の病的状態であり、現実と自我の大きなずれで葛藤が、もつれいくらあがいてもため、どうしたらよいか分からないまま、まだ懸命に自己救済を求め続ける状態である。

第一章 『ノルウエイの森』について

小説のはじめに、37歳の主人公「渡辺」は、飛行機の中で流れるビートルズの「ノルウエイの森」のオーケストラを耳にして、18年前に死んだ女性「直子」のことを思い出した。主人公はいつも過去のことに沈んで憂鬱の心理雰囲気にもっていた。昔のことを忘れたいが、忘れられない約束があるという苦境に陥った。そして、過去のことについて書くことにして、文字で苦痛から自分を救う。
それから、小説が18年前の主人公「渡辺」と「直子」、「緑子」の2人の愛情のいざこざことを記述した。「直子」は「渡辺」の唯一の親友「キズキ」の恋人だった。「キズキ」が自殺したあとで、「渡辺」は「直子」とふとした東京で再会した。そして、二人は付き合って始めて、20歳の誕生日に性関係が発生した。その後で、「直子」は心の呵責にうけらないために、ある療養所「阿美寮」に住んでいた。「渡辺」は「直子」を愛していて、彼女の病気に心配したので忘れることができない、一方で「緑子」につきあって、彼女の大胆な弁明と活発な性格に深くひきつけられた。ほどなく「直子」が自殺したニュースは飛び込んだ。小説の結局は「渡辺」がどこでもない場所の真ん中から「緑子」をよびつづけていた。文章の中に「渡辺」の友達「初美」、「永沢」と「鈴子」のことをまぜる。全文の雰囲気が生んで、死んで、性、愛する中で浸って、読んでいる人々に日本の20世紀の60 – 80年代の「高度の発達している資本主義社会」を見させる○1。まるで恐ろしいブラックホールようであり、人間性を剥奪して、壊滅している。小説の中で友達の死にショックして、現実と自我との矛盾から絶えない思考と反省、心も自己で呵責されているが、社会に適応した、それうえ自己呵責から釈放を得るために努力に自己を救済している。つまり、この小説は自己呵責と自己救済の総合体と言えよう。

第二章 『ノルウエイの森』の中の呵責と救済

1.苦痛から自殺への自己救済

『ノルウエイの森』の中で「直子」は大変な代表人物の一人である。始まって彼女と幼なじみの「キズキ」は三歳時からいつも一緒で離れない、無人島で育った裸の子供が飢えたらバナナを食べて、寂しかったら抱き合いて眠るのように生活していた。思いかげず「キズキ」は高校時代に、いかなる言葉を残していないで死亡を選ぶんだ。「キズキ」の死は「直子」にとって、綺麗な世界を消滅するのような体験であり、まるで「直子」の一部を持っていきそうだ。彼女が完璧な世界から出てこざるをえない。彼女は「キズキ」の死につきていろいろな疑問を考えながら、自身と現実との強烈な衝突のゆえに身の純粋も不潔な社会に溶け込むことが難しいから、自らか現実のどちらを選ぶことに直面しなければならない。それで、彼女の心理がバランスを失って現して、精神の飢えである病的状態がある。それから、「渡辺」と見合うと話しながら歩い続けて、「渡辺」から苦痛を解除した動力また方法を求めたいかもしれない。彼女は「渡辺」に「しかし何はともあれ、私は自分があなたに対して公正ではなかったと思います。」「もし私があなたの中に何かの傷を残したとしたら、それはあなただけの傷ではなくて、私の傷でもあるのです。」「私はあなたのように自分の殻の中にすっと入って何かをやり過すということができないのです」 と言って、それから見て、彼女は自我呵責して始まった。「自己呵責はすなわち自分で苦痛を与えて、抜け出しようにも抜け出すことができないという心理表現である」 。特に「渡辺」と性関係したら内心がまた衝撃をうけて、自分が「キズキ」に不忠実だと感じて、精神の上にも自分で呵責されている。最後、「直子」が「阿美寮」の庇護を求めたい、治療に行った。自己と現実との矛盾が激しくなるにつれて、彼女は自己だけの世界に閉じこもってばかりいる。「直子」にとって自殺の結局は苦痛から唯一の自己救済の方法である。「直子」と同じな「キズキ」も内心世界と現実との対立と衝撃なので苦痛を見舞った、「渡辺」と付き合うのを通して現実に入りたかった、彼「これはして、それは直します」といった。しかし、最後彼は卑しい自分で現実の規則を掌握することができない、自分を超えられないことを発現した。「キズキ」は自殺になった。異なったのは心の苦しめ、同様なのは自己救済の方式—自殺である。
濃いブルーのワンピースをはいて金耳環をつけた「初美」も同情られる境遇を見舞ったことがあり、彼女は「永沢」を選んだ。「永沢」を愛するのはほとんど「初美」の宗教になった。しかし「永沢」は「初美」の感情を大切にしないで、現実に耽溺している。「初美」は深い淵から自分を救いたかったことがあって、外部からの力で助けてくれてみて、心から自分を愛している男子とつきあったけれど、自分の心が開けていないで、ずっと自分を苦しめていて、むだ骨を折っる。最後にやはり極端方式――自殺を選んだ。「初美」は『存在の耐えられない軽さ』のテレザと同じように期せずして聞いて「どうして私ひとつについてまだ足りませんか?」。この感情と肉体の分離の世界の中で、唯一の肉体と唯一の感情を結合することを追求して、でも、最後に自分で愛のために命を絶た。
自分で絶えない自分を圧迫して、自分を苦しめて、自己だけの世界に、自分呵責が過ぎる時、外部からの力に頼って自分を救いたことがあってもむりだ、最後終わり方式は死亡だけで、自殺だけで心を解放した。彼らの生命は自己呵責と自己救済の交代だといえよう。高度の経済の下で、すべて現代人のが無言と永久不変の孤独さをはっきりと示して。その社会に自分自身を守ればいいけど、すぎったら大変だ。そのほか、自分の力で外部の世界に変化することがぜんぜんできない。まわりに振り回して、自分自身のこころから自己救済したほうがいい。

