收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

村上春樹『風の歌を聴け』の表現特性について

序章  課題設定の理由
村上春樹の処女作品である『風の歌を聴け』は、に群像新人文学賞を受賞した作品である。その選考にあたった吉行淳之介氏は、この作品について

これまでわが国の若者の文学では、「二十歳(とか、十七歳)の周囲」というような作品がたびたび書かれてきたが、そのようなものとして読んでみれば、出色である。乾いた軽快な感じの底に、内面に向ける眼があり、主人公はそういう眼をすぐ外に向けてノンシャランな態度を取ってみせる。そのところを厭味にならずに伝えているのは、したたかな芸である。
と言っている。また、同じように選考にあたった丸谷才一氏は、
村上春樹さんの『風の歌を聴け』は現代アメリカ小説の強い影響の下に出来上がったものです。カート・ヴォガネットとか、ブローティガンとか、そのへんの作風を非常に熱心に学んでいる。その勉強ぶりは大変なもので、よほどの才能の持ち主でなければこれだけ学び取ることはできません。昔ふうのリアリズム小説から抜け出そうとして抜け出せないのは、今の日本の小説の一般的な傾向ですが、たとえ外国のお手本があるとはいえ、これだけ自在にそして巧妙にリアリズムから離れたのは、注目すべき成果と言っていいでしょう。
と言っている。わたしがこの『風の歌を聴け』に初めて出会ったのは中学二年生のときであった。当時のわたしには(今のわたしでも無理だが)、上記のような解釈ができるわけもなく、この小説はわたしの中でずっと「謎の小説」であった。しかしそれにも関わらず、この小説にはずっと惹かれるものがあり、折に触れて読み返していた。この卒業論文を始めるまで、わたしにわかっていたことは一つだけだった。それは、「わたしはこの読後感に惹かれている。」ということである。このことを頼りに分析を進めるうちに、この小説は終わり方に特徴があることが判明した。また、丸谷才一氏は「小説の流れがちっとも淀んでいないところがすばらしい。」とも言っている。このようになる原因も、叙述面で何か特徴があるのではないだろうか。この終わり方と叙述方法の特徴が、吉行氏の言うような「厭味にならず伝えている」要因になっているのではないかと考えた。

そこでこの卒業論文では、終わり方と叙述方法に注目しながら『風の歌を聴け』の表現特性について論じていきたい。特に終わり方については、独自の分類方法を考案し、それに基づいて細かく見ていく。

第1章  課題解明の方法
第1節  『風の歌を聴け』について
『風の歌を聴け』は、先ほども述べたように村上春樹の処女作品にあたる。また、「鼠三部作」と呼ばれる作品群の最初の作品でもある。「鼠三部作」とは、『風の歌を聴け』、『1973年のピンボール』、『羊をめぐる冒険』の3作品のことである。
この3作品は、「鼠三部作」と言われるようにすべてに鼠が登場する。また、僕もジェイも登場する。言ってしまえば、出演者はすべて同じといえるかもしれない。『風の歌を聴け』に出てくる自殺してしまった三人目の女の子は、『1973年のピンボール』において「直子」という名前を付けられ登場している。また、『風の歌を聴け』で鼠が抱えていた女とのトラブルは、『1973年のピンボール』でもまだ続いていて、『羊をめぐる冒険』において僕の手を借りやっと終わっている。このように、この「鼠三部作」には共通した部分が数多く見られる。 そのほかに、対応した記述も多く見られる。ここに一例だけ挙げておく。
そんなわけで、僕は時の淀みの中ですぐに眠りこもうとする意識をビールと煙草で蹴とばしながら、この文章を書き続けている。熱いシャワーに何度も入り、一日に二回髭を剃り、古いレコードを何度も何度も聴く。今、僕の後ろではあの時代遅れなピーター・ポール&マリーが唄っている。
「もう何も考えるな。終わったことじゃないか。」
『風の歌を聴け』
帰りの電車の中で何度も自分に言いきかせた。全ては終っちまったんだ、もう忘れろ、と。そのためにここまで来たんじゃないか、と。でも忘れることなんてできなかった。直子を愛していたことも。そして彼女がもう死んでしまったことも。結局のところ何ひとつ終ってはいなかったからだ。
『1973年のピンボール』
このように対応した記述が「鼠三部作」全てに渡ってみられる。この例を見たらわかるように、『風の歌を聴け』では、「終わったこと」だと考えているのは何のことなのかさっぱりわからないが、『1973年のピンボール』にはまるでその種明かしのように「終わったこと」=「直子のこと」だと明確に書かれている。しかし、今回の卒業論文では、『風の歌を聴け』のみで考えたときの解釈について分析した。確かに三部作にはなっているから、「終わったこと」=「直子のこと」なのかもしれない。しかしそれでは、『風の歌を聴け』という一作品のわたしの考える「謎」について説明できたとはいえないと考えたからである。 わたしの中で約十年間「謎の小説」と位置づけられていた『風の歌を聴け』について、次の章から考察していく。

