收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

要旨

中国では、『源氏物語』についての研究が已にたくさんあり、毎年、大量の『源氏物語』の研究論文と翻訳作がどんどん作られている。『源氏物語』全書は54部分があって、登場人物は百数人で、和歌も百数編ある。翻訳するのが一層難しいである。中国では、『源氏物語』の訳本はたくさんあるが、国内の専門家と研究者は一番多く使っているのは林文月氏と豊子ガイ氏の訳本である。本文は林と豊の研究に基づいて、具体的な例を挙げて、ふたつの訳本の翻訳スタイルについて比較し、分析していきたいと思う。

キーワード:源氏物語 翻訳スタイル 豊子ガイ 林文月

目次

 

はじめに……………………………………………………………………………5

一、訳者の背景と訳本の特徴の比較……………………………………………5

1、訳者の背景の比較………………………………………………………………5

2、訳本の特徴の比較………………………………………………………………6

3、訳文の比較………………………………………………………………………6

3・1、和歌の翻訳について……………………………………………………6

3・2、訳文の分析………………………………………………………………6

二、和文中訳の翻訳方法及び技巧…………………………………………………7

1、和文中訳の方法…………………………………………………………………7

1・1「直訳」と「意訳」………………………………………………………8

1・2「外字」、「外句」と「外習」……………………………………………8

2、和文中訳の技巧…………………………………………………………………8

三、中国語の言語習慣が翻訳に対して与える影響………………………………9

1.言語構造は翻訳に強く影響する………………………………………………9

2.中国人は「意訳」を好む文化・習慣を持つ…………………………………9

四、終わりに……………………………………………………………………10

参考文献…………………………………………………………………………11

謝辞………………………………………………………………………………11

 

 

 

 

はじめに

翻訳はひとつの言葉を別の言葉に変えるだけではなく、翻訳は再創造することともいえる。従って、相手国の文化背景を把握した上で翻訳しなければならない。翻訳の本質は中国語と日本語の間の意味を対応転換することであり、意味は文脈により決定されるので、文脈を理解することが翻訳の根本である。確かに多くの面で中国語と日本語の間には共通点があるが、両民族の意識形態と文化背景には大きな差異が存在しているため、それぞれの違う言語習慣及び表現方式なども無視することはできない。

 日本語の中国語訳作がたくさんある。そのうちに素晴らしいものもあれば、いい加減であるものもある。日中翻訳という作業には何か特別な技巧と難点があるのではないだろうかと、翻訳初心者である筆者には、好奇心と探究心が湧いてきた。優れた訳文を作るために、どうすればいいとか、どのような翻訳技巧を使用すればいいとか、何の難点を解決すればいいとかの疑問を持っているために、自らの日中翻訳の実践を通して、和文中訳の技巧と要点を考察してみたいと思う。先行研究をもとに、自らの翻訳実践を通して、日本語と中国語の言語特徴を分析して、日中翻訳の技巧をまとめ、日中翻訳の難点を明らかにしようと思う。

本研究で取り扱っている『源氏物語』は日本の物語文学の最高峰とも呼ばれ、普通の日本人でも読めない難しいである。翻訳するには、訳者にとってもっと努力しないといけないと思われる。

一、訳者の背景と訳本の特徴の比較

『源氏物語』は中国の古文と同じ、文法や言葉も現代文とずいぶん違っている。中国で相次いで10数点の翻訳本があるが、その中でも有名なのが豊子ガイ氏と林文月氏の翻訳である。

1、訳者の背景の比較

外国の作品を翻訳するには、訳者の個人的な経験、外国語のレベル、テキストスタイル及びオリジナルバージョンという原因で、翻訳のスタイル質にはかなり影響を与える。

豊子ガイは散文における造詣が深いである。青年時期に日本で旅行する時、日本語古文に深い興味があってきた。彼の散文は、きめ細かくて深みがあり、また、仏教思想の影響を受けていて、絵画や音楽、詩文にも通じていた。林文月は租界地で生まれ、日本語教育を启蒙教育として、また中国の古典にも深く研究していた。

林文月は「源氏物語」を中国語に訳した初めての女性訳者である。一方、林氏と豊氏は、訳者として、ほかの翻訳作もたくさんある。中国語の造詣は二人とも高く、独特な翻訳スタイルがある。豊氏は、素朴な文字、簡潔な言葉で書かれて、シンプルで理解しやすい。これに対して、林氏の作品には女性の繊細が溢れている。深刻な現代感と理性の美しさを示している。林文月氏の翻訳は豊子ガイ氏の後に行われたものであるが、豊子ガイ氏の翻訳を参考にしておらず、逆に独特のスタイルとなっている。

2、       訳本の特徴の比較

林文月氏の訳本は日本の小学館の1970年版の日本古典文学全集の『源氏物語』を定本としており、この『源氏物語』は現在の日本の権威的な研究者である阿部秋生、秋山虔、今井源衛の各教授が共同で校注・釈した最も信頼度の高いものである。林文月氏はこの小学館版を基に、さらに角川文庫の1972年版と与謝野晶子訳の「全訳源氏物語」、中央公論社の1969年版の谷崎潤一郎訳の「潤一郎新訳源氏物語」、新潮社の1972年版の円地文子訳の「源氏物語」、その他2種類の英訳本を参考として、5年半かけて何度も修正し、最終的な翻訳を完成させた。また林文月氏は女性翻訳者として、作者の紫式部の内面世界をより理解でき、使う言葉の選び方にもより細かく気を配り、訳文が一層高雅なものとなっている。

