收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

メディアが煽る流行と消費

はじめ
メディアはところどころに存在する媒介であるといえるだろう。これは日常生活に欠かない媒介だと言っても言い過ぎではないだろう。経済が発達するには情報伝達は必要である。その情報は人々に知らせるのは経済発展の重要な要素である。情報を伝達する道具とし、媒介は必要で、メディアは伝達の作用を果たす道具である。本稿ではメディアの歴史、定義などを紹介し、メディアの特徴、影響を分析しようとしている。深く考えると、メディアの影響は実際には人々の生活から国家の経済まで、欠かない影響を与えると予測している。そして、将来のメディアの形式と影響は図らない影響があると思われる。人々の生活はどんな豊かになるのかは期待していると思う。
本稿は、これから、人々の日常生活にありふれたメディアについて、深く研究したいと思う。メディアについての先行研究が多い。筆者は先行研究を参考したうえで、自分なりの考えを混ぜ、未来メディア研究に貢献したいと思う。

現代メディアの状況

一、メディアの紹介

1、            メディアの定義
さて、メディアとは言ったいどんなものであろうか。「旧唐書-張行成伝」によると、古今用人を見るには、必ず媒介に頼るそうだ。古い書物には「媒介あるいはメディアとは双方の間には関係を持つ関係者あるいは物事である」と書いてある。媒介は情報を伝達するには依頼する道具である。これは道具とはいえるが、本当に道具ではない。人類はその媒介を人のために利用するが、逆に媒介も人類に影響を与えることができる。それにしても、その影響は伝達者の本意に相応していないことも多い。媒介は仲介であり、中間的なものとは言える。媒介は物事を運動している間に存在するだろうと思われる。媒介は大量の情報を載せる容器である。たとえば、通信社、雑誌、ビデオ、テレビ、映画などでもある。大衆媒介ともいえる、新聞媒介は主に新聞、新聞性雑誌、ビデオ、テレビなどでも言う。伝達媒介は情報を伝達し、情報をコピーし、情報を載せる物理的な形式だろうと思われる。この物理的な形式は印際品、ビデオテレビ、また文字、符号、シンボルなどでもある。そして、専門的に情報を伝達する組織も媒介でもある。たとえば、新聞社、編集部などがあるだろう。簡単に言うと、媒介は人々の交流する道具である。一般的には、六つの種類があるといわれている。これは音、図、文字、音楽、アニメ、映像に別れている。
ここから見ると、媒介の種類葉いろいろであること画わかる。実際には、媒介は日常生活にところどころに存在することは明らかになるだろう。人類の生活にはメディアは欠かないことは言うまでもないだろう。これからは媒介の歴史について討論したいと思う。

