收缩
logo
当前位置:首 页 > 论文范文 > 查看文章

要 旨

                                 

 

初めはこの論文で研究する内容、研究の目的及び研究の角度を説明するものである。本文の部分は三章からなる。第一章では仏教は日本での歴史や仏前式の結婚式に対して影響や仏前結婚式のプロセスを論述する。第二章では神道は日本での歴史や神前結婚式に対して影響や神前結婚式のプロセスを論述する。第三章ではキリスト教は日本での歴史やキリスト教式結婚式に対して影響やキリスト教式結婚式のプロセスを論述する。最後は共存して多様な宗教の文化は日本での社会、文化や人々の生活の影響を説明する。

 

キーワード: 結婚式  仏教  神道教  キリスト教

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本多宗教下的各种不同婚礼仪式

 

摘  要

 

论文开头部分是阐述本论文的研究内容、研究目的以及研究的角度。论文的本文部分分为三章。第一章论述佛教在日本的历史及对佛前式婚礼仪式的影响和佛前式婚礼的主要流程,第二章论述神道教在日本的历史及对神前式婚礼仪式的影响和神前式婚礼的主要流程,第三章论述基督教在日本的历史及对基督教会婚礼仪式的影响和基督教会式婚礼的主要流程。最后论文结尾讨论了并存的多种宗教对日本社会、文化、人民生活的影响。

关键词: 结婚式  佛教  神道教  基督教

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

 

はじめに……………………………………………………………1

1. 仏前式結婚式…………………………………………………….1

 

1.1. 仏教の歴史と発展….. ….. …………………………………1

 

1.2. 仏教の影響による仏前式の結婚式.. …………………………….1

 

1.3. 仏前結婚式のプロセス………………………………………..2

 

  1. 2.  神前式結婚式……………………………………………………..2

 

   2.1. 神道の歴史と発展.. .. ………………………………………2

 

   2.2. 神道の影響による神前式結婚式… ……………………………..3

 

   2.3. 神前式結婚式のプロセス………………………………………3

 

  1. 3.  キリスト教式結婚式……………………………………………….4

 

3.1. キリスト教の歴史と発展…. … ………………………………4

 

3.2. キリストの影響による宗教式結婚式…. …. …………………….4

 

  3.3. キリスト教式結婚式のプロセス………………………………….5

 

終わりに……………………………………………………………5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の多宗教による様々に異なる結婚式

はじめに 

 

日本は1つの多宗教が共存する国であり、日本で宗教が信仰する人が多くて、多様な宗教を信仰する人もある。近年では、日本の経済が発展するにつれて、これらの宗教文化と日本人の生活が融合し、日本の本土文化に対して影響を及ぼした。このうち、神道教、仏教やキリスト教では日本人に最も大きな影響力を生かして、それで日本の祭りや結婚式の中で表現されている。

 

 

1.  仏前式結婚式

 1.1. 仏教の歴史と発展

仏教は紀元前6世紀に古代インドに発生して、その後、東に向かっては絶えず発展して、古代の中国に伝わた。6世紀の時に日本に入った、当時は日本の飛鳥時代、仏教は日本での発展は遅い。7世紀の初め、聖徳太子は仏法興隆の詔書を発布して、仏教の普及させることに対して力を発揮する。奈良時代には、仏教の制度が整っていて、僧侣の官位の設置、僧侣の衣食住などは詳しく規定があった。しかし12世紀以前には、仏教は貴族の宗教だけで、庶民の間に普及させていない。

鎌倉幕府の創立前後、日本は連年の戦乱を絶えず、社会は激しく変動させ、公家、武士や庶民はすべて深い不安の中に陥れた。それで、鎌倉六宗といわれる浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗と時宗が開かれた。いずれも「易行」、「選択」、「専修」という共通性をもっていた。[1]鎌倉時代には、日本の仏教が絶頂期になった、仏教がついに日本化に実現した。

江戸時代のとき、仏教は幕府の権利システムに陥った、政府は寺に対して多くの規定を実施する。それで、仏教の発展が限られていて。この時、儒学と国学が普及させて、仏教が新たな創造がなくて、人々は仏教の信仰を減退して、以前の繁栄を回復できない。

明治時代には、明治天皇が神仏分離令が実施して、仏教は大きな打撃を受けていた。その後、仏教はゆっくりと復興していた。

  

