收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

日本語の女性語について

 

 女性語の歴史的変化

(一)平安時代は女性語の発生期

女性語というと斎宮忌詞から言わなければならない。斎宮忌詞とは伊勢神宮に奉仕していた未婚の皇族女性が神様を祭る時に直接事物の名前を口にするのは神様を汚すことだと思って作り出された言葉で、これが最初の女性語の形態である。例えば、髪長(神宮)、瓦葺(寺院)、壌(墓)などが挙げられるが、これらは女性語と言うよりは一種の忌詞に過ぎなかったし、使用範囲も限られていた。

(二)中世は女性語の発展期

室町時代に宮中奉仕の女官が主に衣食住に関するものについて隠語的なことばを用いたのが女房詞で、女房詞は貴族と民衆との間において、急速に広がっていた。庶民と貴族とが交渉し、伝統ある貴族文化を摂取することで日本語の独特の女性語の世界が形式されるようになった。現代にまで流れる女性語の特有の「お」の使い方が中世の女房詞の伝統を踏まえているといえる。

(三)近世は女性語の全盛期

女房詞は江戸時代になって、庶民に受け継がれ、女中詞、遊里語となって質的変化が起こった。地方から来た庶民が上流家庭の女中になり、花柳界出身の女性が政治家の妻になることで女中詞、遊里語も上流社会に入るようになった。出版文化の繁栄、幕府の強力な文教政策などによって、女性専用の言葉が確立されるようになった。例えば「めもじ(見参)」、「おはもじ(恥ずかしい)」等、食物や器物名に限らず家庭内の日常的行動に至るまで発展して、女性語は全盛期に入った。

(四)近現代は女性語の衰退期

江戸時代の女中詞は、女性の言葉の中核となって伝えられた。すなわち、前期の女中詞はいろいろな規定を乗り越えて、生活のために、女らしさのために必要な言葉として使われたのである。しかし、後期に入るにつれて使われなくなっていった。出版された女性向きの教養、躾書に示された言葉と実生活上の女性の言語は次第に遊離されてきた。しかも、女性の地位が高まるにつれて、戦後の女性語は著しく変質して、だんだん衰退してきた。

二。現代女性語の特徴

言語の標準語化に伴って女性語は次第に減少されつつあるが、現代でも各方面において差異が見られる。では、女性語の特徴についてそれぞれ発音、語彙、敬語、文法などの面に分けて下記の通り説明して行くことにする。

(一) 発音

(1) イントネーション

大石初太郎の「ことばの昭和史」によると質問文のしり上がりのイントネーションの使用率は男性が67%で女性が84%だそうである。なお、野元菊雄の「女のことば」によると男性は17.7秒に一度、女性は10.3秒に一度強調を示すイントネーションを使うという。これらの統計から、イントネーションは男性より女性のほうが豊かであることが分かる。

(2) 音韻

発音の面では女性のほうが標準的な発音を使う傾向にある。例えば、男性はインフォーマルな場で「きたない」を?きたねー?「すごい」を「すげー」ということに対して、女性は普通このような変種を使用しない。

(3) 語速

語速も男女による差が著しく、郝素岩の「談日語的性別差異」によると、女性語のほうが男性語1.3倍の速度で話すそうである。

(二) 語彙

(1) 人称代名詞

① 一人称代名詞

自分を表す人称代名詞として「わたくし」「わたし」は男女共通に用いられている言葉で、男女の場合はそれ以外に「ぼく」?本人?「おれ」「自分」「わし」を用いる。女性の場合も「わたくし」「わたし」以外に「あたし」「うち」「あて」「わて」などを用いるが、「あたし」はインフォーマルに使われ「うち」「あて」「わて」は関西方言である。

② 二人称代名詞

日本語では二人称代名詞をできるだけあきらさまにしない傾向が有り、特に目上の人に対しては使わないようにしている。男性専用の二人称代名詞としては「おたく」?君?「おまえ」「きさま」「てまえ」などがある。女性専用の人称代名詞は特にないが「あなた」の使用範囲は男性が「きみ」「おまえ」「きさま」などを使う場合に使われ、また「あんた」は男性が「おまえ」や「きさま」を用いる場合に限って使われる。

