收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

製品開発からみた日本における外来文化の受容と改造

要旨:現在の日本は自動車、電気、日用品などの分野において地位が高い。製品の革新はその大事な原因だと筆者が思う。本論は日本における製品の開発と改造の視点から、日本の近代歴史の中で外来文化はどのように受容されたのか、そしてどのように改造されたのか、そしてそのようなことをした日本人の意識を探求する。
キーワード:外来文化 日本製品 品質 管理 民族精神

1.はじめに
日本民族は外来文化に対する受容性が強い。日本の外来文化の受け入れ方は、外来のものとしてではなく、自分のものとして国情に合うように作り変える。現在の日本は自動車、電気、日用品などの分野において地位が高い。製品の革新はその大事な原因だと筆者が思う。本論は日本における製品の開発と改造の視点から、日本の近代歴史の中で外来文化はどのように受容されたのか、そしてどのように改造されたのか、そしてそのようなことをした日本人の意識を探求する。
2.本論
2.1 開国後日本の外来文化歴史
現在の日本を見ると、日本人の生活は実に多種多様なものとなって、いわゆる複合的な文化体系となっている。大きく分けて言うと、日本の土着文化、中国文化および西洋文化の三つがある。日本人は伝統的な文化に執着心を持っていると共に、次第に外来文化を自分の価値観で理解し、容認して部分的に或いは日本のものと折衷せて使いこなす。
社会の変遷は日本人が外来文化への態度に影響する。社会の需要と社会の心理状態は私達がどのように外来の文化を研究するかを決める。文化は人類の財産である。人類の付き合いは異なっている文化間の接触と交流の機会を提供する。そのため文化交流は避けられないのである。文化の接触の中で、人々は自分でつきあった社会の状況発生の心理によって、どのように外来の文化に対応する。
外来思想はインドから伝来した「仏教」と、中国から伝来した「儒教」である。これらの外来思想は、八やお百よろ万ずの神かみを信仰していた日本の伝統的な「神しん道とう」と、どのように出会い、折り重なり、独自に発展していったのだろうか。日本思想の歴史は重層性を特徴とするのである。

2.1.1 西洋文化との出会い
西洋西洋文化は、現在、日本人の生活に溶け込んでいている。普段まったく気が付かないですが、考えてみるとあれも西洋文化、これも西洋文化と身の回りにいっぱい西洋文化があるものである。
西洋文化が日本人の生活に浸透していったのいつからなのでしょうか。やはり、江戸時代末期1853年の黒船来航である。この黒船来航がきっかけとなって、徳川幕府は200年にも及ぶ鎖国を打ち破られ、それとともに幕府崩壊のきっかけとなった。もちろん、それまでは長崎の出島である程度は貿易していたわけだから西洋文化も入ってきてはいるのでしょうが、それは出島周辺と上流階級のみ西洋文化と接触できたものであって、一般庶民には無縁のものだったに違いない。徳川幕府が崩壊して、新しく明治政府が誕生したが、ここで明治政府は開明主義的路線を選び、諸外国の文化文明を積極的に導入したことで生活、政治、経済などあらゆる分野で文明開化が花開いていった。これは西洋文化との出合いの始まりである。
そうすると、食生活も肉食の自由化という大きな変化を受けた。現在では肉を食するなどは当然のことである。それに加えて、さまざまな西洋料理で舌鼓を打ち、同時にまるで芸術のような盛付や雰囲気に心癒されたりしている。
でも、当時の庶民は西洋文化に対してどのように思っていたんでしょうか。ちょんまげからザンギリ頭になるだけで妻が離婚してしまうという現象が起こったぐらいから、かなりセンセーショナルな出来事でしょう。江戸時代から明治時代へと変わるこの時代に生まれた日本人は、この時代の文化転換期が大好きだなあ、とこの時代のことを考えてみるといつも感じている。自分なら肉食べるだろうか。やっぱり香ばしいにおいを嗅いだら食べるだろうな。たとえ呪われるなんて言われようが食べるでしょうね。しかし外国人が食べてるんだから。でも、当時は外国人を怪物扱いだったからそう感じるのも難しいかもしれない。大きな船や電車や車が、何もなかったところからいきなり出現したら驚くでしょう。しかし、大きな鉄の塊が動いているもの。服装も和服から洋服へ変わっていったとき、どのように感じるんでしょうか。考えてみるだけでも楽しいものである。

