日语论文网 论文范文 日语论文范文:日中両国における観光産業の比較

日语论文范文:日中両国における観光産業の比較

第一章 序論

 

第一節 概要

21世紀になり、中国の経済は急速に発展し、世界中から注目されている中、中国国内では「第三産業」に呼ばれる旅行産業は新たな発展の機会を迎えてきた。国内旅行の新興は無論であり、「出国旅行」と「外国人観光客の受け入れ」は近年、大きな成長を遂げた。世界観光機関によると、2014年に国際観光客の受け入れ者数で、中国が世界第3位にランキングされ、成長市場として世界の注目を集めるようになった。一方、従来外国人観光客に好まれた日本は円安やビザ手続きの緩和などの原因で、2012年から大規模な外国人観光客、とりわけ中国からの観光客が日本の観光産業に大きな波をもたらした。2015年度日本の「流行語大賞」で、「爆買い」は2015年第一の流行語として受賞した。

このような観光業発展の背景にある日本と中国の異なり、とりわけ自然資源と人為政策の違いは日中観光に影響を与えていたのが現実で、本研究はその相違点と影響を検討していきたい。

 

第二章 本論

 

第一節 日本の観光資源と供給

まず、自然資源を見てみよう。日本は豊かな自然に恵まれた島国である。国土面積の四分の三は森林で占められ、地形も複雑で自然美に富んでいる。日本列島は細長い形をしているため、南北で気候が大きく異なり、冷帯から亜熱帯までの気候と四季を楽しむことができる。それによって、多くの観光名所には春夏秋冬、それぞれの良さがある。例えば、春は桜の花見、夏は見事な花畑、秋は紅葉、冬は雪景色が楽しめる。しかも、素晴らしい温泉と美味しい料理を楽しむことができる。また、海や火山なども日本の観光業の発展に良い条件を提供している。

次は人文系資源、つまり歴史文化遺産である。日本全国には有名な歴史古跡が数えきれないほど多い。特に京都や奈良など有名な古都には歴史と文化についての観光資源が非常に豊富である。例えば、京都は、日本の仏教の中心や振動の聖地として、様々な遺跡と古い建物などがあり、市区には、寺と神社が合わせて1877ヶ所ある。こうした歴史的景観が丁寧に守られ、貴重な観光資源となっている。

 

第二節 日本観光産業の管理と政策

東日本大震災からの復興に多く貢献するのは観光である。「観光立国の実現」は、21世紀の日本経済社会の発展のために不可欠な国家的課題とされている。このため、日本は政府を挙げて、観光立国の実現に向けた施策を推進している。

2006年12月に「観光立国推進基本法」を制定し、平成19年6月に「観光立国推進基本計画」を閣議決定した。また、2008年10月1日には、観光行政の責任を有する組織を明確化するとともに機能的かつ効果的な業務の遂行を可能とする体制を整備するため、「観光庁」が設立された。

さらに、2010年6月18日に閣議決定した「新成長戦略」では、長らく経済が低迷し地域が疲弊するなか、人口減少・少子高齢化の状況を打ち破り、急速に経済成長するアジアの観光需要を取り込んで元気な日本を復活させるため、7つの戦略分野の一つとして、観光立国の実現を掲げた。

また、近年の情勢の変化を踏まえ、観光立国の実現に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、国民経済の発展、国民生活の安定向上および国際相互理解の増進を図るために、2012年3月30日に、新たな「観光立国推進基本計画」が閣議決定された。この計画では、国内外から選好される魅力のある観光地域づくり、オールジャパンによる訪日プロモーションの実施、国際会議などのMICE分野の国際競争力強化、休暇改革の推進など、具体的な施策が提示された。

総じて言えば、観光は、日本の力強い経済を取り戻すためのもっとも重要な柱の一つとされている。2013年は、ビジット・ジャパン・キャンペーンが開始され、観光立国の実現に向けた取り組みが本格化してから10週年を迎える節目の年である。観光産業の競争力を強化するため、日本政府は、観光政策の推進に注力していくであろう。

 

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

本文来自网络,不代表日语论文网立场,转载请注明出处:http://www.riyulunwen.com/fanwen/1078.html

作者: admin

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

收缩