日语论文网 论文范文 日语论文范文:『羅生門』の創作動機について

日语论文范文:『羅生門』の創作動機について

『羅生門』の創作動機について
要旨: 芥川竜之介はごく短い10数年で創作しながら、人間性を探求していた。彼は少年時代、家族のすることなすことから人間の利己性がぼんやりとわかってきた。そこで、芥川竜之介は歴史を舞台にして、小説の『羅生門』を書いた。小説の中で、各階層の人のイメージを形作り、様々な異なった角度から人生を掲示した。小説が創った召使いのイメージによって、人間性を探求するという芥川文学のテーマを確立した。では、『羅生門』を書く発端は具体的に何か。『羅生門』はいったい芥川文学に対して何の影響を及ぼすか。本稿はこれらの問題について検討してみたい。
キーワード: 創作動機 失恋事件 人間性 利己

第一章『羅生門』について
1.1『羅生門』の地位
『羅生門』は、芥川龍之介による初期の小説である。『今昔物語集』の「羅城門登上層見死人盗人語第十八」を題材にした短編小説である。羅生門とは、朱雀大路にある平安京の正門のことである。正しくは羅城門であるが、人間の生を意識してあえて『羅生門』にしたと考えられている。高校教科書などでも採用され、広く知名度がある。
「羅生門」には飢え死にをするべきか盗人になるべきかという命題が存在する。しかし、それは、しょせんは「こちら側の世界」に広がっている理想でしかない。たしかに平安朝には、貴族のたしなみや武家の訓は存在した。「あわれ」とか「ほこり」とかにつながるものだと思う。貴族か武家の世界の一番はじっこで恩恵を受けていたと思われる下人も、物語に登場したばかりのころは、べき論で身の振り方を考える。しかし、下人が直面したのは、理想ではなくて、命の現実でした。そんな下人が、櫓のなかに広がっていた「あちら側の世界」を垣間見て、自分も「あちら側の世界」の住人になって、櫓のなかから飛び出して夜の闇に消えていくというストーリーが絶妙である。
1.2『羅生門』のあらすじ
物語は平安時代に起こった。飢饉や辻風(竜巻)などの天変地異が打ち続き、都は衰微していた。そんなある時、荒廃した羅生門の下で若い下人が途方にくれていた。下人は数日前、仕えていた主人から解雇された。生活の糧を得る術も無い彼は、いっそこのまま盗賊になろうかと思いつめるが、どうしても「勇気」が出ない。そんな折、羅生門の2階に人の気配を感じた彼は、興味を覚えて上へ昇ってみた。楼閣の上には身寄りの無い遺体がいくつも捨てられていたが、その中に灯りが灯っている。老婆が松明を灯しながら、若い女の遺体から髪を引き抜いているのである。老婆の行為に激しい怒りを燃やした下人は刀を抜き、老婆に踊りかかった。老婆は、抜いた髪で鬘を作って売ろうとしていた、と自身の行いを説明する。それは自分が生きるための仕方の無い行いだ。この女にしたところで、生前に蛇の干物を干魚だと偽って売り歩いていた。それは、生きるために仕方が無く行った悪だ。だから自分が髪を抜いたとて、この女は許すであろうと言う。髪を抜く老婆に正義の心から怒りを燃やしていた下人だったが、老婆の言葉を聞いて、「勇気」が湧き出す。そして老婆を組み伏せて着物をはぎ取るや「己(おのれ)もそうしなければ、餓死をする体なのだ。」と言い残し、漆黒の闇の中へ消えていった。下人の行方は誰も知らない。
物語に登場したばかりの下人は途方にくれている。長く主人のもとでカタギに使えていた男のようである。さしあたり明日の暮らしをどうするかを考える。選択肢は飢え死にするか盗人になるかしかなかった。下人は頭では盗人になるほかないことが理解できる。しかし、盗人になると心に決めることができない。荒廃した京都の町と降りしきる雨が下人の感傷を深める。下人は使用人として暮らしていたカタギの世界の延長線上、いわば「こちら側の世界」の周縁にいるような気がした。合理的に考えれば「あちら側の世界」に踏み込むしかないとわかる。しかし、境界線を越えることができない。下人は、はしごから櫓のなかを恐る恐るのぞきこむ。そこには「あらち側の世界」が広がっていた。下人は櫓のなかに飛び込む。「あちら側の世界」の住人に変身して櫓のなかから飛び出してきた。
『羅生門』は境界を越えた瞬間の人間のうしろ姿を切り取った物語である。芥川龍之介が描いたのは、飢え死にするべきか否かとか、なにが善くてなにが悪いのかとか、人間はどうあるべきかなどという理想ではなくて、命の現実だと思う。
第二章『羅生門』の創作発端
2.1芥川の失敗した初恋
芥川の『羅生門』が発表する時、広く反応を得ていないが、彼は依然としてこの小説にたくさん注釈を付けた。その上、自分の第一部の小説集を『羅生門』と命名した。芥川は『その時の私』の中で、『羅生門』の創作動機に対して、次の通り説明した。「自分が半年前の恋愛問題の影響のため、一人であるたびに、いつも気持ちが沈んでいる。現状の中から抜け出してくるために楽しい小説を書きたい。そこで、『今昔物語』の中に材料をとって、この小説を書いた。しかし、発表のは『羅生門』だけで、『鼻』はただ半分だけを書いた。」①ここから、『羅生門』が芥川のいわゆる「恋愛問題」と密接な関係を持っていことと私たちは分かった。それが失恋の影響のもとで発生したと言ってもよい。では、芥川の「初恋」と「失恋」に少しさかのぼりに行く。