2.1.2 日本人が外来文化に対する態度
古来から先進外来文化を排斥・受容・同化し成長・発展してきた日本である。企業上の改革・特徴・問題点・外来文化の摂取法までを広角的に研究し、あわせて企業改革への課題を提示する。
 中国に行った経験がある日本人と日本に来た経験を持つ中国人はある共通の感じがある。これは、漢字があるので、相手国のどこにいっても大変便利だということである。中国人と日本人は言葉が通じないが、漢字を書くことによって交流される例も珍しくない。でも、最近の事情はちょっと変わっている。日本語の中にカタカナで表記した外来語がどんどん出ているのに対して、中国語の中にも意味が分からない外来語もたくさん出てきた。
外来語とは、外の言語が、文化の一部として、その言語の語彙体系のなかに入ったものである。日本語は普通外来語をカタカナで表記し、そのまま音訳するのが多いのに対して、中国語は音訳語より翻訳語をよく使うのが一般的である。「香波」(シャンプ)、「維他命」(ビタミン)などのような好例から、中国語の漢字が表意文字で、外来語を吸収する時それぞれの意味を的確に把握して、漢字の原意から実体を類推、理解し得るように工夫されることが分かると思う。
日本が一千年前に中国から多くのものを取り入れたという歴史的先例があったし、明治以降は西洋を模範して、近代化の道を急行軍で進んだ歴史もあった。そのため、日本は新事態への対応も敏速で、外来文化を終始尊重し、これを取り入れることに熱心であったといえるでしょう。
21世紀に入った後、グローバル化の深化に伴って、世界的な交流がますます頻繁かつ緊密に行われている。経済の発展と国際交流の拡大に従って、外国についての知識や情報が急速に増加している。日本が外来文化に対する開放的な態度は自国の製品、技術、企業の発展に大きな役割を果たしている。

