收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

要  旨

日本の酒文化は、中国の酒文化から発展してきたものであると言える。そして、東方文化ににおいて、酒文化は、その中で非常に重要な部分となっている。われわれの生活の中で、酒は、たいへん重要な役割をはたしている。

それで、酒礼儀は、国と民族の特徴を表すことができる代表物であり、人間文化発展史で欠かせない部分である。本論文は、中日の酒礼儀作法の相違を通して、その中身を覗きたいと思う。これらの研究によって、中日の社会をさらに理解することができる。そうすると、中日異文化の交流を促進することもできる。

本論文はまず日の酒文化の発展史を紹介し、それから中日の酒儀礼の共通点と相違点に対して比較を行い、いっそう中日の酒儀礼を理解し、中日の社会生活を理解する。それによって中日生活文化の中の相違点を解明する。

 

キーワード 中日、酒礼儀、相違、交流

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

摘要

日本酒文化的历史可以说是由中国酒文化的历史发展而来的,并且,在东方文化中,酒文化是非常重要的组成部分。在我们的生活中,酒扮演着非常重要的角色。

饮酒礼仪也能从一个侧面反映出一个国家和民族的特征,是人类文明史上不可缺少的一部分。本文从中日酒礼仪做法的差异性来分析,对产生这一现象的原因进行一些探讨,通过对这些的研究,可以对中日的社会有更好的理解,进而促进中日异文化的交流。本文是通过介绍中日酒文化的发展史,然后对中日酒礼仪的共同点和不同点进行比较,进一步了解和理解中日酒礼仪。从而知道中日文化生活的不同。

 

关键词:中日、酒礼仪、差异性、交流

目录

要  旨……………………………………………… 1

摘要……………………………………………….. 2

はじめに……………………………………………. 4

1、中日飲酒礼儀の相違点………………………………. 4

1.1「乾杯」という習慣……………………………….. 4

1.2「酒を勧める」という習慣………………………….. 5

1.3 上司と酒を飲む時………………………………… 5

1.4 人々と交際する時、酒が重要な役割を果たす…………… 6

1.5  飲酒の雰囲気………………………………….. 6

2、相違の原因………………………………………. 7

2.1 歴史、文化、環境などの要素………………………. 7

2.2 飲食の要素……………………………………. 8

2.3 招待方式、観念などの要素………………………… 9

2.4 生活、仕事の要素………………………………… 9

3 中日交流への影響…………………………………. 10

3.1文化交流への影響……………………………….. 10

3.2経済交流への影響……………………………….. 10

終わりに…………………………………………… 11

参考文献…………………………………………… 12

謝  辞…………………………………………….. 13

 


はじめに

  中国は酒の故郷、酒文化の発祥地だ。5千年余りの人類の文明発展の過程の中、酒文化も同時に前進する。中国と同じに、日本も古い文化を持っている国家である。日本は独特な地理環境や発達した経済があり、独特な日本の文化を形成した。日本文化の中で、酒文化は極めて重要な一部である。

中日民族は酒を飲む長い歴史を持っている。長い歳月の中、中国と日本の人は特色を持つ美酒を醸造するだけではなく、多彩な酒文化も創造した。そのため、私は酒儀礼を研究し、中日の酒文化を理解したい。さらに一歩進んで中日文化の相違点を解明したい。中日の酒席は社会の縮小版で、世の中で、多くのあいさつと交流は酒席で行われるからだ。だから、正しい酒儀礼を学ぶ必要がある。酒席の儀礼をよくつかむのは人生の一つの貴重な財産だ。

本文は中日の酒文化の形成と発展、中日の酒儀礼の共通点と相違点の比較の何方面を通じて更に中国と日本を理解し、中日の独特な生活と文化を説明する。

 

1、中日飲酒礼儀の相違点

中日の酒文化は共通点がたくさんある。しかし、あでやかな日本の風土とデリケートな日本人の感性によって自分の酒文化が育てられ、発達してきた。中日の文化や思想が違うので、両国の飲み方や飲む礼儀も違う。飲酒の礼儀作法も、中国と日本では異なっている。

