收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

はじめに

 

日本の文化は世界各国の文化を吸収したことを通して、漸次自分の独特的な文化を形成している。食文化は文化の重要な部分として、民族の発展の反映している鏡である。寿司は日本の代表的な食品であり、民族文化に融け込み、分割できない一部分になり、十分に日本の食文化を現すことができる。

寿司は伝統的な日本料理の和食の代表と言える。寿司は魚の刺身の旨さとご飯の美味しさを巧みにミックスさせた日本の独特な食べ物であり、押し寿司、ちらし寿司、巻き寿司、稲荷寿司、なれ寿司など色々な種類がある。寿司の長い歴史があり、昔は祝いの席などのおめでたい時に食べる高級な食べ物でしたが、最近では値段が手頃な回転寿司店の出現により、日常的に寿司を食べる事ができるようになった。

寿司の美味しさは味ばかりでなく、形も色も現すことができる。寿司は芸術品に似ているようだ、十分に日本の食文化の中に大切な「味、形、色」と言うことを体現して、追求されている料理の美である。小さい寿司には、豊富な日本の食文化も体現すれば、日本文化の中で長所も反映している。

本稿は日本の食文化の発展の分析を始めてから、寿司の起源と現状について分析し、日本人の飲食生活を探究する。

 

1.日本の食文化について

 

本章では、日本の食文化の発展を紹介して、寿司の出現の必要条件を分析する。

 

1.1日本の食文化の発展

 

日本の食物の歴史は、一万数千年前より存在していたと言われているが、纪元前2000年ぐらいの縄文时代からにさかのぼっているのが一般的である。

最初の縄文時代に、人々は獲得する食べ物の方式と調理の方法が遅れた、ゆえに採集や狩猟や漁をすることなどが人間の主に獲得する食べ物の方式となる。その後、稲作文明の出現したのは、人々の主食が米となる。

平安時代に、食べ物の種類がもっと豊かに、主食は依然として野菜類の食品で、魚介類の食品が第二の地位を占め、海に囲まれた島国の特性を体験した。

江戸時代に、社会が安定し、食べ物が空前の発展を遂げる。その時、寿司や天ぷらや刺身やウドンなど食べ物の出現したのは日本の特色がある日本料理の文化を形成したことを意味する。

明治時代に、西洋と中国の食べ物が導入された日本人の食生活では、伝統的な日本の食文化が外来の食習慣の影響を受ける。しかし、日本人は自分と外来の食文化を結合して、新しい現代の日本料理を作り出す。

 

1.2寿司の出現の必要条件

 

寿司は日本の代表的な食品であり、民族文化に融け込み、分割できない一部分になり、十分に日本の食文化を現すことができる。ゆえに寿司の出現は偶然ではなく、日本の自然環境と日本料理の食材と日本人の生活習慣と大変密接な関係にある。

1.2.1日本の自然環境

日本は、アジア大陸の東側に位置し、南北に長い弓型の島国である。平野は狭くて少ない。ゆえに日本の農用地は少なくて、国土の利用状況の13.8%を占めるだけ。こうから見て、日本の耕地は少なくて、獣の種類も少なく、動物の体形も大きくない。それゆえに植えられる蔬菜の種類は少なくて、資源が足りず。

日本列島は、南北約3000キロメートルに及んでいるため、亜熱帯から亜寒帯にわたり、複雑な地形や海流の影響で、気候は地域差が著しいのが特徴である。しかし、大部分の地域は温帯にあり、海洋性の温暖な気候で、春夏秋冬の四季の区別がはっきりしている。この気候のせいで、日本は植物に富んでいる。野菜の種類も比較的に多い。これで、日本料理には、肉より野菜のほうが多い。

また、日本は太平洋の西側に位置するので、日本の海岸線では、暖流の黒潮が北上し、寒流の親潮が南下する。この二つ海流は、夏は三陸海岸で、冬は、銚子沖附近で出合い、それらの海域には、多くの種類の魚類が集まる良い漁場となっている。海流は豊富な栄養分を持ってくるため、天然な漁場になった。それで、日本は古くから漁業資源が豊かである。日本料理も魚が豊富である。このように、日本料理の「米+魚+野菜」の形式になった。それは寿司の出現の必要条件である。

 

1.2.2日本料理の食材

日本で、食材の種類はそんなに多くない。何よりも日本における食文化の特質とは、米を中心に魚介や野菜を基本とした食事パターンである。他とは異なり豚などの肉類を排除してきたところに最大の特色がある。しかし社会的現象としては、江戸幕府が成立した1600年以降に、肉食禁忌は最高潮に達するが、肉に代わって油分の少ない魚がより好まれた。動物性タンパクの供給上の問題もあり、一般的に揚げ物を除いて、油脂類は遠ざけられるようになった。それで、日本料理の食材は魚と野菜を主体とした。

日本人は生物が好き。これは日本の風習にふさわしい習慣である。日本は海に囲まれて、魚介類が豊富である。加工しないで、或いはできるだけ少なく加工するのは、食材の新鮮度をよく保持できる上に、ビタミンを損なうことも少ない。その海産物の自身は塩分を含めて味わいがあり、また塩が消毒の効果があるから、生で食べてもよろしい。日本人の味わいが甘い傾向がある。これは日本の気候風土が育てられた風習である。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved.
  • 备案号:沪ICP备13024141号