收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

日本庭園から日本人の「縮み」志向を見る

要旨:日本庭園の美しさは世界に名を響き、しかもユニークな風格を持っている。中国や韓国などの国と違い、日本の庭園は縮めの方式をとって広い自然界を有限な庭の中に入れて観賞されるのである。そのため日本の庭園文化は「縮みの文化」と呼ばれている。石を主として作った庭園の文化であっても、築山を借りて作った庭園の雰囲気であっても、これらを縮められて身の回りに移した自然は、日本民族が世界のほかの民族と異なる自然観を表す。本論は日本の自然観と日本の宗教観の角度から日本人の「縮み」志向を研究してみたい。この研究を通じて、私達中国人が日本文化と日本人をいっそう理解ことができるだろうと思う。

キーワード:日本庭園 「縮み」志向 自然観 美意識 

 

はじめに

日本庭園は世界で有名で、長い歴史を持っている。日本は島国で、気候が温和で、潤んでいる。海岸線が長くて、川が縦横に入り混じていて、三分の一の土地は鬱蒼とした森林に覆っている。この自然の環境と気候風土は日本の最も早い古代の庭園芸術を産み出す。

日本人は、自然観と伝統的な文化観念のために、繊細と真実のことを追求していると考えられる。また、枯山水庭園からも、侘びと寂びという日本人の伝統的な美意識を見ることができる。したがって、日本の枯山水庭園をよく楽しむために、自我を捨てて、こんな美意識を昇華して、有限の世界から無限の世界に進まなければならないと思われる。

第一章 日本庭園と中国庭園について

1.1 日本庭園の歴史

日本庭園の初見は『日本書紀』によると、推古天皇34年に蘇我馬子が庭に池を掘り、中の島を築いた。貴族文化が花開く平安時代になると、貴族の邸宅に作られた大規模な「寝殿造り庭園」が始まる。寝殿造りの住宅では南に庭園がつくられ白砂が敷かれ池には島が築かれ、納涼や月見の宴や舟遊が興され、また遣り水では、雅やかな流水の宴が催されている。平安中期(10世紀)は、池を中心に御堂を建てて庭園を娯 楽浄土に見立てた「浄土式庭園」という池泉のある優雅な庭が生まれた。

日本庭園は中国から起源したが、中国の庭園と大きな違いを持っている。本土化の過程を経験した。日本の歴史で初期、池を掘って、島の上で宮殿を造ったという記録がある。しかしそれは主に防火および外敵を防御するためである。西暦紀元6世紀、中国庭園は仏教に従って日本に入ってきた。しかも、仏教が東の方向へ伝わって、中国庭園は日本の影響にだんだん大きくなった。伝播の過程の中で、日本庭園のデザイナーは本国の自然環境によって、本国の文化元素を加えて少しずつ日本の特色を持つ庭園の風格を形成した。

1.2日本庭園と中国庭園の比較

1.2.1形式と規模から見た日中庭園

日本庭園はさまざまな形であり、モデルに基づき、池の庭、露地の庭や石の庭と分けられる。この三つの庭園は自分のそれぞれ特色や情趣があるにもかかわらず、いつもお互いに補足し、一つの庭園の中に存在する。自然を模倣するが、自然を丸移しではない。自然の風景を縮め、庭園の中に入れ、小さい庭園を美しい自然の縮図にさせる。

中国庭園は主に皇室庭園と私家庭園があって、両漢の時に前者を主として、唐宋後私家庭園のレベルはだんだん高くなった。清朝になって、皇園は私園に学びはじめた。両者は共通の芸術性格を持っているが、私家庭園がもっと多く文人学士の審美の心理を体現している。中国庭園は主に山水、草花、木などからなっている。総合な芸術である。人類は大自然に対する加工である。中国庭園の造園の主旨は天然美にあって「人から作るが、まるで天で作る」という芸術の境界に達するのに努める。自然な山水の美と趣を求めるのは庭園美の核心である。

1.2.2 設計理念と手法から見た日中庭園 

日本の古典庭園は禅宗の影響を深く受け、宗教の方式で庭園と世界を把握し、悲しみと寂しみを実現している。この伝統的な庭園思想は日本の近代的な景観デザイナーにとても良く受け継がれて、そして近代的な景観理論設と結びつけ、近代的な造園の手段を使って伝統庭園の趣を表す。

中国の古典庭園の発展を見渡して、山水の設計は庭園の設計の中で貫く。古典庭園の中のこのような山水自然観が中国人の伝統的な審美観と人生観を持っている。山と水は自然の二つの元素である。庭園芸術になくてはならない題材である。庭園の中の山水は、いつも客観的な山水の景物のイメージを出発点にして、人の生活経験ときつく関係する。それに、想像を満たす。

 

第二章 日本庭園の縮み志向を生む原因

2.1日中庭園の異同から見た日本庭園の縮み志向

中国の伝統哲学の思想を生む主流は儒道解釈で、つまり儒家、道家と禅宗の思想である。これらの思想は中国庭園の芸術の発展に対して決定的な役割を果たした。中国の古典庭園の中で「山水」が自然を追求する原因は、実際は自然な形式美自身へのまねだけではなく、自然な中での潜在する「道」と「理」への探求にある。道家の自然観は自然をあがめ尊び、静かで、何もしないままに天意に順応し、淡泊で自由、ロマンチックに飄々としているなどの方面で表している。そこで、道家の思想の影響で、自然な仙境を造園の題材とする庭園が生まれた。

そのほかに、中国の伝統的な庭園の教育方式は先生が口伝で弟子を授けている。セットな教授方式を欠けている。 しかも、中国は近代、庭園を設計した理念が西洋から学んできたし、中国の伝統と現代を貫くことができる設計者は少ないし、伝統の庭園と近代的な庭園の並行する局面が現れた。

それに対して、日本庭園のデザイナーは伝統の庭園の粋と魂を捉え、近代的な設計の中に運用して、かすかな所で日本の文化を体現させ、伝統庭園の「形」にこだわらない。彼らの作品は近代的な庭園の特徴を持って、明快で、開放的で、新奇て、近代的な生活する需要を満たす。もっと深い意味の上で言えば、日本の伝統庭園の精神をも含む。日本庭園の設計方法は中国庭園に参考する価値があると思う。日本庭園は中国より小さいが豊かな内包を含んでいる。従って、日本庭園は縮みという志向を持っていることと言える。

 

2.2「縮み」志向と日本人の自然観

日本庭園からいくつか日本人の「縮み」志向を見る。庭園の部分が細かく分かれ、それぞれが独立して明白に作られているが、相い集まって全体は同一されている。これはあたかも一個の生物、あるいは自由な個人の集まったよい社会のようである。この簡素で機能的で美しい庭園造りはすなわち日本人の自然観である。これも日本人の何かを中心にする「縮み」の傾向である。

植物の美意識や日本の独特な自然環境や自然観のうえに日本人の「縮み志向」が生まれる。要するに、「縮み」という志向は日本人の植物の美意識などを基礎として現れる。禅宗の美意識は日本の審美に対して最大の影響は日本の最高の美意識を促進する。

 

2.3「縮み」志向と日本人の宗教観

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号