收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

中国の春節と日本の元旦における習俗の比較

要旨
中国と日本は古くから習俗の文化の上で密接な関係と交流を維持してきている。しかし、時が経つにつれて、両国は祝日の習俗の上でもいくつか変化が発生して、そこでたくさんの共通点と相違点が現れた。その中、中国の春節と日本の元旦の習俗の上からの比較を明らかにすることによって、いっそう明確に両国間の文化の吸収と融合、融合と発展の特徴を究明することができる。

キーワード:起源 習俗 言語  数字 伝統文化

初めに
昔から、中国と日本は習俗の上ですべて深い関係を持ち、中国の春節と日本の元旦における習俗の上でたくさんの共通点と相違点が存在している。何故このような情況が生じたか。私は中国の春節と日本の元旦の起源、習俗、言語、数字、伝統文化などの比較を通して、明確に両国間の文化の吸収と融合、融合と発展の独特な特徴を理解することが出来ると思う。

1、新年の起源
夏朝以前に“年”の概念があった。その時の農業は多毛作ではなく、1年にただ1季の作物だけを植えた。だから、穀類が一回1年で熟して、人人が農作物を再び収穫するように、いずれも祝い活動を行って、大衆は神の恩に応えて、同時に来年天候が順調なことをも望んで、災害を避けて魔をよけるのが春節の起源だ。日本の元旦は中国の春節に相当するが、それは新年の形式が中国古代から形成され広く伝わっていたので、その祝日の意義は中国の春節と同じでは、すべて来年の好運を切に願うためで、良い新しい意味がある。

2、中国の春節と日本の元旦の習俗の上の違同点
2.1中国の春節と日本の元旦における習俗の上の共通点
2.1.1  中国の春節は日本の元旦と同じく全て楽しく祝って、昨年に別れを告げ新年を迎える祝日の雰囲気に満ちている  例えば、大掃除をしたり、家を飾ったりすゐ;ある地方は提灯をつるし色絹を飾って、都市と農村の各地はすべて飾られて新しくなゐ。商業区は華やかで、色とりどりで美しい;機関、学校、病院、会社、大通りなどには、全部国旗、彩色旗が掛かって、祝日のスローガンを貼って、大部分の表門は生花あるいは盤桔を飾り付ける。要するに、何所でもお祝いの雰囲気に満ちあふれる。

2.1.2  中国の春節は日本の元旦も全国的な祝日である  中国の春節の休日は普通は旧暦の1日から7日まで、全部で7日の祝日がある。日本は全国の休暇日は毎年12月29日から1月3日にかけて、全部で5日である。

2.1.3  中国の春節にと日本の元旦には除夜があり、夜を徹し新年を迎えるもちを食べ、一家団欒の食事、お年玉をもらうなどの習俗がある。例えば、祝日の時に、全家族が集まって、除夜の一家団欒の食事を食べて、酒を飲む;親友は新年の挨拶をする方式を通して互いにお歳暮を送って、友情と感情を深める;目下の人は年長者に向ってお辞儀をし、年長者は目下の人にお年玉などにあげる。

2.1.4  中国の春節と日本の元旦には人人が未来への願望と目的を切に願うという点では同じだ  例えば、中国では祝日に門の上に門を守る神の画像、軒の下に灯籠が掛けるのに对して、日本では入り口の扉に門松をかけて、門の上に藁縄などに掛けることはすべて災害を避けるための魔よけで、来年の四季の平安、幸運の願望と目的を享受出来ように切に願う。
だから、中国の春節と日本の元旦は習俗の上の共通面から中国と日本は両国習俗の文化の上で吸収と融合の関係が存在していることを知ることができる。

2.2中国の春節と日本の元旦における習俗の上で違う方面
2.2.1 中国の春節と日本の元旦の娯楽と食事  中国では新年が到来すると、どの家でもドアを開け,まず、爆竹に火をつけて放ち、パンパンという爆竹の音で古いものを除いて新年を歓迎する。日本は元旦の期間爆竹をならさないで、どの家もひっそりと静かに新年を祝うのだ。中国の春節は普通は除夜の晩に全家族はギョーザを食べる。いくつかのギョーザの中に小銭などがあって、それを食べたら幸運があるという。除夜の晩に全家族が囲んでいっしょに長い麺を食べて長寿を祝り日本の元旦は新年を祝る。
2.2.2 中国の春節と日本の元旦の期日  中国の春節には旧暦の正月1日で、日本の元旦には西暦の1月1日である。