1.1「乾杯」という習慣

 中国も日本も「乾杯」の習慣があるが、中国では、日本と違って、杯の酒を飲み干すという文化がある。乾杯は会食酒宴の初期に、食事飲み物に手をつけていない段階で行われる。食事を開始するきっかけとして行われることが多い。宴席で何度も乾杯を行う。使う酒はアルコール度数の高い白酒(パイチュウ)とビールのほが多い。白酒の場合は小さいグラスを用いる。宴会の始まりとして、皆が一緒に「乾杯」を発声して、お互いにグラスを当てる。その後、酒を飲み干す。また、女性や酒のあまり飲めない人に対して、「随意」と言って、飲み干さなくてもよい。皆がそろって乾杯した後、次はまた個々で乾杯する。

日本における乾杯は、最初は中国と同じようにを注いだグラスを掲げ、「乾杯」を唱和してグラスを掲げ、その後回りの人のグラスに当て、酒を飲む。具体的には、まず司会の合図や場の雰囲気で開始する。着席している場合には、起立する。卓上のグラスを手に取り、代表者の「乾杯」の発声のあと、参列者も「乾杯」と唱和する。目の高さぐらいを基準に、グラスを掲げて酒を飲む。飲み干すかどうか個人の自由である。グラスを置き、拍手する。その後着席したり、食事を始めたり、歓談に移るなど、マナーに則り自由に行動する。

中日の乾杯は同じ部分もあるが、幹事か司会の役割の大きさや飲む干すかどうかのところが異なっている。

1.2「酒を勧める」という習慣

日本では、お互いに酒が少なくなっているか、空になっているコップを見たら、酒を注ぐことが礼儀で、酒を飲む時には自分で勝手にコップを手にとって飲んでもよいのだが、中国では酒を飲むときには、必ず一緒に飲むことが礼儀作法になっている。

中国の場合はいかにほかの人に多く飲ませて、自分が少なく飲むのは宴会の勝負である。例えば、「駆けつけ三杯」のような罰ゲームの形で相手に酒を飲ませる。また、「感情深,一口闷」(友情が深ければ、一息に飲め)のような言葉を唱えて酒を勧める。ゆえに、祝日休日になると急性アルコール中毒で救急病院に担ぎ込まれるケースも増えている。

それに対して、日本では、無理に勧めることをしなくて、人々それぞれ自分の酒の量にあわせて飲むのが多い。でも、アルコールハラスメント、通称アルハラはとくに若者の間に存在している。それはアルコール飲料に絡む嫌がらせ全般を指している。日本では、アルコールハラスメントが原因での死亡者がでたことをきっかけとして1980年代以降に急速に問題視されはじめた。例えば、大学生らの間で流行した一気飲みという行為がある。つまり、一息に酒を飲み干す行為のことである。時には、他人を無理やり酒を飲ませるような行為になる。とくに、進学シーズンともなると、毎年のように新入生がコンパなどで、この一息飲みを強要されて、急性アルコール中毒で救急病院に担ぎ込まれるケースが続発し、毎年のように死亡者が多数出ることが日本では社会問題にもなっている。

1.3 上司と酒を飲む時

 中国では、普通の友達と酒を飲む時と違って、相手が上司の場合、緊張感が高まり、普段より注意しなければいけない。例えば、「感情深,一口闷」(友情が深ければ、一息に飲め)という酒を勧める言葉があるが、上司に対して使うと、なれなれしく思われる。相手上司だから、たとえ酒場においても、上司にたする尊敬な気持ちを欠けてはいけない。上司同士の乾杯が終わっていないと、上司との乾杯ができないのは礼儀である。それに、上司に酒を飲ませられたら、素直に飲み干すのが礼儀正しい。つまり、上司と酒を飲む時に、とくに尊敬の気持ちを持ち、自分の立場を低くするのはポイントである。