2.現実に耽溺する、自己を失ったような自己救済

『ノルウエイの森』のなかで、「直子」、「キズキ」、「初美」とはっきり異なる「永沢」、絶対に自己を中心として人であり、社会の暗黒性と残酷性を知っていて、生活のために互いにだまし圧搾している生存の方式を軽蔑するだけど、そのような生活にまた楽しんで過ごしている。彼は究極の意義を問わないで、理想と信念を消滅して、ただ生き延びようとする技能だけを求める。愛がなくて、人文の価値がなくて、自分で自身を高効率の近代的な機械に製造している。彼はそれを言った「大体はあほだよ。あほじゃなきゃ変質者だ。官僚になろうなんて人間の九十五パーセントまでは屑だもんなあ。これ嘘じゃないぜ。あいつら字だってロクに読めないんだ」 「僕には権力欲と金銭欲とかいうものは殆んどない。本当だよ。僕は下らん身勝手な男かもしれないけど、そういうものはびっくりするくらいないんだ。いわば無私無欲の人間だよ。ただ好奇心があるだけなんだ。そして広いタフな世界で自分の力を試しみたいんだ。」自分の見下げている生活をして、「永沢」の心の深い所にかつて苦痛があって、あるとき自分呵責したけれど、彼は「直子」のような自己の世界に浸りすぎることはできなくて、すぐに自我を忘れ去って自らを救いにきて、完全に自己を喪失した。「永沢」の目的は紳士になって、彼にとって「自分がやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるのが紳士だ」。彼は現実の規則を正しい行為の標準にして、自分の霊魂を自ら捨てて、個人の目的を達成するために手段を選ばない「知識の精華」であり、実際にただ魂をない知力のロボット、ただのツール性の人、技術性の人である。自己の心の考えと現実との衝突に起きる時、彼は矛盾から離れて自分で自己を踏みつけることを選んだ。「永沢」の一方で立っている人はまだ「玲子」の女の学生で、現実に多い人もある。
ポストモダン社会の大きい染め甕の中で入浴して、かつてあった心理の苦しめ、心理の対立が自己の見落す方式で消えてなくなる。近代の都市に提供した:物欲、 肉欲と文化をほとんど本能的に消費し、卑劣な喜びを満たして、両性が付き合うのもコーヒーを飲むようで、責任感がなくて、すべてすべて普通のものである。価値はこの世界で落ちて、意義はこの世界で消えて、空虚感は充満して、生活の幸せは人類の生存感に最大限度に希釈される。彼らは現実に耽溺してから、ぜんぜん自己を忘れて、すべてのものが「日常」になって、記号になった。対立とか、不安とか、コミュニケーションが苦手のような問題はまったく気づかれないことである。
彼らの自己救済は非常に完璧さをしているように見える。実に、心理の苦難がないのは彼らが魂を捨てからだ。肉体だけの体を守って機械で歩いて、このような人生は人生と言われることができない。村上春樹は文章を通して都市の視聴覚感を越える深層の生命の審美が悟っていて、自分で生存の価値と意義を確立しなければならないと伝えて、ただこのようにして、本当に呵責される心から解放すると言えよう

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号