收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

中日茶道の中の仏教要素から茶道文化の伝承を見る
はじめに
茶文化は東方民族文明の象徴である。中日両国では、豊かな茶文化を持っている。その発展の過程で、他の文化から大きな影響を受けた。特に仏教思想の影響は見落としてはいけないのである。中国の古代に、例えば、唐の時代に、茶文化の発展は仏教の繁栄と密接な関係を持ったと言える。物質生活が豊かになったことや精神文化が進んだことで、中国の茶道は一大の「芸」になった。
中国の茶は大体八世紀に日本に伝えられた。日本の茶道は中国の『茶経』や中国の茶文化の影響を受けながら、成立してきたものである。中日茶文化の交流は早期にその担い手が主に僧侶である。ある意味で、茶文化の交流は宗教(主に仏教)の交流のもとで行われたと言える。唐、宋、明の時代を経て、十六世紀に、日本ではやっと独特な茶道が生じた。いうまでもなく、仏教からの思想や意識などが茶道にとけこんだ。仏教思想が茶道の進歩や発展を進めたのは明らかなことである。そういう方面の研究はずっと学者の注目を引いている。先行研究者はたとえば、金翰钧(「禅と日本茶道」)、千宗旦(「茶禅同一位」)などは、茶文化における宗教の要素を詳しく研究した。
本稿は中日両国の茶道における仏教要素の分析を行っている。中日両国の茶道の発展過程を紹介する。また、中日の茶道における仏教思想を分析する。それから、中日の茶道における仏教思想の比較を行う。

第一章 中日茶道の発展
周の時代に、お茶を飲む風習が生じ、その後、だんだん発展していった。その時、茶の葉が主な食用の野菜とされていた。庶民だけでなく、貴族にも好まれていた。魏晋南北朝の時代は、お茶が重要な物質文化としてなり始めた時期である。この時期において、文人には、お茶は欠かせないものと言えるのである。重要な文化として、清淡な風習から玄学というものが現れた。玄学は、儒、道、仏という三つの思想を融合させたものである。この頃から、玄学に夢中になった文人たちは、お茶を好み、茶事を描いた詩文をたくさん創作してきた。そのため、お茶は、文化的な雰囲気を持ち始めるようになった。①
唐の時代は、魏晋南北朝の時代に形成した中国茶文化の成熟した時期である。この頃、お茶を飲む風習が全国的に広がっていた。なぜかというと、仏教の繁栄が大いに関わっていると言える。お茶が禅宗と密接な関係にあるからこそ、文人たちは、お茶を飲みながら、禅の精神を追求するのである。また、宋の時代になると、茶の葉の生産が大いに増え、お茶を飲む風習も盛んになった。茶文化の発展につれて、明清の時代の茶人たちによって、茶芸は最高の境地に達したのである。
日本では、遣唐使が往来していた奈良・平安時代に、最澄、空海、永忠などの留学僧が、唐よりお茶の種を持ち帰った。お茶はだんだん貴族や僧侶の好きな飲料になった。それに、多くの茶園も出てきた。それがお茶の始まりと言われている。平安初期、日本茶の喫茶に関する最初の記述も現れた。このころのお茶は非常に貴重だから、口にすることができた人は僧侶や貴族階級などに限られた。
鎌倉初期に栄西禅師が宋から帰国した際、日本にお茶を持ち帰った。栄西は、お茶の効用からお茶の製法などについての『喫茶養生記』を書き上げた。これは、日本の最初の本格的なお茶に関連した書籍といわれている。日本の茶祖と認められている。かれは茶道の起こりを促した。15世紀後半から16世紀後半にかけて、村田珠光、武野紹鴎、千利休などによって、新しいお茶の儀式を作ってきた。そして、日本の豊臣秀吉の時代に、千利休は日本の茶道の高僧になった。やっと「茶道」の旗を上げて、そして、茶道の「和、敬、清、寂」と呼ばれる四つの規範をまとめた。それは日本茶道の最も重要な思想理念である。これらの茶人の努力のおかげで、茶道は日本文化の代表的なものになった。

第二章 中国茶道における宗教思想
3000年ほどの長い歴史において、中国の伝統的な精神文化は基本的に儒、仏、道という三つの宗教に深い影響を受けて、形成した。これらの宗教思想は同様に茶文化の発展やその方向にも大きな影響を与えたのである。見おとしてはいけないのは、仏教と茶文化との深い関わりを十分に理解することが、中国の茶文化を研究するには、重要なことである。特別なことに、仏教の僧侶たちはお茶を利用して修行につとめた。それは、お茶を通じて思想を静め、心身をきよめようとしたからであった。
儒教の思想は中国古代社会を支える主な柱と言え、社会のさまざまな領域に深く影響を及ぼした。その影響の深さというと、もう仏教を遥かに超えていたのである。長い間、仏教の思想は中国において日常生活に融合し、生活の細かいところにわたって、浸透している。仏教の思想と違い、儒学の人生に関する基本的な態度は「入世楽生」である。儒学では、「茶礼」は、人間関係の礼を明らかにする手段として使われていた。儒学のおかげで、茶礼は「家礼」と融合した。冠婚葬祭や接客などの時には、お茶は必要で欠いてはいけないものになった。儒教の思想は中国諸家思想の綱領であり、茶道思想の主体でもある。ご周知のように、儒教の思想は世界をえこひいきなく取り扱った態度を唱えている。これは「和」と言え、間違いなく中国茶文化の髄である。中国茶文化の哲学基礎と言われている。中国では、儒家の“中庸”と“仁礼”を茶道に導入して、お茶を飲む時、思想を交流したり、調和の雰囲気を創造したりして、よい方向に人間関係を進めることを主張する。お茶を飲む過程で、自己を調べて、自己のことを反省して、自分と世界の関係を客観的に認識する。内省して、また理解することを強めて、調和を促して、友好を増強させる。「中庸の道」は儒学の基本的な精神の一つである。儒学において、中国人の民族的性格をどのように見ているのかというと、冷静、理性、平和のことである。それはお茶の特性と同じであるということである。儒学の思想から影響を受けながら、だんだん中国の茶文化が形成するようになった。