2.2.3 中国の春節と日本の元旦の期間の家屋の装飾  中国は春節の時に赤色の春聯を貼って、来年の祝福を表現する;年画を貼って、旧年に別れを告げ新年を迎えることを示す;“福”の字を貼って、“福が着く”を示して、人々が来年幸せな生活の良好な願望を求めることを体現している。日本の元旦は藁縄を掛けて、扉に門松をかけて祝賀するので、元旦の期間、日本人はよく門の上に1本の藁縄を掛けて、門前に門松を插して、それから縄の円環の上にダイダイ、ミカン、コンブ、ロブスターなどを掛ける。門松の飾物は普通の竹の葉、松の枝、ミカン、藁縄、ロブスターなどで、來年幸福と家族が長生きすることができることを示し、百歳まで長生きして魔をよけることを切に願う。

2.2.4 中国の春節と日本の元旦の習俗の上の守岁中国の春節には全家族が夜を徹して眠らないで、談笑したり楽しんだりして、中央テレビ放送による春節聯歓晚会を見て、夜を楽しく過ごす。日本の元旦は新年を迎える時は全家族がストーブの側を囲んで座って、静かに寺院の108の鐘の音を鳴るのを待って、日本の男女のグループに分かれて紅白の歌合戦を行うテレビで過ごす。
2.2.5 以上の中国の春節と日本の元旦の習俗の上で違いからは中国の春節と日本の元旦が節日習俗の文化の上で独特な特徴を持ち、親しくても離れて、融合と発展の特徴を持っていることがわかる。

3、言語の比較から見る
3.1 文字言語の使用
3.1.1 共通の祝い言語  文字言語の共通の使用の上で、中国の春節と日本の元旦は共同の言語が“新年おめでとう、よいお年を、明けましておめでとう、裕福になれますように、財產がたまるように喜びましょう、萬事如意、五福臨門、新春大吉、五穀豐收、財源廣進、財運亨通、金玉滿堂、千金白順、財を成し豐かになることから家族の幸せと、願い事がか   なうように、自分が思った通りの一年を、自分が思う事が實現出来るように”などがある。
3.1.2 忌讳の祝い言語  両者は生、死、病、残、破、苦、空、割、砕、終、絶、亡、失など緣起のわゐい言葉は口にしてはいけない。例えば中国の春節で“不運で、運が悪くて、破れる”などの語句の使用を避けて、日本の元旦の期間は“落ちる、離れる、失う”などのフレーズを使うことを避ける。
3.1.3  私達は文字言語の使用を通して、中国の春節と日本の元旦には人人は言語の上で縁起が良い語句を使うことを好み、縁起の良くない言語を使うことを避けることを知ることができる。
3.2数字の比較から見る
3.2.1  数字“4” の比較  中国の春節と日本の元旦の習俗の相違は数字の上でも体現している。中国で、“4”は“事”と発音が近く、“44”は“万事”のことを連想し、“万事が思うままだ”という意味を表す。しかし、日本語の “4”の発音は“死ぬ”と同じだ, “14”の発音は“重く死ぬ”と同じだ,“42”の発音は“死ぬに”(死に行く)と同じだ。日本人はこれらが“4”あるいは“4”の数字を含むことからは同音の語句を連想するので、とても縁起が良くないことと感じる。そのため、“4” を避けゐのだ。
3.2.2  数字“9” の比較  中国で、“9”と“久”との発音は近くて、幸福の祈祷に用いて長くて好運が切れないことを表すことができる。だから、春節の時に“9”の数字を持っている言語を使うことを好む。しかし、日本語の中のでは“9”の発音が“苦しみ”と同じなため、日本人は“4989”(“四苦八苦)と“3396”(散散苦労する)の組合せの数字をタブーとする。だから、祝日の時にはほとんど“4、9”の言語をくわえた言葉を使用しない。
だから、中国の春節と日本の元旦は“4”と“9”の数字比較の禁忌を通じて、中国と日本は祝日の習俗における数字言語の発展に各各の独特な特徴が存在していることを見抜ける。

4、伝統文化の比較から見る
4.1 中国の伝統文化が東アジアの文化の中心

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档! 

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
  • 评论最多
  • 最新评论
  • 随机文章
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号