2、            メディアの歴史
図1

図1は歴史的にメディアを見る図である。図1から見ると、時間的にはメディアは語言媒介、文字媒介、印刷媒介、電子媒介、ネット媒介、未来媒介に別れていることが明らかになるだろうと思う。人類が誕生する時は、二つだけのメディアを利用したである。これは語言媒介と文字媒介である。現代人類の発展を促すには、印刷媒介、電子媒介、情報媒介は欠くことができないと思われる。
西暦前200,000から西暦前100,000までには主に言語媒介で交流するようである。語言媒介が現れる前には。人類はもはや非語言の感官システムを利用し、交流したようである。たとえば、臭覚、触覚、視覚などを通し、情報を伝達するようになった。このコミュニケーションの形式は体の運動を含めている。手振り、表情あるいは動作なども含まれていると思われる。そして、ある信号もその形式のひとつであるといえる。たとえば、光、しるしなどもある。そのほかに、語言に関係する原始の音を通して交流してきた。たとえば、笑い声、泣き声、叫び声などもある。しかし、非言語類の表意システムが伝達する情報は有限であることは否定できないと思われる。時間がたつにつれて、そのような原始、非言語類の表意システムは言語伝達に替えられているようになった。これは専門家からの推測である。現在までに保留された文字記録から見ると、シュメール人の言語は西暦前の4千年から西暦前の3500年までの間に誕生したらしい。中国人は西暦前の2千年前から言語を使うようになったと推測されている。
文字が発生していなかった前には、重要な媒介は図であった。早期から人が残した壁画は経典的な例だろうと思われる。たとえば、各種の動物の絵、労働場面を描いた絵などもある。そして、人類は深い意味を表した図を陶器、彫刻品、織物などのような日常用品に書いていた。それを通して、情報を伝えることができると思われる。現在では、交通信号などはその原始の媒介とし、現在に残されたといえるだろう。カメラが発明する前に葉、絵画は人類にとって、重要な交流道具であったといっても言い過ぎではないだろう。海外でも、国内でも、絵画は発生するのは情報を伝えるためであったことがわかるだろうと思う。これは当期の生活を記録するための絵画である。ある宗教や思想を伝えるには、その絵画は古代の人々にとって欠けない媒介とし、大切にされただろう。現代はカメラのおかげで、図という媒介は写真に変わった。つまり、現代に使われている図は「写真」であることだ。やく150年前にはフランス人-ダルガルは写真を発明した。彼は1837年には世界第一の写真を作るには成功した。人々は図である物語を表明する時には、真の文字に大きな一歩を歩いたといえる。専門家によると、文字は図を直接に簡略化してからできたものであるそうだ。元の複雑の図を抽象化し、分かりやすい文字に変えた。これは複雑の交流をするには必要であると思われる。
周知のように、印刷媒介は中国からできた発明である。西暦紀元以前は中国ではもはや印章がはやっていた。西暦5世紀になると、中国は拓印の方式で、文字や図をコピーずるようになった。これは印刷の芽生えだといえるだろう。西暦450年には刻板印刷を発明した。西暦868年に印刷した仏教経文「金鋼経」は刻板印刷したものである。これは世界で記録された一番早い刻板印刷した書物である。時間につれて、文字を載せる媒介は現在の本に変わった。現代の書物は非常に完璧なメディアになるといえるだろう。書物から形成したのは新聞である。人々は現在、毎日読んでいるのは新聞だといっても言い過ぎではないだろう。また、新聞から雑誌も生まれていた。雑誌は新聞と本の両方の特徴を持っていると思われる。
1844年には電子媒介が現れていた。1876年にはベルが電話を発明したのはきっかけとし、電子メディアはその幕を開いていた。1936年、人類の初めの無線テレビ放送を流した。それkら、テレビ、映画なども徐々に登場してきた。1973年携帯電話を発明し、1981年には世界初めのコンピューターが発明され、ネットメディアは徐々に人々の前に現していた。現代にはネットメディアははやっていると葉いえるだろう。人々の生活にはネットはかけないものになっている。未来の媒介はどのようなものになるだろうか期待していると思われる。本稿の後では、その未来への想像を少し研究してみた。

二、アンケート調査

以上から見ると、メディアの歴史は時代につれて、多種多様になったことがわかるだろう。どのメディアでもひとつの変わらない作用がある。それはいうまでもなく、情報を伝達することである。メディアは情報伝達のために生まれたということは秋絵赤であるだろう。しかしながら、定義から見ると、人類はその媒介を人のために利用するが、逆に媒介も人類に影響を与えることが明らかになった。それにしても、その影響は伝達者の本意に相応していないことも多いと分析した。さて、人類はその媒介に対する信用はどうであろうか。これからは分析したいと思う。図2はメディアに対する意識の調査である。人々はどのメディアに関心を持つかについてまた、どのメディアは信用があると思うかについて調査した。
図2

