收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

中日女性の就職観の比較
――大学女子卒業生を中心に
要旨: 女性の就業は、自分の価値を実現する方式である。ある程度では、女性の社会地位の変化を反映する。中日両国の女性の就業の状況を比べて、主に大学女子卒業生の就職情勢を分析することによって、彼女たちの異なった就業観を見ることができる。そして、就職観の異なりから両国女性の社会地位の相違を探求してみる。さらに、この相違を引き出す原因を追及する。この小論が中日両国の家庭教育、社会制度などのことに触れたので、両国の学習者にお互いの文化を理解するのは役立てばと思う。
キーワード: 就職観  社会地位  教育方式  少子化  晩婚化
摘要:女性就业,是实现自我价值的方式,也在一定程度上折射出女性社会地位的变化。对日本和中国两国的女性的就业情况做比较,主要是女大学毕业生的就业形势做分析,可以看出她们不同的就业观指向。然后从就业观的不同来探讨两国女性的社会地位的差异,从而追究导致这种差异的深层的原因。本小论涉及了中日两国的家庭教育、社会制度等方面,希望能对两国的学习者更好地理解对方的文化起到些许的帮助。
关键词:就业观  社会地位  教育方式  少子化  晚婚化

第一章 日中の女子大卒の就職観
1.1 日本の女子大卒の就職観
バブル崩壊から15 年以上経過した現在、女性の意識はどのように変わり、結婚、出産、就労継続、再就職に関してどのような行動をとったかについて、東洋英和女学院大学の卒業生へのアンケート調査2(以後英和生へのアンケートと呼ぶ)をもとに、それらの行動をとった要因を分析・検証したい。
英和生へのアンケートであるから、回答者は全員女性であり、1992 年から2006 年に卒業した学生が対象であるから、直近の過去14 年程度の人の調査結果である。本学の学生の場合、卒業後に就職経験の皆無の人は2.0%(有効回答のうち 実数15/270)にすぎないため今後の分析では、就職未経験者は省くことにする。有効回答745 人である。この中で、86.1%が、卒業後すぐに就職しており、進学は 5.0%、その他は、資格修得やアルバイトなどで過ごした後の就職である。
では、これら就職した学生は、学生時代どのような意識を持っているのだろうか。アンケートは、卒業生が過去を振り返って、その当時の意識を思い出し記述しているので、ずれが生じていることを注意しなければならい。入学時に54.8%が、結婚や出産を機に辞めると考えており、卒業時も58.9%が、辞めると考えており、そのうち44.0%は、意識を変えていないことがわかった。また、就職に対して何も考えていなかった学生が、必ずしも働き続けることを選択するわけではない。本学は、社会科学を学ぶ学部であるが、大学での教育の結果、教養が高まることは別として、就職は、結婚または出産までの一時期のためと考えていることがわかる。これを、2000 年以前の卒業生(1992~2000 年までの隔年 サンプル数321)と2002 年以降(2002,2004,2006 年サンプル数424)の卒業生に分けてみる。分割したのは、失業率が、増加から減少に転じた時点である。入学の時点で仕事を辞めると意識した人が卒業時点の意識として、仕事を継続したいと考える人の割合が増えている一方、入学当初仕事を継続したいと意識していた人たちは、仕事を辞める意識に代わっている。構造に変化があったのかはこれだけでは不明である。
要するに、日本の女子卒業生はその就業状況を調べた結果、多数は就業中と専業主婦である。戦後、女性は、よき伴侶を見つけ結婚し、専業主婦で子育てをするのが理想とされてきた1。しかし、女性の就業機会も増え、独身で仕事中心の生活を望むケースが増え、婚姻率は下がった。女性の社会進出が望ましいとの風潮がおしよせ、結婚をとるか仕事をとるかライフコースの選択は多様化した。一方、高度経済成長期には、大半の男性が、卒業後定年まで同一会社で勤め上げたが、バブル崩壊とともに定年を待たずにリストラされるケースが多発し、専業主婦であることへの不安が一層増した。また、「パラサイトシングル」と呼ばれる優雅に独身を謳歌した女性たちが出現したが、バブル崩壊とともに、高齢の親を抱え結婚できない場合も増え、結婚しにくい状況は変わっていない。

1.2 中国の女子大卒の就職観
中国では、男の子であっても、女の子であっても、就職に対する態度が大体同じである。それは、自分の価値を実現するために仕事しなければならない。これはたぶん中国の伝統的な就職観の影響を受けるかもしれない。
中国人は仕事のことを『飯椀』と言う。つまり「飯を食うため」のものである。仕事を食事にたとえることは、人間が仕事をする最大の目的をあらわした表現と言えるかもしれないが、多くの中国人は仕事の目的がこのような低レベルにとどまることに満足したくないと考える。なぜなら、中国の伝統的な価値観が、このような仕事観を強く否定するからである。
中国は、政権が変わろうが、時代が変わろうが、知識人が国民の意識をコントロールする体質は変わっていない。知識人によって築き上げられた中国の伝統文化は、高い志を掲げることに価値観を見い出し、この価値観こそが、中国人の仕事観にさまざまな影響を与えているのである。
では、中国人の高い志とはいったいどのようなものであろうか?一つは、人を治める地位を手に入れることである。
中国人は皆トップ意識が強く、中国人は人に指図されてコツコツ働くことはつまらないと考える。権力で人を動かすことが理想の仕事と考える。しかし中国人は、経営者や管理職を目指し努力するタイプが多いかわりに、地味な仕事をコツコツとやる人が少ない。平凡な仕事、平凡な職業は嫌がられる。
もう一つは体面を保てる仕事である。管理職以外で体面を保てる仕事とは、その仕事が社会的地域が高く、羨望の的になる職業のことである。
体面の得られる仕事とは、以前は官僚であった。政権がどれだけ変わっても、官僚こそが権力と社会的地位を手に入れることができる、もっとも体面のある職業であった。この考えは今なお健在であるが、若い世代はITエンジニアなどに憧れ、政治的な職業にはあまり興味がない。

第二章 就職観から見た社会地位
2.1 日本女性の就職観の変化から見た社会地位
女性が自ら(狭義の)社会的に高い地位につくことを積極的に追求するようにするには、失敗時に取らなくてはいけない責任を小さくすることが求められる。失敗時に、その責任を上下左右の隣接する地位の成員へと分散させること、責任を周囲との連帯責任とすることで、本人の取らなくてはいけない責任を軽くすることが必要である。このように、責任分散がはかられた状態で女性が高い地位を目指すのは、女性の本来的な性向に照らし合わせて自然なことである。その際は、女性が高い地位につくことが、女性解放の度合いを示す指標とし得る。
日本の職場(生産する場、賃金を稼ぐ場)が男性中心であって、そこへの女性の進出が進まないのは、女性の高い地位につくことを避ける性向以外にも理由がある。それは、そこが、男性の自尊

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号