日语论文网 论文范文 日语论文范文:村上文学における「癒し」について

日语论文范文:村上文学における「癒し」について

论村上文学中的“治愈”作用

摘要:本论文以现代日本治愈系狂潮为引子,提出了村上春树的治愈这一观点。其后,将这一观点一分为二,分成村上春树的自我治愈及社会治愈来进行分析研究。
本文的第2章则是以年表的形式对村上春树进行了介绍,并发掘起成为作家的理由。并以此为基准,对他的自我治愈进行分析研究。之后的章节名为村上小说的精神性。在这一章里本论文着重对其成名作《挪威森林》以现实主义的角度进行了分析研究。最后则以总结的形式对作家之后的作品提出了展望。

关键词:治愈系;自我治愈;社会治愈;村上春树

村上文学における「癒し」について

概 要

本論は現代日本の癒しブームから、癒しの村上春樹を提出する。そして、村上春樹の自分癒しと社会癒しという二つの論点を中心に分析し、研究する。第二章は年表で村上氏を紹介し、作家になった理由を見つける。その理由を村上春樹の自分癒しとして分析し、研究する。次は村上春樹の小説の精神性という章二移し、特に名作『ノルウェーの森』をリアリズムの小説として分析し、研究する。最後はまとめで村上氏の次の長編小説が 出るのを待ち望む。

キーワード:癒しブーム;カウンセリング;自分癒し;社会癒し;村上春樹

 

 

 

 

 

第一章  現代の癒しブームの現状

近年、いまだに,TV、新聞、雑誌などのメディア等において、「癒し」、または「癒しブーム」といった言葉を聞いたり読んだりする機会が多いような気がする。そして、これも現代の現象であると思うのだが、各ジャンルにおいて「癒し系」というカテゴリーが定着化されてきた感がある。初めは某TVCMで使用されていた音楽が「癒し系」の音楽と呼ばれたことに端を発していると思われるが、それ以前にもヒーリングミュージックとしてのカテゴリーに入っていた種類の音楽、例えば一部のクラシックなども新たに「癒し系」のカテゴリーの音楽として、認識されてきたのである。音楽のジャンルの中だけの話ではない。例をあげると、リラクゼーションやヒーリングを主な目的としたお香や入浴剤などの商品も「癒し系グッズ」としてカテゴリー化されたし、子供向けのキャラクターグッズやアイボを代表とした擬似ペットもその「癒し系グッズ」の中に入れられている。さらには、TV女優の中でも「癒し系女優」と呼ばれる人々が現れたほどだ。メディアの例のごとく簡単に物事に対してレッテルを貼り、それだけを毎日毎日注目して放送する。例えば、十六歳に満たない人が起こした犯罪を一様に少年犯罪と位置付けたり、いじめの問題が表面化すれば、以前は取り上げなかったようないじめの事件ばかりを取り上げて報道したりする。そのような種類のものもあると思うが、「癒し」というカテゴリーがあらゆるジャンルにおいて浸透しているのは確かである。また、その現象は「癒しブーム」という社会現象として捉えられているのである。
以前、というよりもつい最近の話ではあるが「心理学ブーム」というのがあった。日本において、精神分析、精神世界系も含めた本が売れ始めたのは八十年代のことである。「心理学ブーム」と種類を同じくする、「新興宗教」「自己啓発セミナー」などの言葉をよく聞くようになったのは九十年代に入ってからであると記憶している。全国の大学の心理学部の入試倍率が急激に上がったり、簡単な心理テストを主体とするテレビ番組が放送された

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.riyulunwen.com/fanwen/350.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

收缩