收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

目  次

摘要……………………………………………………………………………………………1
关键词…………………………………………………………………………………………1
要旨………………………………………………………………………………………1
キーワード…………………………………………………………………………………1
はじめに………………………………………………………………………………1
一、幸福の見方…………………………………………………………1
(一)一般的な見方…………………………………………………………………………1
(二)森鴎外の定義……………………………………………………………………………1
二、森鴎外の幸福感………………………………………………………………2
(一)積極的な満足感………………………………………………………………………2
(二)悩みがない……………………………………………………………………3
(三)いい心境を保つ………………………………………………………………4
(四)欲がない…………………………………………………………………………………4
終わりに………………………………………………………………………………………5
注①②③………………………………………………………………………………………6
付記(致谢)………………………………………………………………………6
参考文献………………………………………………………………………………………6

 

 

 

 

 
从高濑舟来看森鸥外的幸福观

摘要:幸福是人的一生都不断的追求。但是幸福是什么呢?幸福是满足感吗?谁的心中都有自己的幸福的定义。我通过研究森鸥外的《高濑舟》这一部小说的人们的不满的原因,对森鸥外的幸福观有了一些了解。他的幸福观是积极的满足.没有烦恼.保持好的心境没有欲望。生活中难免会有起伏,对我们在这些普通人来说也有成功的时候也有失败的时候。失败也好成功也好像喜助那样每天保持乐观的心境就能感到幸福。
关键词:森鸥外.幸福观.喜助。

「高瀬舟」からの森鴎外の幸福観

要旨:幸福というものは人生の一生の追求である。では幸福はなにか、幸福は満足感であるか、誰でも自分の心の中には自分の幸福観の定義を出した。私は森鴎外の「高瀬舟」という小説を通して人々の不満感が起きたの原因を研究し森鴎外の幸福観を少し理解した。これは積極的な満足、悩みがない、いい心境を保つ、欲がないこと。生活のなかにはよく波があるから、われわれの普通の人とは、成功の時があるが失敗の時もある。失敗しても、成功しても、喜助のように毎日楽観的な心境をた保てば、幸福と感じられると思う。
キーワード森鴎外、幸福観、喜助

はじめに
一、幸福の見方

(一)一般的な見方
幸福とは何か、人生の一生の追求はどういう形で社会に認められるのか、これはわれわれ大学生、或いは世界の人々が探しつづけている話題である。現代人はお金のために、また生活の圧力の下に心の中がもう迷っている。既に何のために生きているのかを忘れている。幸福はおろか、満足感が感じられないかもしれない。なぜこういう思想が起こったのか、なぜ物質が豊かになりつつあるの現代で、人々が幸福と感じられないのか、私は森鴎外の「高瀬舟」という小説を通して人々の不満感が起きたの原因を少し研究したい。また研究しながらわれわれ現代人と比較して、江戸時代の社会背景も少し理解するようになった。このときの人々の思想も理解した。現代人と比較して、役に立つように現代人の不幸福感を脱したい。

