收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

要旨(日本語)

 

 日本は世界中、早くて学校の制服を普及する国家の中の一つである。日本の学校の制服は簡潔で、おしゃれなので、学生の間に人気が高いだ。とともに、世界中でよく知られているようだ。本文は日本の学校の制服の研究を通じて、「集団意識」という日本特有の民族特徴を分析して、我が国の民衆に多少の思考を引き起こして参考とする。

本文は内容的に三つの部分からなるものである。第一部分、目下中、日両国が日本の集団意識と学校の制服を研究する現状を述べる。それぞれこの二つのテーマを研究する文章は多いが、二つを結び付けて研究する文章は非常に少ないだ。このため、この文章では、この二つを結び付けて研究してみる。引き続き研究の目的、意義及び研究の方法を述べる。第二部分、単独に日本の学校の制服を研究する。この部分には制服の定義、起源、発展と種類の研究が含む。第三部分、学校の制服を集団意識と繋がらせて、それぞれ制服の同一性、着装規則、デザイン、着用意識、差異化で、五つの異なる視角から日本人の集団意識を見る。

 

キーワード:学校の制服、集団意識、思考

 

摘要(中文)

 

  日本是世界上较早普及校服的国家之一.其校服简洁时尚,大受学生的欢迎.同时,它在世界上享有一定的知名度.本文通过对日本的校服的研究,来分析其所蕴含的”集团意识”这一民族特征,从而带给我国民众或多或少的思考和参考作用.

本文由三个部分组成.第一部分,描述目前中,日两国对日本的集团意识和校服的研究现状:分别对此二者进行研究作品的颇多,但将此二者结合起来研究的文章甚少.鉴于此,本人尝试将此二者结合起来进行分析.随后阐述本文研究的目的,意义以及研究的方法等.第二部分,单独对日本的校服进行研究.包括校服的定义,起源,发展历程和种类.第三部分,将日本的校服与集团意识联系到一起,分别从校服的统一性,着装要求,设计,着衣意识和校服的差异化5个不同的视角来看日本人的集团意识.

 

关键词:校服,集团意识,思考

 

 

要旨(日本語)

摘要(中文)

1.はじめに. 4

1.1研究の目的と意義. 4

2先行研究. 4

2.1先行研究. 4

3資料収集と研究方法. 4

3.1資料収集. 4

3.2研究方法. 4

4. 日本の学校の制服について. 5

4.1制服の定義. 5

4.2 学校の制服の起源. 5

4.3 学校の制服の発展. 5

4.4 学校の制服の種類. 6

5. 日本の学校の制服と集団意識. 7

5.1学校の制服の同一性から集団意識を見る. 8

5.2学校の制服の着装規則(強制性)から集団意識を見る. 8

5.3学校の制服のデザインから集団意識を見る. 8

5.4生徒の制服の着用意識から集団意識を見る. 9

5.5学校の制服の差異化から集団意識を見る. 11

6.結論. 11

謝辞. 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.はじめに

1.1研究の目的と意義

 日本人の集団意識は日本という民族意識の不可欠な部分である。集団意識は集団内部の力を集めさせて、全体の力を最大限にする。集団内の団結力を強めることもできる。本文は日本の学校の制服の研究を通じて、「集団意識」という日本特有の民族特徴を分析して、我が国の民衆に多少の思考を引き起こして参考とする。

2先行研究

学校制服に関しては, これまで多くの研究がなされてきた. その成果をたどると, 大きく二つの系統に分けることができる. 一つは, 制服の歴史を主に近代化と関係づけてたどる研究であり, もう一つは, 現在着用されている制服の実態調査や教員と生徒の意識調査の研究である.

