收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

『万延元年のフットボール』の主人公の暴力傾向について

要旨:本稿では大江健三郎のノーベル賞を受賞した「万延元年のフットボール」をしぼって、主人公の暴力傾向を分析してみたいと思う。主人公根所兄弟の暴力傾向の共通点と相違点を分析することによって、万延元年の社会現状、人々の生活態度などを反映し、大江健三郎の精神状態をはっきりさせるのが本稿の目的である。
キーワード:積極的 消極的 暴力傾向 精神状態 批判

1.  はじめに
『万延元年のフットボール』は日本の優秀な作家の大江健三郎が1967年9月に発表した長編小説である。この小説は同年の第3期の谷崎潤一郎賞および1994年度のノーベル文学賞を受けた。万延元年はすなわち1860年である。その時の幕府は大砲の脅しに迫って米国と『日米親善条約』と『日米通商条約』を締結した。この事件をきっかけとして、幕府を倒す運動を誘発した。大江健三郎の故郷を含める日本各地は絶えず暴動が発生して、特に1866年の大瀬暴動は大江健三郎に深い印象を残した。小説の書いた時間は1967年で、ちょうど明治維新が百年に近い。日本政府は明治維新百年のために祝典活動を行うつもりであった。大江健三郎は批判の目でこれらの動態を見守って、百年の歴史事件と関係がある『万延元年のフットボール』を書いた。
中日両国では大江健三郎の『万延元年のフットボール』に関する研究する論文は多い。しかし、論文のテーマが明確に小説の人物を研究するのがとても少ない。中国では庞希雲のは『迈出泥坑的蜜三郎与走不出地狱的鹰四———〈万延元年的足球队〉的两个人物』という文章がある。まさに論文のテーマのように、大江健三郎の小説『万延元年のフットボール』の中の2人の主人公――根所蜜三郎と根所鹰四を検討した。その他に、楊春艶と湯継華の論文『回避与直面 悖逆与统一——解读〈万延元年足球队〉』は作品の中で苦しい立場の中での二人の主人公が思想上の反逆と統一を議論し、人物の精神世界に深く入り込んでいる。「私」(蜜三郎)の生命観は悲観的で虚無的である。それに対して、鹰四は生命に楽観的で積極的な態度を持っている。作品は蜜三郎と鹰四のこの二人の人物に対する如実な描写を通って、現代人の生存状態と彼らの内心の苦痛を示した。本稿は「万延元年のフットボール」をしぼって、主人公の暴力傾向を分析してみたいと思う。そして、主人公根所兄弟の暴力傾向の共通点と相違点を分析することによって、万延元年の社会現状、人々の生活態度などを反映し、大江健三郎の精神状態をはっきりさせようとする。

2.  作品の概略と位置づけ
『万延元年のフットボール』はノーベル文学賞受賞、大江健三郎の代表作である。日本近代100年を見事に結晶化した長篇である。この小説は日本の近代100年──その歩みの中の民衆の心を故郷の土俗的背景と遡行する歴史的展望においてとらえ、戦後世代の切実な「体験」を、文学的形象として見事に結晶化したのである。現代日本文学の可能性の極点を示す傑作だと褒められる。
『万延元年のフットボール』は大江健三郎の長編小説である。『群像』の1967年1月号から7月号にかけて連載され、同年9月に講談社から刊行された。現在は講談社文芸文庫から刊行されている。大江はこの小説を発表する当時が32歳で、同賞の最年少受賞でもある。また、1994年のノーベル文学賞の受賞理由において、代表作として名前が挙げられている。
物語は、「僕」が夜明け前、庭に掘った穴にパジャマのままで入るところから始まる。「僕」は、友人を自殺で失っている。友人は、頭と顔を朱色に塗り、肛門にキュウリを突っ込んで素っ裸で首を吊ったのであった。こんな具合に、それぞれに煩悶を抱えた様々な人間が登場する。
この小説の出場人物は友人の死に導かれ夜明けの穴にうずくまる「僕」と、地獄を所有し、安保闘争で傷ついた鷹四と、障害児を出産した菜採子など、苦渋に満たち登場人物たちである。彼らは四国の谷間の村をさして軽快に出発した。万延元年の村の一揆をなぞるように、神話の森に暴動が起る。幕末から現代につなぐ民衆の心をみごとに形象化し、戦後世代の切実な体験と希求を結実させた画期的長編である。