芥川の最初な恋人は吉田弥生と呼ぶ。吉田弥生はきれいで、しかも文才がある。その時、「世にも珍しい才女」と誉められた。弥生は平民の出身で、江戸文化の血筋を持つ。これは古い息を信仰する芥川の家族とは相容れない。芥川の家族から見ると、弥生は別の世界の女性みたいである。芥川は弥生に接触し始めたのは大正3年である。当年の5月29日、芥川は親友の恒藤恭に書いた手紙の中で、「弥生に期待できないが夢みたいな恋が生まれた」と書いてある。これはただ空想の愛である。それでも、芥川は依然として火のような情熱で、「期待できないが夢みたい」な愛を実現させたい。でも、生活は彼の試練に対してはここから始まっている。この秋、芥川が何もわからない情況の下で、弥生は家長の仲立ちを通じて、他の男の人と婚約を決めた。そこで、芥川の「平凡」な恋愛は失敗な危機に直面した。彼はどうしても選択をしなければならない。一方では、現実に屈して、弥生に対する愛をあきらめる。もう一方では、現実に直面して愛を行動に転換させる。
しかし、前述のように、弥生は新興資産階級な女性で、芥川の家族にとって、彼女は別の世界の人のようである。芥川の恋愛はまず家族の反対に遭った。「家の人にプロポーズの考えを打ち明けた後、激烈な反対を受けた。おばさんが夜じゅう泣いていて、私もまた夜じゅう泣いていた。翌日の朝、私は気持ち悪くあの考えを切ると表した。それ以後、楽しくない気持ちが永い間続けていた」②養子としての芥川は家族と論争したチャンスを得たが、激化の反対の結果で痛ましく敗けてしまった。ここから、芥川の論争はとても弱々しく力がないとわかった。要するに、彼は弥生を娶るために行動をとったが、消極的だと言える。なぜかというと、芥川の恋愛に最も激しく反対するのは、ちょうど彼が最も好きなおばさんである。おばさんの心を傷つけない考慮で、芥川は愛への追求をあきらめた。
2.2芥川の「利己主義」
初恋の失敗は、芥川に深く人生を反省させない。彼はただ果てしない憂鬱を感じている。彼は大正4年2月の恒藤への手紙の中で、「楽しくない日がずっと今日まで過ごしている。多くの返すべきな郵便物が机の上に積み上げる。これはあの事後に書いた初めの手紙である。私の周囲はすべて醜い。私自身も醜い。
明らかにこの手紙は芥川の思想が変化したことを反映した。手紙の中でこう書いてある。「私は利己主義の愛を抜け出すかどうかを疑っている。茫然としていて、寂しい」である。この手紙の中で、芥川は愛の中の利己主義を見た。「周囲が醜い、自分でも醜い」この社会と倫理に対する抽象的な認識を生んだ。芥川は失恋の実感を世界観の高度に昇華させ、そして「利己主義」でそれを表し出した。これは芥川がその時の社会に対する認識である。芥川は「周囲が醜い、自分でも醜い」と認識したが、「周囲の醜さ」と彼はまず感じたと指摘すべきである。芥川は家の面目を守る。しかし、彼の弥生への初恋は家庭の激烈な反対の下で失敗したのである。まさにこの「家」の中で、彼が最も好きな人の中で、彼は「利己主義」を発見した。
しかし、芥川が利己主義への認識は不自然である。彼が深くその時の社会を理解することができないし、社会の対立が見えないためである。彼はただこのような認識で自分が行動の上での惨敗を補うだけである。「精神聖者」のプライドを守るだけである。この点は芥川が恒藤への手紙の中で知ることができる。彼は「私は、迷い霧を押しのけて新しいものをちょっと見たいと感じる。しかし、不幸なことに、その新しい国家の中でも醜い。私は醜いものを祝福する。なぜかというと、醜いものがあるからこそ、私が持った美しいもの、人が持った美しいものが見られるからである。
芥川は失恋の体験から、社会に新しい認識を生んだ。彼を絶望にに陥らせた失恋の苦痛は、自分に理想化させた武器になった。ここから、芥川が内心に隠れて現れない怒りが私達は見られる。このような芥川の心内の怒りは、彼が「近代の生活」を求め、新しい作品を創作し始める源となった。そこで、彼はちょっと暗い色のある情熱から、積極的な創作欲求を生んだ。彼が世の中に悟ったことをテーマにして、『羅生門』、『仙人』、『鼻』などの作品は次々と発表された。

三、『羅生門』が芥川文学への影響
『羅生門』は平安時代のある召使いの心理の変わりを通じて、利己主義に対して深く掘り起こす。この時の召使いは、まさにその時の

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.riyulunwen.com/fanwen/337.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

收缩