 1.2. 仏教の影響による仏前式の結婚式                                                                    日本人の生活と仏教の関係は非常に緊密である。日本では仏教を信仰する人が多くて、信徒にもかかわらず、お寺も参拝した。仏前で結婚式を行った、葬式を行った。仏教は、日 本に初めて持ち込まれた系統的な思想体系であり、それ以後の日本に計り知れない影響を与えた。仏教は思想、文化であるばかりでなく、建築、さらに医学、農業技術に至るまでの文明の代名詞でもあった。[2]現代の仏教では国民の生活に近くて、日本人の日常生活での影響が多くになった。

仏教を信仰する人には、世の中では、二人の男女が愛の感情がある、最後結婚しているのは、前世からの縁でありと思っている。仏前結婚式の理念は、縁が前世から存在するので、新人が結婚した時は仏に感謝するのは必要である、それも先祖の魂を慰める。

仏前結婚式の中には、結婚式には一種の「紙を垂」というの白い紙を細くて薄い紙を切って、そして木の枝の上を結ぶ、これはある伝統的な風習であた。亡くなった肉親の魂を招いて帰ってきての意味がある、永遠に無事を保つ。結婚式の中で、玉串奉祭る儀式の時、必ず男女の双方から血の親しい人が担当する。[3]

仏教は日本に入った後で、当地の文化とだんだんに溶け合って、絶えず発展して、最後日本で根を下ろし芽吹いて、日本の特色がある仏教文化になった。

  

  1.3. 仏前結婚式のプロセス

以前の仏前結婚式は寺院の中で行いて、現在では、僧侣は自宅を招いて、仏教の方式に通じて行うのはできる。ホテルの中で即時の仏堂を準備して、結婚式を行うのもできる。次は仏前結婚式のプロセスである。

① 入場する:まず、オルガンを演奏する、結婚式を参加する人は入堂している、それから、新郎新婦は入場して、参列者は起立して。最後は、司式者が入場する。

② 敬白文を朗読する:全員は起立し、司婚者は仏壇に向け、仏が結婚式今は行われることを報告する。

③ 指輪を交換する:新郎新婦は指輪を交換する。

④ 念珠を授与する:念珠は仏教において大事な器物である。念珠を利用する際には規則を守ることが必要であた。新人は両手で念珠を受け取って、左手をきつけている。念珠穂は自然に垂れている。手を合わせて祈祷や焼香のとき、念珠は外さない。司婚者は仏前に供えてある念珠を取り、白い念珠は新郎に渡す、赤い念珠は新婦を渡し。それから、新郎新婦は念珠を交換するのは婚約を締結する意味が表す。[4]

⑤ 辞を読む:司婚者が結婚を認める言葉を読んで、二人に誓わせる。

⑥ 焼香

⑦ 祝い酒を飲む:新郎新婦は席に着き、三三九度を交わす。

⑧ 祝辞:司婚者は祝いの言葉が述べられる。

⑨ 退場する

 

2.  神前式結婚式

 2.1.神道の歴史と発展

神道は日本の固有の宗教であた。神道は自然発生的に生まれてきた宗教であり、豊な自然に対する独特の感受性をもとに、日本という風土の中で育まれた民族宗教である。[5]日本の神道は自分の先祖がいない、自分の教の特别な経典ももっていない。神道の中ですべての神は日本国民の日常生活の中でよく会うものであ。日本国民は自然の万物には魂が存在すると思って、彼らはこれらの魂に神を呼ばれる。そして、日本人は神社を作られて、自然界の山、海、木、川などを祭りであた。

その後、仏教や儒教が日本に伝わった、神道を信仰する人は仏教が非常に反対して。しかし、当時の仏教は中国から先進的な技術を持って、天皇が仏教に尊重する。神道の発展はショックを受けた。神道は仏教や儒教を影響されて、理論化になった。

奈良時代には、神道と仏教を融合して、共同に発展して。明治時期になると、天皇が詔書を発表して、神道を励まして、宮の中で新しい神殿を建て。それ後、神と仏が分離して、神道は国家の宗教になった、天皇も神格化された。

第二次世界大戦の中に、神道は政府で国民を統制する、侵略戦争をサービスさせてツールにな。戦後、「宗教法人令」を発表した、神道と国との関係が断ち切った、神道は国民の一般的な信仰になった。

  

  2.2. 神道の影響による神前式結婚式

神前式結婚式というのは、神社の神殿内には、日本の神道教を基礎にして結婚式を行われた。神前式結婚式の儀式の過程はかなり厳しくて、参加者の入場して、座席の順序、儀式の措置、新郎新婦の動作などはすべて厳格な規定があった。儀式の中で、結婚式が正常に行いことができるのを保証するので、担当者も仲人と二人の新人に様々な注意する事項を解説して。