3資料収集と研究方法

3.1資料収集

本研究は、先生方からのご指導と関係者の協力の上、さらに図書館、本屋とインターネットを利用し、制服と集団意識等についての資料を集める。制服と集団意識の歴史、発展に関する資料や論文を検索し、その正しさを確認した上で採用する。

3.2研究方法

   比較と分析研究の方法。先生の指導およびネットでいろいろな制服と集団意識についての文献を読んで制服と集団意識についての資料、制服についての発表した研究成果を分析して利用する。

4. 日本の学校の制服について

4.1制服の定義

  制服とは、会社、学校、あるいは軍隊、警察などある一定の集団や組織の所属者が着用することを目的に規定された服のことである。同じ集団内でも男性と女性の制服のデザインが異なる場合も多い。また、普段の着用義務がない服は、標準服や奨励服と呼ばれることもある。なお、制服を英語でいうと、uniform(ユニフォーム)となるが、日本語でユニフォームというと、違ったニュアンスの言葉として使われることがある。制服を設けるもっとも重要な目的は、組織内部の人間と組織外部の人間、組織内の序列、職能、所属などを明確に区別できるようにすることである。また、同じ制服を着ている者同士の連帯感を強めたり、自尊心や規律、あるいは忠誠心を高める効果を期待される。格好良い制服やかわいい制服は、あこがれを抱かせ、その制服を着たい(転じて、その職種に就きたい、その組織に入りたい)という願望をもたせ、人材確保に一役買うこともある。一定の集団や団体の性格を表す機能をもち、集団内では連帯意識を高めること、外的には職業や階級や役割などを明示することを目的としている。

4.2 学校の制服の起源

世界では、日本が早くて学校の制服を採用する国のうちの一つだ。

日本の制服は軍服がモデルだ。明治日本、文明開化のシンボルとしての洋装である。男子が一足早く、いわゆる「学ラン」に腕を通す。東京師範学校が取り入れたのが当時の陸軍の兵装であった。陸軍といえばカーキ色のイメージだが、日露戦争以前の兵装は黒色であった。

東京師範学校は制服を採用したのが1886年「明治19年」のことである。学習院では普通の学校と区別する意味で当時エリートとされた海軍の兵装をモデルに紺色にホック留めの制服を採用、今も踏襲している。兵式体操や教練を契機に、軍服がモデルの洋装制服が師範学校や中学校に広まっていった。また、今日一般的な学生服として認識される制服を制定したのは、帝国大学(後の東京帝国大学)であった。1886 年に風紀上策の一環として取り入れられた。女子の制服は1920年に平安女学院がセーラー服を初めて採用した。この頃の制服はすでに男子は詰襟、女子はセーラー服という形であった。

4.3 学校の制服の発展

この節では、明治時代後期から現在にかける100年くらいの間に日本の学校制服がどのように発展しているか述べる。

a.明治後期~大正時代

 明治時代後期に入ると、男子生徒の制服は、当時の国家主義的風潮の影響で、 詰襟型の上着+軍隊式の制帽の組み合わせが主流だったが、大正時代に民主的風潮が広まると、背広型の制服を定める例もいくつか見られた。女子の制服は、当初は定まったものがないか、着物に袴を穿く和服様式が多かったが、やがて洋服の普及に合わせて、スーツにスカート、或いはセーラー服を制定する学校が増加していく。

b.太平洋戦争~昭和中期

この時、戦争が激化し、物資の不足が目立ってくると、学校の制服も全国的な統制を受けるようになる。1941年より、文部省によって中学校以上に在籍する生徒、学生は国民服乙号に戦闘帽、ゲートルを着用し、制服の新調は控えるよう決められた。女子生徒にも統一されたデザインの服を着用するよう求められている。

c.1960年代~1970年代

1960年代後半から、主に服飾界の関係者から「会社員がドブネズミと呼ばされるような画一的な服装をするのは、中高生の多感な時期に制服を押し付けられ服飾感覚を磨く機会が奪われているからだ」という批判があった。この背景には、ピーコック革命と呼ばれる大人の男性の服装をもっと見栄え 良く(ファッショナブルに)していくという動きがあった。制服批判には、男子の詰め襟学生服や女子のセーラー服は、共に軍服の格好が参考にされていたことから、平和主義を標榜する国家である日本の教育現場にふさわしいものなのかという議論もあった。1970年代には、このような中で、制帽、制服を廃止して自由服などに移行する高等学校も現あらわ れ始めた。