それから、調査の分析である。まず、信用度から分析したいと思う。図2から分るように、一番信用度があるのは一番古いメディアの言語媒介であることは明らかになった。言語媒介の信用度は一番高く、90.10%に登った。古人の人々はもともと、言語媒介を通して、情報を伝達するようになった。それは情報を完璧に伝達するにはその形式から内容まで、現実に従うことが必要である。媒介の歴史で分析したが、言語媒介から印刷媒介に生まれていたことが分るだろう。そして、第二番目高かったのは印刷媒介であり83.6に達した。もともと、書物に乗せる内容はいろいろであり、現実に従うこともあれば、架空の話もあるだろう。しかしながら、古代からの書物は多くの場合は現実に従うことは多いと思われる。現在になると、雑誌、新聞などの書物では、水を入れたような内容も少なくないと思われる。それゆえ、印刷メディアはもともと文字と図で情報を伝えるが、信用度は古い言語媒介ほど高くないと言えるだろう。電子媒介とネット媒介は現代に盛んでいることは言うまでもないが、その信用度は比較的に低いことは否定できない。技術が進歩するにつれて、媒介の形式も先端的になっている。しかしながら、技術が進歩した一方、メディアは古代の誠実から離れているらしいと思われる。たとえば、現代では、広告は一つの媒介とし、人々の前にありふれているが、広告には偽りが多く含くめているのは否定できない。新聞によると、テレビやビデオなどでの広告は水を入れ、誇張しているものが多いようだ。広告に騙され、予想以外の物を買ってしまうのは少なくないと言えるが、それは電子、ネット媒介の一つのデメリットと言えるだろう。それゆえ、電子メディアの信用度は60.5%に過ぎないが、ネット媒介はまた50%にも満たない。それは言うまでもないが、現代の媒介はその信用度が少ないことは一つのデメリットであることが明らかになった。
それから、関心度から分析したいと思う。逆の結果とも言えるが、一番関心度が高いのはネットメディアであり、およそ90.3%に登った。そして、二番目に高いのは電子メディアであり、82.5%に達した。それは現代の媒介はもともと内容は多様であり、情報を載せる内容は大量であるのは人々にとって、一つの吸引力にもなるだろうと思われる。それゆえ、人々がそのような媒介に関心を寄せている。特に、ネットはもともと、技術を通して、いろいろなおもしろい内容は入っていると思われる。そのようなネット媒介は人々にとって、面白みがるだろう。それに対して、印刷媒介と言語媒介の関心度は比較的に低いことが見える。それぞれ、79.5%と79%になっている。現代の人々は書物などに対する関心は確かに少ない。中国の新聞調査によると、平均一週間、中国人は0.3の印刷した本を読んでいるという結果は出した。ここから見ると、古代から残した、印刷媒介はもはや人類の心に深くないと言えるだろう。電子、ネットの流行りのため、情報を載せる道具は多様になった。実際には、ネットに乗せる内容は印刷した本より多いことは否定できない。現在、一人当たりには、一台のコンピューターを持っていることは一般のことである。ネットで、なんでも載せている。つまり、情報の量は大幅に拡大した。人々は関心をネットや電子に乗せるのは無論なことだろう。