(二)森鴎外の定義
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小船である。森鴎外は高瀬舟に載っている喜助と荘兵衛の間の対話および二人の関係を通して、その時の人間の生き方と厳しい状況をしみじみと描いた。
自分の弟を殺すことを余儀なくされた喜助は、裁判で遠島を申し渡されることになった。役人の荘兵衛はそばで保護することになって、同心と呼ばれている。
これは罪人の話であるが、喜助は特別な罪人として注目された。
これは森鴎外の価値観を表している。罪人としての喜助は荘兵衛にいやがられなくて、逆に尊敬されている。鴎外は喜助という罪人を中心として尊い精神を見る。彼は荘兵衛を自分の影として、喜助に対して同情を感じなから羨やんでいる。喜助は遠島になりながら喜んでいる気持ちを持って、役人の荘兵衛にはどうにもかんがえられない。
「江戸時代では遠島を申し渡された罪人は、もちろん重い科を犯したものと認められた人ではあるが、けして盗みをするために、人を殺し火を放ったというような獰悪な人物か多数を占めていたわけではない。過半の人はいわゆる心得違いのために思わぬ科を犯した人であった。」注① 喜助は自分の弟を殺したが、この時、弟を苦しみから救ってやろうと思って命を絶った。殺したのは罪に相違ないが弟を苦から救うためであったと思うと、そこに疑いが生じた。なんといっても誤解されたような感じがした。
でも喜助は何の文句もなくて、よろこんでいる。荘兵衛は納得できない。
喜助は貧しい生活に満足している。荘兵衛は豊かな生活をしているが不満があるから幸せになれない。森鴎外はその積極的な生活思想を教えようとして、私たちにこの小説を書いた。つまり幸福はいったい何か。現代人の私たちにどのようにおしえてくれるか。貧しい人としても、牢に入れられても「何事をせずに食べさせて戴きます」注② と思ってお上に感謝し済まないという気持ちを持って、幸福を感じる。これは森鴎外の率直の感想だと思う。森鴎外は「その日は暮れ方から風がやんで、空一面をおおった薄い雲が月の輪郭をかすませ、ようよう近寄って来る夏の暖かさが両岸の土からも川床のさからも、もやになってたちのぼるかと思われる夜であった」注③ と書いた美しい景色を通して、全文の基調を打ち立てた。
これはただ普通の罪人の話ではない。罪人の心の中にはきっと美しいものがあるからこそ、この美しい景色がふさわしいと森鴎外はそう思っているかもしれない。
二、森鴎外の幸福感
幸福とは何か、森鴎外は詳しく説明しなかったが、喜助を通して簡単に述べた。これは積極的な満足、悩むことがない、いい気持ちを保ち欲がなくて足ることを知ることである。
(一)積極的な満足感
まず一番重要なのは積極的な満足である。自分は自分の運命を変えないなら積極的に運命をあわせるように努力したほうがいいと思う。荘兵衛は「平生人には吝嗇と言われるほどの倹約なせいかつをして、衣類は自分が役目のためにきるもののほか寝巻しかこしらえぬくらいにしている」注④ それは女房が内証で里から金を持ってきって帳尻をあわせるほどの貧しさ。しかし喜助と比べると贅沢な生活をしている。荘兵衛の生活には積極的な満足がなく、喜助の悲惨な運命や卑屈な精神との比較を必要とするほど、惨めで貧弱である。出世主義的な欲望にはきりがなく、絶えず不満が生まれる。役人としての荘兵衛は初老に手の届く年になっていたが、扶持米が足りなくて時々借金で暮らすのは恥ずかしいと思っている。男であるから自分の家庭を保護すべきだが、里から保護されるということは一生の恥である。しかし自分が現在に満足しており、多くを望まないことを示すことが森鴎外の一貫した処世術だと思う。喜助を自分の影としての森鴎外は、どんな困難があっても積極的な満足があればいい結果になる、と思っている。もう一歩自分の理論を証明するために、喜助を羨む荘兵衛の反省を通して詳しく述べた。「荘兵衛はただ漠然と人の一生というようなことを思ってみた.人は身に病がなかったらと思うその日その日の食がないとたべってゆかれたらと思う。万一の時に備えるたくわえがないと少しでもたくわえがあったらとおもう。たくわえがあってもまたそのたくわえがもっと多かったらと思う。かくのごとくに先から先へと考えてみれば人はどこまで行って踏み止って見せてくれるのがこのきすけだと荘兵衛はきがついた。」注⑤ 人生は苦労に満ちているし、面倒な問題を避けることなどできない。しかし病がなかったら、食えていけば、貯蓄があれば、つまらないと思わないか。普通にはグチといわれる不満が人生の主な悩みで、こんな不満さえなければ幸福になれるとは、何と安楽で不毛な生活であろう。病や食えないことがあればこそ、病がなければ、食う物があれば、という空想にとどまっていることはできない。生活に満足を感じることができる。人生は困難に満ちている。その困難の中で生まれる人は、この困難を積極的に取り除くこうと努力すれば、生活の甘さ苦しさが味われる。これは一番の幸福だと思う。
(二)悩みがない
悩みがないこと。困難に満ちている人間は、生活の甘さ苦しさを味わって、幸福と感じるのはわずかであるから、喜助のことからもう一つの鴎外の幸福観が見られるーーー悩みがないことである。自分の弟を殺す喜助までも弟をなくしてから一人ぼちになっていて悩むことがない、ただ遠島を申し渡されることを待つしかないから「遊山船」にでも乗ったような顔をしている。喜助は自分の弟を殺すべきかということは抜きにして、回りの“面倒”な人や悩むことが取り除かれて、静かになって、当時の森鴎外にとって幸せなことと思う。静かになることだけではなく、喜助にとってたくさんの金ももらえる。この二百文を使わずに持っていることができると言うことが、いつものように右から左へ人手に渡すことより幸せなことだと思っている。そう思うと、喜助はついに「顔が縦から見ても横から見てもいかにも楽し

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号