それに対して、日本の酒場には無礼講という言葉がある。無礼講とは、現代では忘年会新年会を始めとする飲み会の席において、上役の者や先輩などが「地位身分に関係なくを楽しもう」という意味である。その場で上司と部下とより近くなり、互いに親しくなることもあるが、無礼講といっても、「楽しんで欲しい」という意図から、形式的にとどまる場合がある。その場合、自身の振舞い方によっては、上司、部下、先輩や後輩、さらに同期社員との、その後の人間関係に影響を及ぼす恐れがある。形式的な「お約束」のような言葉でもあり、必ずしも無礼講であるとは限らないため、宴会の席では状況を把握した上で、適切に行動することが求められる。つまり、日本の場合に、「無礼講」があっても、それはある程度内のもので、実際中国の同じように、注意しなければいけない。

1.4 人々と交際する時、酒が重要な役割を果たす

人々と交際する時、中国にも日本にも酒は重要な役割を果たす。例えば、日本のネット調査会社アイシェアは2009年7月2日、「お酒の楽しみ方」に関する意識調査を公表した。調査対象は20代~40代のネットユーザー男女573名。調査結果は以下のようである。

回答者は「お酒が飲める」(35.8%)と「どちらかというと飲める」(21.8%)を合わせると57.6%。「どちらかというと飲めない」(20.4%)と「飲めない」(22.0%)を合わせると42.4%。

それによると、「お酒は人付き合いの潤滑油になると思うか?」という質問には、全体の28.3%が「なると思う」と答え、「どちらかというとなると思う」(53.4%)を合わせると8割以上(81.7%)の人が効果を認めている。

一方で、「ならないと思う」と答えた人は10.6%、「どちらかというとならないと思う」と答えた人は7.7%いた。特に「飲めない」人の63.9%が、効果を認めていない。

つまり、大半の人は「お酒は人付き合いの潤滑油になる」と考えている。中国ではなおさらである。「商談は宴会の上で」などの言い方があるように、両国において酒が果たす重要な役割が窺える。

1.5  飲酒の雰囲気

宴会の上で、手酌などのことはよくない事だ。酒を飲んでいる場所は誰と酒を飲むことがある。目つきの交流があり、それから酒を飲むことは中国の宴会の基本なことだ。日本人は宴会の初めの時いっしょに乾杯するだけ、あとは皆自分勝手に飲むようだ。ところが、中国人は必ず誰かを誘って一緒に飲む。

中国人の宴会では、どんな口実があるに関わらず、酒を飲まなければならない。しかし、どれだけの酒を飲み、酔っ払った様子を表すことができない。宴会の終えることまでまたはっきりしていることを維持しなければならない。すなわち、たとえ酒の場であっても絶対に緊張をくずさず、最後まで崩れない人こそが、中国の社会では尊敬されるのだ。だから、宴会で飲んで大いに酔う人は、二度と招待された機会があることはできない。普通の人は酒にふけるの人が信頼することができないと思われる。

日本人はちょうど違う。彼らは酒を飲んだ人が心から話をすることができると感じ、信頼できることができる。

宴会の上で、できるだけ政治と関係がある話題をしない方がいい。中国の場合、もし政治を批判すると言うならば、聞き手はとても困る。中国人は言質を取られるのをとても恐怖だ。他人と対立がある時、他人は君の弱みにつけこんで恐喝する。その時逃げても逃げられない。あるいは、人が酒に酔った後で政治の批判性言語を発表し、もちろん人に弱みにつけこめ、でも、その時の発言者と聞き手は同様に有罪は中国の社会の常識になった。黙っているのは賛成の証拠だろうと言われるからだ。だから宴会の席では絶対に政治の話をしないのだ。小さな声と隣の席の人はチャットし、礼儀正しくない事と思われる。だから、大声でチャットする方がいい。