2.2日本における製品開発の発展及びその中の外来文化の受容と改造
2.2.1 製品技術の発展
日本のエアコンを例として日本の製品技術の発展を見てみよう。近年、日本のエアコンのメーカーが出した新製品からエアコン技術の走向を見る。その最も著しい変化は単純な寒温のある機型から空気の品質を改善する総合的な機型に転換することである。その例は、東芝が出した「大清快」のシリーズは、その装備が空気を清潔する機械と周波数変換器を設置したため、空気の品質を改善する、熱を制御する能力、とエネルギーを節約するなどの方面で、全部ある程度で高まった。しかし、今の日本では、「大清快」はすでに最も優れていない。1999年、三菱がHEPAという濾過器を装備した「霧峰」のエアコンを出した。日本の2大のエアコン会社が一生懸命高下を比べて、日本のエアコン技術が続けての発展をおしたと日本人はあまねく思っている。
ここ数年来、日本の空淨機市場はずっととても活発で、人々が空気の品質に対する関心の程度を説明した。消費の需要は直接未来のエアコンの発展の方向を明示した。三菱は空気が清新な機能を持つ新製品を開発する前に、ユーザーのアンケートをしたことがある。9割を上回った調査対象はエアコンが空気の清新な機能があるのを望むことと答えた。そのため、三菱は、省エネルギーなどの基本的な要求以外、今後空気の清新な機能もエアコンの持つべきな基本的な機能だと思う。日本の家電業は世界に名を知られている。これはこの企業界がよく市場ニーズを了解して直ちに適切で新しい製品を出すのと、分けられないのである。
また、日本カメラの歴史を通して日本製品の創新を見てみよう。
カメラの原理は写真術の発明以前から知られていた。窓のない暗黒の部屋の壁面に小さな穴を空けると、反対側の壁面に外の景色が映し出される。これを応用して、日食の観察を行ったり、絵画の下絵を描く目的に使われた道具がカメラ・オブスキュラである。16世紀には小穴の代わりにレンズを用いてより鮮明な像が得られるようになり、反射鏡によって箱の上面に像を結ばせるようにした小型のカメラ・オブスキュラが作られた。これは絵画における遠近画法の確立に寄与したと言われている。
1824年、ニセフォール・ニエプスが世界初の写真である「ヘリオグラフィ」を発明、携帯型カメラの画像が定着できるようになった。1839年8月19日にはダゲールが初の実用的写真術「ダゲレオタイプ」を発表した。その後のカメラは、写真とともに発展していった。19世紀末までに記録媒体として写真フィルムが普及し、コンパクトで手軽に写真が撮影できるカメラが大衆化する。1950年代まではイギリスやドイツ、アメリカが世界市場を牽引していたが、1970年代以降は日本製のカメラが世界市場を席巻する。1963年には露出を自動化したAEカメラが現れた。さらに1977年にはオートフォーカス機構が実用化され、構図を決めてシャッターを押すだけで写真が撮れるのが当たり前の時代になった。1995年あたりから、撮影した画像を従来の銀塩フィルムによる化学反応ではなく、デジタルデータとして記憶素子に記録するデジタルカメラが一般に登場する。その後、デジタルカメラは徐々に勢力を伸ばし、ついには従来のフィルムカメラを侵食する勢いとなっており、カメラメーカやフィルムメーカの事業縮小が起こっている。
商品開発のアイディア作成段階からキャッチコピーを作り、そのコピーの魅力度を調査しつつ商品開発の方向を必要に応じて軌道修正するべきである。反社会的な商品や、市場に受け入れられないような商品を開発してしまわないように、社内で商品開発に関する原則を設けている企業もある。例えば花王のそれなどが知られており、同社では社会的有用性、創造性、パフォーマンス・バイ・コスト、流通適合性などの原則(チェック項目)を設定しているという。
2.2.2 製品品質の発展
日本製品のよい質は世界では誰もほめそやしている。しかし、日本製品の品質がみっともない歴史を経たことがある。製品の品質を思い切って押さえる過程をも通った。戦後の初期、日本製品は世界市場でほとんど「劣悪品」と同じ名詞である。当時、「Made in Japan」はよく「品質の悪い物」に等しく、国際市場の上で競争力は少しもなかった。世間の人にこの観念のを変えさせる最初のことは日本のソニーである。当時、創立者の2人の盛田昭夫と深井戸はテープ・レコーダーとトランジスタラジオを持って、米国市場へ販売に行った。アメリカ人が日本製品への見下げに直面して、彼らは第1筆の販売から、誠実に自分の製品の品質を紹介し、手を尽くして消費者にソニー機を通して日本の製品に対する自信を作り上げさせた。結局、ソニーは成功した。
ソニーが成功したのは販売の戦略だけでなく、更に製品の品質自身からである。企業の製品の優良品質率が99.9%まで達成するのは確かで喜んで安心するが、あの0.1%の優良ではない品物はユーザーにとっての100%な劣悪品になって、ある家庭にもたらす損失は100%だといった理論をソニーの経営者は出した。日本企業の製品の品質の意識はここから出発した。ソニーの成功は、「日本製造」の単語を「品がよくて値段が安い物」の代名詞になったことに変えた。その秘訣は技術の小さいところまでも工夫を出すことである。大衆のニーズを明確にして、その上彼らに最も良いものを提供する。各部品から、各技術からし作り始める。一つの企業はこのようにしたら、企業は生命力を持つことができる。一つの国家はこのようにしたら、国家の経済実力は強大になることができる。
日本の産業政策はひとまとまりの完備している体系である。政策の制定から実行へ、その過程が緊密につながっていて、最後に実行を保証する。貿易によって国を立てる日本は国際市場に頼る。もし企業の製品の品質がいけないならば、国の利益に害を与える。もし企業の品質に問題が存在するならば、あるべきな各種の政策の特恵が得られないだけでなくて、国内にもまったく立脚することができない。これらの要素は全部、企業に製品の品質を高めざるをえない。

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号