3.  根所兄弟の暴力傾向
3.1 鷹四の場合
大江健三郎の描いた鷹四は特別なイメージである。彼は強い意志を持って、情熱が胸にあふれている。彼はかつて学生運動の指導者で、国会議事堂の前の集合に参加したことがある。その後、革新政党の劇団に入って米国に行った。彼は自己意識を求め、自分に他人が理解してはいけない人生の軌道を設計した。
鷹四の暴力傾向は郷土文化を満たす原始の野性に表す。これは彼に非常に不思議な感化力を与えた。一方では彼は故郷に戻って四国の森に帰って新しい生活を始めるように蜜三郎を誘った。彼は青年の仲間から尊敬と崇拝を受けた。兄嫁の野菜子も鷹四の思想の感化と呼びかけのもとで面目を一新した。彼は谷間の若い人を励ましてサッカーチームを創立し、そして新型の暴動を画策した。それは村民と山地の住民をあおってスーパーマーケットの商品を略奪したの暴動である。
もう一方では、彼は暴力の傾向があった人格分裂者である。彼は死亡を恐れ、現実生活を直面する勇気がない臆病者である。少年時代、S兄の死体を見るのを免れるために、一生懸命あめをかんでガムシロップを口もとからあふれ出させない。しかし、数年来ずっと頭の中でS兄が踊るイメージを描いていた。彼と妹の近親相姦は、妹を妊娠させたが、それを認める勇気がない。妹は悲しみと孤立無援な中で、絶望に陥て自殺してしまった。このために鷹四はずっと巨大な心の負担を背負って、妹の死と自分の卑怯のためにずっと内心の苦痛をひどく受けていた。自分の人格の分裂をもたらした。彼の自白では「私を引き裂いた2種の力は1種は自分の暴力人格を弁護する欲求で、もう1種は自己を処罰する欲求である。それらは私の生命の中でまったく私を引き裂こうとする。」ということである。
鷹四は一方では絶えず生命の存在意義を求めて、学生を導いて安保闘争と戦って、英雄としての自己を実現した。もう一方では絶えず自らを壊し、米国でわざと性病を患い、裸になって雪の上の中で走った。そして、兄嫁の野菜子と近親相姦して、事故で死んだ山村の女の子を自分の強姦に遭って打ったと言った。これらのおかしな行為は全部彼を引き裂いた2つの力に支配されている。この2つの欲求は絶えず膨張して広げた。彼は異常な挙動を通して暴力欲求と罪感などをもらした。

3.2 蜜三郎の場合
蜜三郎は大江文学の中での暴力傾向のモデルである。彼はある日の朝、街頭を歩いて、極度に恐れて憤怒する小学生が投げてくる小石に右目に投げられて視力を喪失した。何度もよろめいた中で右片側の頭と顔は傷を受けて醜くなった。彼は自分で傷を受けて不具になるだけではなく、残疾の子の父でもある。これは自身の身体障害と残疾息子のため人生の苦痛を被ることと暗示した。しかも他人に排除される。そのため、友達が死んた後、赤ん坊の事を加えて、彼にささやかな暴力傾向をさせた。
根所蜜三郎は大江健三郎が工夫を凝らして作った「順受型」の人格のモデルである。第二次世界戦争後、山村から大都市へ来て成長し始める「思索型」の青年でもある。彼の思想はむなしく、消沈し、素直な性格を持っている。「順受型」の人として、生存の苦痛に面する時、彼がとった唯一の姿は何でも条件なく受け入れることである。極めて自己を壊滅する同時に、蜜三郎は世界に対して全く関心をもたない部外者の態度をとる。しかし、彼は全力を尽くしても、本当の自分がずっと死んでいない。絶えず彼の恥と罪の悪意を深ませて、最後に彼に恐れなく真相自身に直面させた。その新しい人生へ歩く過程は彼が勇敢に自分の人生の責任を引き受ける過程である。

3.3  両者の相違点
3.3.1 両者が似たところ
蜜三郎と鷹四はみな理想を持って、最後に理想を実現しない人である。これから、この二人の性格を具体的に分析してみよう。
たしかに、鷹四が歴史を安易に神話化し、現在

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号