日本の場合は、それと違うのだ。酒を飲んだ後、自分の言葉に対して一定の程度の寛大な許しがあることができる。宴会の後半では、とても自由だ。人々は席を換え、等級観念も無視できる。中国人は宴会に出席し、酒を飲むためだけではない。一部人は自分の社会の地位を証明するためだ。宴会は「戦場」の意味がある。だから絶対に酔ってはならない、宴会の上で勝利を獲得し、社会上で他人の尊重を得るの条件の一つだ。一連の宴会に出席した後、酔った感じがないように帰えることだ。このように他人の更に多くの信頼を獲得することができる。これが中国社会の付き合い方なのだ。同様な人、異なった宴会が何度も出会った後、その人は酔う酒が現れたことがない、このように人に信頼できる感じを与える。そのため、社会上でだんだん多くなる信用と尊敬を獲得することがで不通きる。

中国人にとっては、宴会は宴会だけではない。ほかの機能がある。宴会を通じ、人の社会の地位を理解することができる。誰が信頼できることができるも知っていることができる。日本はこのような複雑関係がない。宴会は、酒を飲むことだけだ。

2、相違の原因

日本と中国は非常に近い。中国と日本は古代から交流してきた。また、儒家の文化の影響で、酒文化はいろいろな共通点を持っている。両国の人民は酒が大好きだ。酒についての文章もたくさんある。例えば、中国三国時代の曹操の『短歌行』がある。日本の『万葉集』に書かれた山上憶良の有名な「貧窮問答歌」の一節に「堅塩をとりつづしろひ、糟湯酒うちすすろいて…」と、塩をさかなに酒糟を湯で飲む庶民の姿が歌われていて、当時すでに貴族たちは「もろみ」を絞った「澄酒」を飲んでいたことが伺える。酒が祭祀の役に立つことは明瞭である。両国も酒で祭祀をする。酒は神と人間との掛け橋として、神に捧げる。 日本と中国の結婚式の時、酒も重要な役を担当する。酒を飲むの時、酒席ゲームをすることもある。そのほか、両国では、料理を作る時、よく酒を使う。中国では黄酒を使い、日本では味醂を使う。

このように、中日文化は、起源を一つにするので、両国酒文化の意識性が一致しているところもあるが、前章が示すように、異なるところが多い。その相違の原因の求めると、以下の通りである。

2.1 歴史、文化、環境などの要素

中日ともに酒の歴史が長い。酒が発展している中に、歴史、文化、環境などが異なることによって、両国の酒の儀礼も違うのである。その影響要素が多くあるが、その中に一番影響深いのは儒教思想であろう。

儒家思想の中で、礼は、仁、義、孝などと並ぶ、重要な徳目の一つである。漢と大和民族は、礼を重んずる民族である。特に、文明古国と言われる中国では、礼は、大切な美徳とされて、あらゆる時代の人々の品行を正しくしている。『礼記』には、「酒を以って礼をなす」と述べている。これから見れば、酒が、礼の表現形式の一つだと分かった。史書を読んでいると、外国の使節を慰労するようなとき、「牛酒を贈る」といった表現が多い。歴代の帝王は、戦いに勝って、凱旋して帰った将士に、必ずねぎらって、酒をはじめ、賞を与えた。これは、『三国演義』といった小説が、いろいろ記述された。

酒は、君臣の関係に利用されるだけでなく、普通の人間関係にも、いつも見られる。『史記、司馬相如伝』の中には、人々が争って、彼と付きあいたいと願っていたことを述べるのに、「酒を献じて以って交驩す」とある。今に、歓迎、送別の宴会及び新年と節句のたびことの贈り物から、冠婚葬祭にかけて、酒も、大切な役に立っている。つまり、現代社会においても、酒の果たす「礼」の役割を無視してはいけない。上司と酒を飲むときは、どうしても気をつけなければいけないというのは、この「礼」と名残と言えるだろう。