三、消費力への影響
以上の調査の結果から見ると、人々はネットメディアに対して、一番関心があることが分るだろう。関心を寄せるのは、人々の購買欲にかかわることは言うまでもない。それゆえ、ここで、メディアが消費力への影響について、討論したいと思う。とくに、一番流行っているねx地とメディアについて、深く研究したいと思う。筆者はネットメディアは人の消費力への影響が大きいと予測している。
まず、現代のネットメディアに隠した意味を紹介したい。現代の媒介とし、一番盛んになるのはネットメディアであることは言うまでもない。コンピューターとネットの発明は印刷の発明以来には人類の偉大な発明と言える。これは第三の情報革命である。インターネットは世界的である。つまり、われわれはいま使っているネットはだれでも発明したが、それは世界の人類に所有しているだろうと思われる。つまり、ネットは国際化しているものであるのは言うまでもないことだ。この国際化は技術的には保守されている。英語のComputerはいくつかの意味がはいていると思う。これはComputerとCommunicationとは同じくComが入っている。古代のComは「参加、入る」と言う意味がある。つまり、お互いに交流するような意味はComputerには含まれていると思う。
定義から明らかなように、ネットメディアはその形式の便利から内容の大量まで、いろんなメリットがあると思う。人々は、外を出ず他人と交流することができることや、どんな内容でもネットに入れることができることなどはネットメディアのメリットだと思われる。そして、調査の結果から分析すると、人々は一番関心を持つのはネット媒介である。広告はその典型的な例だと思われる。ここから見ると、ネット媒介は人々の関心を吸引する力があることが分るだろう。その吸引力は人々の購買欲にかかわっていると思われる。
ある日本の調査がある。調査をした組織は電通のコミュニケーション・デザイン・センターである。2012年3月末には、インターネット利用者を対象にソーシャルメディアに関するアンケートを実施した。ここで、ソーシャルメディアについて、紹介したいと思う。ソーシャルメディアとはFacebookやmixi、TwitterなどのSNSだけでなく、YouTubeなどの動画共有サイトやカカクコムや食べログなどのレビューサイトを含む広義の意味でのソーシャルメディアを対象としている。そのようなソーシャルの人の購買意欲について調査した。調査はまずソーシャルメディアの利用状況について尋ねてみた。結果は利用経験がある人は約7割に達した。さらに年代別で見ていくと、若年層ほど利用率が高い傾向があり、10代男性で81.1%、10代女性では88.8%も利用経験者がいた。ソーシャルメディアが若年層にとって非常に身近なメディアであることは明らかになった。若年層との接点を増やす手段として外せないメディアになってきていることが分るだろう。ソーシャルメディアがかなりの層に利用されていることは疑いない。さて、ソーシャルメディアなどでの口コミには、どの程度の影響力があるのだろうか。実は、消費に与える影響力の面でもソーシャルメディアは無視できなくなっている。「商品購入する際に、ソーシャルメディアや掲示板などでの口コミは、どの程度買いたい気持ちに影響するか?」という調査をしたところ、インターネット利用者の44.2%がなんらか購買に影響を与えると答えている。

さらに、この傾向はソーシャルメディアの利用率が高い若年層程高まる傾向にある。若年層へ何らかのメッセージを届けたいのなら、利用率・影響力の両面から考えて、ソーシャルメディアは重要なメディアになっていると言えるだろう。

ところで、ソーシャルメディアや掲示板などによる口コミが購買に与える影響力は、他のメディアと比べるとどうなのだろうか。

テレビや新聞・雑誌と比較した結果は次の図3のとおり。そこで著名人ブログ・Twitter、知人のブログ・Twitter、レビューサイトの口コミなどに分けて細かく聞いてみた。

図3

図3から見ると、数値が一番高かったのはレビューサイトであり、61.9%に達していた。それからはテレビ番組などであることが分る。レビューサイトは評論は大量に入っている。そして、ネットであるが、人々に自由に討論できるため、その評論は人々にとって、いい参考になれると思われる。買い物をするには、一番関心を持つのはやはり、その物を買ってからの感覚だと言えるだろう。レビューサイトでの情報は完全に正しいとは言えないが、一つの参考とし、人々の買い物にかかわれているだろうと思われる。そのため、現在には、わざと、評論を悪くするとか、高い評判を上げるとかなどの偽りが出てくる。売る側は自分の商売を拡大するには、不当な手段を選択した。それゆえ、ネットで騙されたケースも多いのは言うまでもない。これはネットメディアの第一番目のデメリットである。

以上から見ると、現代のメリットは、消費力を中心都市、展開しようとしている。購入者の意欲をそそることで消費力を引っ張るようなメリットがある。そして、その影響は大きいとは思う。図3のデータから分るように、買い物をするときには、ネットでの評論は買う側にとって、いい参考である。それは、自分がその物を買うか、買わないかにかかわっていることは否定できない。
そうしてみれば、ネットメディアは国家の消費力への影響は無視できないと思う。政府から国民まで、そのネットメディアをどのように利用すげばいいだろうかは現在の問題であると思う。調査の結果から分るように、ネットメディアにはデメリットがある。それは信用度が低いことは否定できない。ネットではもともと、自由に言論することができる。そして、実物が見えず、ただ文字や図などを見るだけである。それは、ネットメディアの欠陥でもある。本の物とは異なる評論、図などもネットで出ていることも多い。それゆえ、どのように知れば、その欠陥を改善するかは深刻な問題である。これからは、四の部分で、未来メディアの発展ぶりを想像したいと思う。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号