收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

概要

在封建时代的日本,伴随着班田制的瓦解与庄园制的产生,武士阶层作为新兴的政治力量登上了历史舞台,并最终确立了以武士为阶级基础的幕府封建统治,从而形成了日本历史上由幕府独揽大权的极具特色的武家政治。 武士道是随着武士阶层的抬头而出现的一种伦理道德观念,经平安时期的酝酿,到镰仓时代初步形成,至江户时代则臻于完善。在武士道的形成和发展过程中,始终与儒学思想的影响密不可分,虽然影响的强弱因时代而异,但大体上是呈与日俱增的趋势。

本文旨在通过对武士道精神的起源、演变、发展历程及其特点的分析与研究,探讨在不同的历史阶段中,儒家思想对武士道精神产生的不同影响,从而加深对日本社会及日本文化的认识与了解,促进中日两国文化交际的顺利进行。

 

 
关键词:武士道 儒学 精神

 

要旨

封建時代の日本で、646正月からの班田制の瓦解と荘園制の生まれることに伴って、武士階級は新興の力として歴史の舞台に上がって、そして最後に幕府統治を確立し、それによって、日本歴史の中に、幕府が権利を独占した独特な武家政治を形成した。 武士道は武士の階層の生まれると同時に一種の倫理道徳の観念で、平安時期の準備を通じて、鎌倉時代までに形成して、江戸時代になる時、確立した。武士道の形成と発展の中で、ずっと儒学の思想との関係が分けられないで、儒家思想が日本の武士道精神への影響は時代によって異なるだが、実際には強い。

本文は武士道精神の起源、変遷、発展の過程と特徴に対する分析と研究を通して、異なった歴史の段階の中で、儒家思想は武士道精神の発生に対して影響、また、日本社会と日本の文化に対する認識と理解を深まって、中日両国の文化の交流を促進する。

 

キーワード:武士道 儒学 精神

 

目 次
はじめに……………………………………………….

第一章 武士道の出現…………………………………..
1.1武士道の萌芽………………………………………..
1.2武士道の深化…………………………

第二章 武士道の発展と特徴……………………………..
2.1平安時代後期における武士階級の台頭……………….
2.2鎌倉時代の武士階級…………………………………..
2.3室町から戦国時代の武士……………………………………

第三章 儒家思想と武士道精神とのつながり………………….
3.1江戸時代の武士道の儒家思想………………….
3.2儒教の五常の徳と武士道の忠義………………….
3.3儒家思想を受けた論理化になる武士道思想………………….

終わりに…………………. ………………….

参考文献………………… ………………….

 

儒家思想は日本の武士道精神への影響

はじめに

武士道とは、字義的には武士が守るべき道を意味する。中世以後発生した武士階級の間に発達した道徳律すなわち道徳的原理の規範のことといわれている。また、武士道は、忠誠、名誉、尚武、勇気などを重んずる。その内容を詳しく言えば、忠孝を第一とし、第二は、廉恥(心が清らかで、名を惜しみ恥を知る心がつよいこと)を重んじ、第三は、義勇に励み、次には、狂暴を挫いて孤弱を扶け、最後、自己の責務を果たすということという。一言にして言えば、難に臨んで死を畏れず、一命を賭して君に仕えることである。

本論は武士道精神の生まれから、その歴史と発展を描写した、その中にはいったいどこか儒家思想の影響を受けられることを探求しようである。

第一章 武士道の出現

1.1武士道の萌芽
武士道は中世に起こったものではない。また、儒教や仏教から発したものでもない。武士道の起源に関しては、一般的に「武士道は武士階級の台頭とともに現れ、徳川期において完成した」とされるが、時代ごとに概観してみる。記紀あるいは萬葉の歌を見ても明らかなごとく、日本傳統的な神道から発した及びすめらみことに対する忠誠心と名誉を重んじ恥を知る心が根幹である。武士道は個人的戦闘者の生存術としての武士道であり、武名を高めることにより自己および一族郎党の発展を有利にすることを主眼に置いている。「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」という藤堂高虎の遺した家訓に表れているように、自己を高く評価してくれる主君を探して浪人することも肯定している。また、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という朝倉宗滴の言葉に象徴されるように、卑怯の謗りを受けてでも戦いに勝つことこそが肝要であるという冷厳な哲学をも内包しているのが特徴である。これらは主に、武士としての生き方に関わるものであり、あくまでも各家々の家訓であって、家臣としての処世術にも等しいものである。普遍的に語られる道徳大系としてのいわゆる「武士道」とは趣が異なる。

1.2武士道の深化
道徳大系としての武士道とは「君に忠、親に孝、自らを節すること厳しく、下位の者に仁慈を以てし、敵には憐みをかけ、私欲を忌み、公正を尊び、富貴よりも名誉を以て貴しとなす」、ひいては「家名の存続」という儒教的態度が底流に流れているものが多く、それは江戸期に思想的隆盛を迎え、武士道として体系付けられるに至る。しかし無論、儒教思想がそのまま取り入れられた訳ではなく、儒学の中では『四書』の一つとして重要視されている『孟子』を、国体にそぐわないものであると評価する思想家も多い。この辺りに、山岡鉄舟が言うような武士道の武士道たる所以があるものと言える。また、思想が実際の行動に顕現させられていたのが、武士道としての大きな特徴である。
武士道とは本来すめらみことに対する無我の献身であった。しかし、中世に至って力の強い者が弱い者を倒して獲得する地位である武士団の棟梁に対する忠誠という「私的」なものになってしまった。そこから覇道が生まれる。

第二章 武士道の発展と特徴

2.1平安時代後期における武士階級の台頭
荘園制度の緩慢な崩壊、中央集権制度の疲弊等による地方の混乱に乗じて各
地に大地主が出現し、その土地を守るための自警団が自然発生していった。そ
の集団は頭領を戴き、家子郎党と呼ばれる主従関係によって結ばれているとい
う武士道の基本的な特徴を持っている点で上代における武人、朝廷に仕える物
部氏等とは一線を画する。
「家」の概念、主人としての父親を中心とした家父長制度の成立と主従関係
そのものの世襲的継続がその集団の団結を強固なものにしていき、そこに見ら
れる献身の道徳が「武者の習い」として確立していく。

利己主義の克服、犠牲的精神の発露、家の存続・繁栄のため身をすてるとこ
ろに「永代の面目」、<名誉>という概念を見出し、価値を認めるといった、江戸期に見られる儒教的精神と並ぶ武士道の根本的倫理観がここに具現化していったのである。さらに武士はこの時期自然発生的に生まれたと定説になっているが、その棟梁となる源平両氏の起源をたどれば都を離れ土着した下級貴族であるから、この頃の武士の定義としては「下級貴族の子孫」をリーダーとする「戦闘技能集団」であり「土地所有者」とその係累である、といえる。付け明治期の武士道についての一考察―新渡戸稲造『武士道』を中心に― 19
加えるならば天皇の子孫である下級貴族の血を引くことで天皇への崇拝心は
綿々と存続し、その後の政権構想に影響していったといえよう。

2.2鎌倉時代の武士階級

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号