日本も儒教の影響を受けているが、「礼」と酒を結びつくのは祭りの時である。日本では、祭りの時神に神酒を捧げ、祭りが終わったら、皆は一緒に神に捧げる酒と食品を飲んだり、食べたりする。それは「神人共食」と言う。中国では、そんなことはできない。中国人は祭祀の酒を飲み、神と祖先に対するの不尊敬だ。この点から見れば、日本は中国より実用を重視する。捧げる酒を飲んで、神様と祖先に差し上げる願望で満足したり、人間に団結な雰囲気を創造したりすることができる。中国で、重要な祝日で、家で宴会を行う時、祖先のため上席を残す。家の主人はこの時にも副次的な位置で座ることしかできなく、上席で、祖先のために酒と料理を置い、そして祖先に先に酒を飲むと食事することがあらせたことを示した後、家の人はようやく酒を飲んで食事することができる。或いは祖先の位牌の前に、ろうそくをつけ、酒を置い、若干の野菜、死者に対する懐かしむことと敬意を示す。

まとめると、両国の飲酒儀礼の相違には、儒教思想と神道思想の影響が大きな原因である。

2.2 飲食の要素

酒儀礼は飲食と深く関わっている。漢族の基本的な主食は穀物で、各種の肉類、野菜を副食としている。主食は大きく米と面類に分けられる。このほか他の穀物、例えばトウモロコシ、コウリャン、穀類、イモ類なども雑穀として、異なった地区の主食の一部分でもある。様々な条件の影響により、漢族は異なったタイプの料理を作り出した。「南は甘く、北はしょっぱく、東は辛い」は、漢族及び他の民族の好む味への総括で、湖南料理、四川料理、東北料理、広東料理などが代表的な8大料理である。日本の場合、伝統的に、多くの家庭で炊きあげた白米(玄米)だけの炊飯が主食となっている。すき焼き、寿司、刺身などが典型的な日本料理である。ほかに、伝統的な日本食に本膳料理、会席料理、懐石料理、精進料理、おせち料理などがある。

酒自体もかなり違っている。中国の代表的な酒「白酒」は20世紀の白酒のアルコール度数は50度以上であったが、1990年代から白酒のアルコール濃度を下げたものが広がってきて、今では低度酒と呼ばれる38度の白酒が主流となっている。50度以上であった高度酒も、現在は45度のものが出ている。それにしても、22度未満の日本酒に比べるとかなり高い。ビールのほうも中国のほうが大体度数が高いと言われている。酒からも中国人の持つ豪快で、直接的且つ素直な性格が見られる。

2.3 招待方式、観念などの要素

招待方式、観念などの要素につい言えば、日本人は、よく相手の気持ちや立場を察して、それも考慮に入れて、発言したり、行動したりする傾向が強い。それより、中国人は、少し自分の意志を相手にぶつけて強く自己主張するようである。そして、酒は、人間関係を潤滑できて、儀礼表現の媒介である。が、国民性によって、義理表現は、日本人は、もっと含蓄であるが、中国のほうは、ずっと直接である。

「乾杯」という言葉は、日本、中国ともに使われる。しかし、中国人が言うところの「乾杯」は、必ず杯に注がれた酒を一息に飲み干さなければならない場合が多い。これは、日本人がいうところの「乾杯」とは基本的に異なる。日本では、「乾杯」とは言うが、必ずしも杯の酒を飲み干す意味ではない。「お好きなだけ」ということのようである。また、中国には相手に酒を勧めるという習慣がある。宴会の席では、友達の間や主客の間において、お互いに「もう一杯どうぞ」と酒を勧め合う。このような習慣によって、相手に対する自分の思いやりと友情の気持ちなどを表現したり、伝えたりする。そして双方が飲める限界の量やそれを超えたたおき、相互に初めに友情として認め合う。言わば、「酒は知己に逢えば千杯も少なし」である。もしモンゴル族の家庭の人々に、心から喜んでもらえる。でも 日本では、無理に勧めることをしなくて、人々それぞれ自分の「酒の量にあわせて」、酒を飲むことが多い。

つまり、中国人は、酒を飲む時には「過量」にたしなみ、日本人は「適量」をたしなむと言える。このような酒文化の習慣の違いは、まさに日本、中国のそれぞれの国民性をよく反映していて、「過量」は、中国人の持つ豪快で、直接的且つ素直な性格を、「適量」は、日本人の持つ婉曲で、一歩下がって他人を考え常に和を好むという性格もよく表わしていると思う。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

 

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号