③ 三人称代名詞

三人称代名詞として「彼??彼女??この方?などを使う場合は差異がないが「さま」「さん」「くん」を使う時は微妙に差が出てくる。例えば、職場で上司が部下を呼ぶ時、男性には「くん」を使い、女性には「さん」を使う。また、学校でも男子学生が女子学生を呼ぶ時は「さん」を使い、女子学生が男子学生を呼ぶ時は「さん」か「くん」を使う。すなわち、女性は男性より敬意の高い語を使う傾向がある。

(2) 終助詞

終助詞には女性、男性それぞれに特有なものがある。男性特有の終助詞には「ぞ、是、さ、な、なあ、か、だい、や、ら」などがあげられ、女性特有の終助詞には「輪、輪よ、輪ね、の、のよ、のね、かしら、こと、もの」などがあげられる。

① 「わ」「わよ」「わね」

l あなたとても幸せだわ。

l ケーキを食べちゃだめ、ふとるわよ。

l 今日は李さんの番だったわね。

「わ」は昇調のイントネーションを伴って主張、意志、感嘆を表す場合が多い。「ね」「よ」を下接する時は確認を求めたり、注意を促す意味がダブって言葉を婉曲させる。女性の柔らかさを十分に表わした終助詞で若い女性によく使われる。

② 「の」「のよ」「のね」

l 悪いのは私なの。

l 去年よりずっとよくなったのよ。

l ずいぶん苦労してるのね。

終助詞「の」はイントネーションを昇調にするか、降調にするか、それとも強調するかによってそれぞれ判断や主張、提問、解釈や命令の意味を柔らかく表わしている。男性の場合は「のだ」「のさ」を使うが強くて硬い印象を与える、「よ」「ね」を下接する時、意味は「よ」「ね」の意味によるが男性の場合は「のだよ」「のだね」を使う時が多い。

③ 「かしら」

l これを見ていただけないかしら。

l これでいいかしら。

l いつかしら彼の所へ遊びに行きましょう。

「かしら」は女性専用の終助詞で「かしらん」からきたものである。場合によって柔らかい請求や質問、自問や不確定の意を表し、女性語の特徴をうまく表しているものである。

④ 「こと」「もの」

l 少しも男らしくないこと。

l みなさん、お変わりないこと。

l だって、仕方がないんですもの。

l 前に行ったことがありますもの。

形式名詞「こと」「もの」が終助詞として使われるのも女性の会話によく見られる。「こと」は断定や質問などの意味を婉曲に表すに対して「もの」は理由や不満を柔らかく表すことができる。

いずれにしても女性は豊かな女性専用の終助詞を使うことによって女性のたしなみと女らしさを十分に表しているのである。

(3) 感動詞

感動詞は感動や応答及び呼掛けを表す語で活用がなく単独で使われる単語である。数多くの感動詞のうち男性専用と女性専用の感動詞は多くなく、男性専用の感動詞には「よう」「よっ」「ちえっ」などがあげられ、女性専用の感動詞には「あら」「おや」「まあ」などがあげられる。

l あら、どうしたの。

l おや、そうでしたの。

l まあ、知らなかった。

どちらも感動、驚きを表す感動詞で「あら」「おや」のほうが「まあ」よりも強い感じを与える。男性専用の感動詞に比べて女性専用の感動詞は柔らかい語感を表している。

感動詞の使用頻度は井出祥子の「大学生の話しことばに見られる男女差異」によると1000発話のうち男女比が655対395だそうである。この統計から分かるように感動詞の種類が多様で独創的であるのは男性のほうである。

(4) 漢語使用

古く男性が漢語を公用語として用いたのに対して女性は和語を中心に用いたという事情があるため、男性は漢語を多く使い、女性は語感の柔らかい和語を使う傾向がある。統計によると男性の漢系語彙の使用率は20.8%で女性は14.9%だそうである。「規則」と「きまり」、「腹」と?お中?、「心情」と?気持ち?など女性は女性語の特色を表せるために硬い、感情に乏しい漢語形の言葉を避けて和語を使っている。

(5)俗語、卑語

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号