第2節  課題解明の方法
この『風の歌を聴け』は、40の章から成り立っている。一見ばらばらに叙述されているようなこの小説を、一つの物語として捉えるのは難しい。そこで、それぞれの話題ごとに考えることにした。また、各話題を6つに分類し、その終わり方に表現特性があると考え、それぞれの終わり方に特に注目することにする。そのためにここで、課題解明のために使う尾括形式についてまとめておく。 課題解明のために使う考え方は、「6つの話はそれぞれで何らかの終結を見ているが、この小説全体としての完結はしない」というものである。これは塚原鉄雄氏の「尾括形式の欠落する作品は、作品世界は終結するが完結はしない。」という理論に従っている。それではこの「尾括形式」についてまとめる。

「尾括」
最後を括る。括るとは、括られている部分と括っている部分の質的な差のことをいう。
ここでは仮に括られている部分を被括部分、括っている部分を括部分とする。

また、「尾括形式」をまとめるにあたって「事物論理・思考感情論理」の2つの考え方を使う。まとめると下のようになる。

<事物論理>で終わる
被括部分と括部分の間で、事態に何らかの変化があって終わること。
<思考感情論理>で終わる
被括部分と括部分の間で、思考や感情に何らかの変化があって終わること。

後日談で終わる。<事物論理> <思考感情論理>
「しかし彼女は、今までになく幸福そうな表情をしていた。」(『家族八景』 筒井康隆)

別れて終わる。<事物論理> <思考感情論理>
「手を振ってくれて、ありがとう。何度も、何度も手を振ってくれたこと、ありがとう。」(『キッチン』 吉本ばなな)
行動描写で終わる。<事物論理> <思考感情論理>
「痩せた男は、アイス・ピックを自分の心臓に深ぶかと突き立てた。」(『ウィークエンド・シャッフル』「その情報は暗号」 筒井康隆)
泣いて終わる。<事物論理> <思考感情論理>
「その濃やかなはだをとおしてもれだす甘いにおいをかぎながら、また新たなる涙を流した。」(『銀の匙』 中勘助)
生活時間が終わる(つまり死ぬ)ことで終わる。<事物論理> <思考感情論理>
「新しい雪が降ってくる。史朗さんの雪だと思った。」(『雪の断章』 佐々木丸美)
風景描写で終わる。<事物論理> <思考感情論理>
「今年は柿の豊作で山の秋が美しい。」(『掌の小説』「有難う」 川端康成)
以上のように6つの形式が考えられる。それでは、ひとつずつその尾括形式について見ていきたい。

1.について
話の粗筋:七瀬という人の心が読める家政婦の女の子が主人公。ある夫婦のところに勤めるのだが、その夫婦はお互いに隣の夫婦のそれぞれの事が好きらしい。それを察知した七瀬は「お互いにウソをつき合うくらいなら」とお互いの浮気がばれてしまうように仕組む。しかしお互いその浮気相手に嫉妬することで相手に対する愛情を確認してしまい、七瀬の思惑とは裏腹によりを戻してしまうのである。この最後の一行は、嫉妬した夫から殴られたことでお互いの愛を確認した隣の主婦が幸せそうに玄関の掃除をしている場面である。
まず、ここでの終わり方について考える。この話は被括部分と括部分の間で事態に何らかの変化がある<事物論理>と、被括部分と括部分の間で思考や感情に何らかの変化がある<思考感情論理>で終わっているといえる。<事物論理>で終わっているというのは、人間関係が変化していることを指す。つまり、仲の悪かった夫婦(被括部分)が七瀬の企み(括部分)によって、お互いの愛を確認しよりを戻したという事態の変化のことである。また、もう一ついえることとして、時間の経過がある。仲の悪かった夫婦(被括部分)と、翌朝には仲直りしていたという後日談(括部分)との間で、時間が経過しているという変化のことである。これを下のようにまとめる。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号