3、訳文の比較

3・1和歌の翻訳について

林、豊の訳文は最も明確な区別が和歌の翻訳である。『源氏物語』では、和歌の五七五七七という作り方である。豊の訳文では、七七と五五五五の形で翻訳している。それに対して、林の訳本は三つの文節セットという形で翻訳している。現在では、和歌、俳句の翻訳形式は主に「漢唐風」が流行っている。[1]このように、林は「独特な翻訳スタイル」で有名二なっている。豊の翻訳方は主流であり、本土の読者にとっては、理解しやすいである。二人とも、原作に忠実しながら、自分の特性を持って翻訳している。

3・2、訳文の分析

テキストの翻訳については、第四部分の『夕颜』を例として分析してみよう。

原文:たとしへなく静かなる夕べの空を眺めたまひて、奥の方は暗うものむつかしと、女は思ひたれば、端の簾を上げて添ひ臥したまへり。夕映えを見交はして、女も、かかるありさまを、思ひのほかにあやしき心地はしながら、よろづの嘆き忘れて、すこしうちとけゆく気色、いとらうたし。つと御かたはらに添ひ暮らして、物をいと恐ろしと思ひたるさま、若う心苦し。

 

丰译本:傍晚时分,源氏公子眺望着鸦雀无声的暮天。夕颜觉得室内太暗,阴森可怕,便走到廊上,把帘子卷起,在公子边躺下。两人互相注视被夕阳照红了的脸。夕颜觉得这种情景之奇特,出乎意外,便忘了一切忧思,渐渐地显出亲密信任之态,样子煞是可爱。她看到周围的情景,觉得非常胆怯,因此近日依附在公子身边,像一个天真烂漫的孩子,十分可怜。[2]

林译本:因为女的怕里头幽暗不好受,遂把帘子卷起一端。源氏之君随便地在里面躺着,仰望着天际无比安谧的暮色。两人的脸上都浴着夕阳光。女的对自己现今的处境有一种不可思议的感觉,却又逐渐忘却忧愁,天真地显出欢愉的样子。她整天紧紧地依偎着源氏,怯怯然若有所惧的样子,那模样儿看起来孩子气十足,惹人怜爱。[3]

 

原文と比較すると、林は「夕颜」を「女的」と呼んだ。原文の「女」から直訳して、豊は中国語の特徴に沿って、「夕颜」と翻訳した。そして、訳文は中国語の特徴を持って、中国の読者達にもっと読ませやすくなる。しかし、これについて林の訳文は原文に忠実しないと、読み手は「これは話す言葉であろう」と感じする。二つの訳本はこの文章を翻訳する時、言葉の選択の面でも各自の翻訳スタイルを反映することができる。例えば、「静かなる夕べの空」を翻訳する時に、豊の訳本は「鸦雀无声」、林の訳本は「安谧」と訳した。豊の訳文は直接で分かりやすく、林のほうは女性の柔らかさと細かさが溢れている。最後の「若う心苦し」の訳者がいかに翻訳したのをみよう。豊は「十分可怜」と翻訳し、中国語では「かわいそうである」という意味である。原文と離れて、豊の訳文は問題無いであるが、原文の意味は「いたわしい」である。そして、林の訳文「惹人怜爱」は適切に原文の意味を表し、「夕颜」の人間像も反映した。また、全文から見ると、林の訳文にはたくさんの語気助詞が使われている。そして、現代の中国語ともっと近くて、言葉は生き生きとしてる。

 

二、和文中訳の翻訳方法及び技巧

1、和文中訳の方法

1・1「直訳」と「意訳」

 翻訳の方法と言えば、大ざっぱに分けると、直訳と意訳の二種類に分けられる。『新明解国語辞典』によると、「直訳」は原文の一語一語を忠実に生かすようにして訳すことであり、また、その訳である。「意訳」は原文の一つ一つの語句に必ずしも拘らず、全体の意味が確実に取れるように訳すことであり、また、その訳である。この解釈から見れば、直訳は形式の一致を重んじ、それに対して、意訳は意思の正確伝達を重んじることが見られる。

1・2「外字」、「外句」と「外習」

また、翻訳学には、「外字」、「外句」、「外習」[4]という要素がある。自国の作品を他の言語に翻訳する時に、「新字」、「新句」、「新習」を生じて、これは翻訳の印である。具体的に言えば、自国の作品を外国語に翻訳する時に、外国語で表せない言葉、文化習慣を自国の特有の言葉と言語習慣に変えるということである。

『源氏物語』の例から見ると、林文月は原著に沿って「帖」を使っているが、豊子愷はこれを「回」と訳している。「帖」は日本の味わいを残しているが、「回」は中国人の習慣にさらに適応している。

というのは、豊は「意訳」の方法で翻訳している。一つ一つの言葉に拘らず、全体の文章を理解した上で、訳している。林は、「直訳」の方法で、原文に忠実して訳していた。

2、和文中訳の技巧

直訳と意訳とは実に厳復氏の翻訳標準の「信、達、雅」の三つの方面からの具体的に表れる。訳す時に、直訳と意訳と、どちらの訳す方法を選びか、原文のスタイルや特徴などで決めると思う。翻訳の技巧と言えば、加訳、簡訳、逆訳、変訳、分訳及び合訳である


[1]王晓平.日本汉文学与文化翻译——以论《源氏物语》诗为中心[J].天津师范大学学报(社会科学版),2013,01:46-52.

[2]丰子恺 . 我译《源氏物语》[J].1982.《名作欣赏》1982 年02 期 .P21

[3] [ 日 ] 紫式部 . 林文月译 .《源氏物语》. 译林出版社 .2011(本文为浙江科技学院科研基金项目结题论文,项目编号2011XJYB15。)

 

[4]王晓平.日本汉文学与文化翻译——以论《源氏物语》诗为中心[J].天津师范大学学报(社会科学版),2013,01:46-52.

 

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

 

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved.
  • 备案号:沪ICP备13024141号