收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

论文题目:『吾輩は猫である』のユーモアや
風刺的な表現についての分析

《我是猫》的言语表现分析
[摘 要] 《我是猫》是夏目漱石的代表作。漱石在这部作品中,从猫的视角,观察、描写了苦沙弥及其周边人群的众生相,轻松地嘲讽了其时日本的社会腐败和各个阶层的陋习。阅读这部“讽刺文学之王”,读者时常会因其中语句之绝妙而忍俊不止。惊人的幽默、辛辣的讽刺、精彩的肖像描写,是这部小说的几大亮点。本论文共分四章,旨在分析该部小说的主要特色,即言语的幽默性、辛辣性,以及观察视角的独特性及新颖性。
[关键词]  讽刺;视角;表达;句子;肖像描写

『吾輩は猫である』のユーモアや
風刺的な表現についての分析
[要旨]『吾輩は猫である』は夏目漱石の代表作である。作品は猫の目線で、苦沙弥を中心としての人たちのことを書いた。風刺文学の王様として、その中で、ユーモアや風刺的な表現、また、人物の肖像の描写が素晴らしい、作品の見どころである。小説はそれを通して、人々を笑わせ、気楽の言葉で当時の日本社会の腐敗や各階級の弱さを批判した。夏目漱石は小説を通して、言いたいことを絶妙な言葉で書き出した。小論は四章を分けていた。第一章は序論で、二・三・四章は論述である。小論は小説の言葉の面白さ、辛辣な描写、また猫を主人公として、猫の目線から小説を展開するという新鮮さから『吾輩は猫である』を分析して見る。

[キーワード] 風刺;目線;表現;センテンス;肖像描写

目 次
第1章 夏目漱石と『吾輩は猫である』 1
1.1創作の切っ掛け 1
1.2『吾輩は猫である』のユーモアや風刺 2
第2章『吾輩は猫である』の肖像の描く 4
2.1肌 4
2.2顔 5
2.3鼻 6
第3章 意味の深いセンテンス 8
3.1尋常に見える文 8
3.2常識と違う句 11
3.3巧妙的な手法 13
第4章 特別な角度から――猫が語り手 16
4.1なぜ猫を語り手にするのか 16
4.2猫が語り手の構造的な意味 17
4.3猫が語り手の内容的な意味 18
結論 21
謝辞 22
参考文献 23

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号