d.1980年代

1980年代後半には、大都市圏の私立の高等学校を中心に、見栄えの良い制服を導入することが流行した。従来の紺、黒系統から明るい色が増えたりして、斬新なデザイン、チェック模様のズボン、カラフルなネクタイ、複数の制服の自由な組み合わせなどが挙げられる。見栄えの良い制服の導入は、受験生を増やして入学試験の合格点を上げる効果があるといわれた。また、いわゆる管理教育の見直しなど校則に関する社会的な議論の高まりを背景に、それまで制服が当たり前であった公立中学、公立高校でも一部に制服を廃止し、着用義務のない標準服に移行する学校が出てきた。いわゆる伝統校と呼ばれる学校ほど制服のデザインには保守的である傾向がある。

e.現在~

1990年代以降、制服着用と教育効果の関係性の面からも議論されるようになってきている。また自由服(私服)の高校に通う生徒などが市販の学生服(制服)や他校の制服を私服として通学時や学校のない時に着たり、他校の指定の鞄を持ったりするいわゆる「なんちゃって制服」と呼ばれる現象も存在するようになる。一方で、制服の高価さ、不便さなどから、制服の廃止を訴える声も少なくはなく、最近は制服を廃止する学校も増えてきている。しかし、一度制服を廃止した途端に受験者数が落ち込むケースが存在する。それで、制服を再導入する学校も出てきている。

4.4 学校の制服の種類

日本の学校の制服は主に男子制服と女子制服の2種類に分けられている。この節では、主にこの2種の制服をそれぞれ説明する。

女子生徒用の制服は女子通学服、男子生徒用の制服は詰襟学生服、ブレザータイプに大別されている。なお、学校の制服全般を男女形状タイプに関係なく「学生服」、小学生向けのものには「学童服」と呼ぶ場合もある。

a.男子の制服

男子の制服は主に詰襟(つめえり)学生服とブレザータイプからなるものである。

学生服(学ラン)‐詰襟を用いた伝統的な男子の制服である。中学校でも主流であるが、高等学校はブレザーなどへのモデルチェンジで大きく減少している。

ブレザタイプ‐高等学校での主流のタイプであり、小中学校でも採用が増えている。ただ、ブレザーの学校でも応援団は学生服(学ラン)を着ることが多い。

b.女子の制服

女子の制服は主にセーラ服とブレーザータイプからなるものである。

セーラー服‐伝統的な女子生徒の制服である。このセーラー服を採用している中学、高校はかつてに比べれば減ったものの、女子中高生にはまだ主流の制服と言える。また近年は、セーラーブラウスとジャケットを組み合わせた変形型、複合型などといったようなセーラー服を採用する中学、高校がでてきた。
ブレザー‐女子生徒に主流の制服である。高等学校の新設校やモデルチェンジによって採用されることが比較的多い制服である。

ボレロ-前打ち合わせない短い丈のジャケットで、主にジャンパースカートの上に着用。最近では衰退傾向にある。

イートンジャケット-カラーレスジャケットの形状で、主に濃紺色で小中学校に多い。英国イートン、カレッジのイメージを流用し命名された。

ジャンパースカート-夏服の標準的な制服であったが、モデルチェンジの折に減少傾向にある。

ベスト-夏服や中間服のパターンだが、最近ではチェック柄のスカートが増えているところから、ニット系のベストに替わることが多い。

ブラウス‐制服スカートに指定のブラウスを着用する夏服型。その上にニット系のベストやカーディガン等を重ね着することが多い。

スクールセーター‐冬場に着用するセーター。女子高生の間では冬場だけでなく春、秋にも濃紺のミニスカートに白のブラウスの上から濃紺スクールセーターを着用していることが多い。

吊りスカート‐夏はブラウスの上に着用することが多い。冬はイートンジャケットなどを重ね着する。主に小学校や中学校などに見られる。

 女子生徒用の制服は男子生徒用の制服に比べ、デザイン、色、オプションなどの種類が豊富だ。女子通学服が女子受験生の学校選択の要素の1つになることもあり、学校側は女子生徒用の制服を男子生徒用の制服よりも重視する傾向がある。女子の制服ではスカートが一般的である。

制服に合わせるアクセサリーもある。例えば、ボタン、紋章、リボン、タイ、ネクタイ(男子用)など。

 

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号