第三章  平安時代における仏教の思想を受ける日本茶道
日本歴史では、最初に、中国の唐の団茶法の影響を受けた時期は平安時代である。また、中国の宋の抹茶法の影響を受けた時期は古代の鎌倉、室町、安土桃山時代である。
日本茶道は、中国の仏教の禅という思想に影響されて形成した。十六世紀、千利休大師は、禅学を日本茶道の中に導入し、禅の礼法を取り入れ、「侘び」すなわち質素で落ち着いた心を研究した。その時から、「和」、「敬」「清」、「寂」を提唱し、現代の日本茶道を創造した。茶道は、仏教、道教、儒教などを一体化にし、独特な精神文化を作ってきた。また、形式からいえば、いろいろな生活芸術を統一させている。
日本茶道という芸術は、その思想の背景が仏教であり、その思想の核心が「禅」そのものである。茶を喫するという相当な日常茶飯の行為を通じて、他界的な世界へ超脱することを意図し、禅的な宗教内容を主体とする新たな宗教形式である。茶事を行なう茶室に入り、味わうものがお茶のおいしさのみならず、庭園の枯山水、茶室の飾り、茶花の生け方、道具の選び方、客を招待する作法及び茶事に現われた客を招待する心などである。茶事に係わる各方面では、強調された究極の自然調和が最も重要である。また、その究極の自然調和は禅という宗教の最もな要旨である。それで、宗教は茶道において第一義的で主体的な要素といえるのである。だから、茶道の存在意義の根源はどこにあるかというと、最も明瞭な定義は「茶道は禅の化身である」②ということだろう。
茶と禅は別々に存在するものの、茶は禅なしに成り立たず、禅も茶なしに成り立たなかったのである。禅院では、禅の修行僧の生活、行動を細かく規定している「清規」と呼ばれる生活規則があり、そのような清規が現在の茶道の点前に大きな影響を与えたと言われている。では、これほど茶道に影響を与え、またそれと共存し続けているその禅の精神とはどのようなものだろうか。禅の中にある根本的な精神は、「一切の形あるものの否定」と言われている。③ここにお茶との関わりが生まれてきた。同様に、茶道はその精神が、「無我」である。茶道のこういう精神は本質的に言えば、「宗教のインカーネーション」である。この場合の宗教は仏教のことを指し、とりわけ「禅」のことを意味する。禅という宗教またその精神が、この現世に具現化され、あらゆる人が禅の精神に触れることができる。それは、茶道に禅が受肉したことを示している。これらのことが、茶と禅とを切っても切れない関係づけているのである。
第四章 仏教から受けた要素についての比較
第一節  中日の茶文化の相違点
ご周知のように、中日の茶文化に明らかな相違点がある。ここでは、いくつかの点を分析していきたいと思う。中国の茶文化はその始めから精神を重んじて、形式を軽んじたと言える。茶道の内容と精神で、中日の茶文化の主な違いは正に「道」にあるだろう。「実用」から「精神文化」になったことと「精神文化」から「実用」になったこと、葉状の茶と粉末の茶のこと、そして「品」を重じることと「過程」を重じること、これらの相違はそれぞれ中日の茶文化を特徴づけていると思われる。
また、中日茶道の起源も異なると言える。中国において、はじめてお茶を飲んだ人は、神農氏であると言われている。もう5000年前のことである。唐代は、魏晋南北朝の時代に形成した茶文化を成熟させた時期である。それに対して、日本茶道は、深く中国の仏教の禅に影響されて形成した。唐の時代から、中国の喫茶の風習が日本へ伝わった。大体宋の時代から、日本は、茶を植え、茶の葉の製作を始めた。長い間の発展を経て、明の時代に日本の独特な茶道がやっと生じたのである。

第二節  仏教思想の違いの比較
中国の茶文化は長い発展の過程で、儒、仏、道の真髄を吸収して、「中庸」、「禅と茶の合一」、「天人合一」を強調して、自分の独特な文化精神を持つようになった。中国の文化は「儒、道が互いに補い合う」という思想がある。儒家の「中庸」という調和の取れた観念や道家の「無為自然」の思想は中国の茶文化に大きな影響を与えている。そのため、中国の茶文化は天然美を崇め、尊んで、日本のように厳格な儀式をあまり重視せず、広

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号