神前式結婚式は日本の室町時代には始まった、これらは当時の武官家庭で最も盛んで行われたの結婚式であた。式典の中で、新郎は羽を作る服を着て、新婦はの白色の錦の帽子をかぶりど白く垢がないのドレスを着た、日本には、白い顔は新しく生活を始まるシンボルを代表する、生活のに元からあって終わりを意味する。[6]

この考え方は中国と違う、中国にとって、白い顔は葬式のときはよく使える。西洋文化は中国に入って来て、人たちは結婚する時もよくウェディングドレスを着て。しかし、酒席が始まるとき、新婦はよく赤色の服を交替する、赤色はお祝い意味を表す。日常生活の中で、中国人もほとんど髪に白色の花を飾ることができない。

   

  2.3. 神前式結婚式のプロセス

神前式結婚式は日本の伝統的な結婚式であた。この結婚式は普通は現地の氏の神社で行われ、そして必ず事前や事後に氏の神、祖先の霊を報告する。結婚式当日は、新郎新婦が自分の家に離れ、家の神棚や祖先の霊をお辞儀をして、これは日本の伝統的な神前結婚式の中で1つの重要なステップである。現在の日本は、高級ホテルや高級レストランには式場などに神殿を設け、人々はよくこの所で結婚式を行われた。次に神前式結婚式のプロセスである。

① 参列者の入場:新郎、新婦、新郎の両親、新婦の両親、両家の親族、友人が入場する。新郎新婦が神前に向かって席を座って。

② 修祓の儀:参列者が起立し、斎主による祓詞に続き、清めのお祓いを受ける。

③ 献食の儀:神様酒や食べ物などを供える。

④ 祝詞奏上:斎主が神前にふたりの結婚を報告し、祝う祝詞を読む。

⑤ 三献の儀:一人の巫女が金箔長柄の銚子をもち、もう一人の巫女が提子を持ち、神職が三つ組の杯をのせた三方をささげて、新郎新婦二人の前の案の上におく。新郎新婦は起立して神酒をいただき、一つの杯を三口で飲む。順序は、まず新郎が小の杯を飲み新婦へ、中の杯は新婦が飲み新郎へ、大の杯は新郎が飲み新婦がこれを受けて飲むのが一般的である。[7]

⑥ 誓詞奏上:新郎新婦が神前に進み出て、誓詞を読み上げる。

⑦ 指輪の交換:新郎新婦が結婚指輪を交換する。

⑧ 玉串奉奠:新郎新婦が神前に玉串を捧げ,供養は终わってから、新郎新婦は「二拝二撮り1拝」する礼を行わなければならない。これとともに、参列者もそのお辞儀をした。礼が终わったら、新郎新婦は神案をめぐって1回回転する、後は一緒に新郎侧の席に戻ってくる。新郎はもう新婦に家にめとていたというの意味があった。[8]

⑨ 親族の杯の儀:両家の親族が一緒に酒を飲んだ。

⑩ 斎主あいさつ:斎主は二人は幸せな婚姻を祈り、式が終了したことを報告する。

11 退場する

 

 

3.  キリスト式結婚式

 3.1. キリスト教の歴史と発展

1549年、キリスト教の宣教師スペイン人としてのザビエルが鹿児島に来て、それからキリスト教は日本に伝わた。その時、織田信長は西洋から伝えられたキリスト教が大歓迎をして。安土城にキリスト教の教会を設立して、そしてキリスト教の宣教師は日本での宣教することが許容された。

その後、日本の文化とキリスト教が融合して、キリスト教が信仰する人が多くなった。しかし、政府はキリスト教を信仰する所に対して支配することが難しくなった。1587年、豊臣秀吉が教会禁止の政策を発布して、キリスト教は日本での伝播することが禁止した。江戸時代に入り、幕府は1612年に禁教の政策を出す、キリスト教が信仰する人が国外で追放して。江戸時代初期に75万人に上がったといわれたキリスト教徒は、多くが改宗したが、一部の信者は迫害に屈せず殉教するものもあった。[9]その後、外国の宣教活動が完全に断された。

  明治維新になると、幕府统治の時代は破算になった。政治、経済、社会など方面で改革を実行して、日本の現代化と西方化を促進した。そのとき、キリスト教は伝播の自由を保障してきた。だが、キリスト教は政治の影響力が安土桃時代に比べて少なくなった。                                      第二次世界大戦後、日本のキリスト教の人口がただ6%だけ占めて、本当に教堂に行って信者は1%しかない、影響力には日本現地の仏教、神道教に及ばない。

  

  3.2. キリストの影響による宗教式結婚式

キリスト教式結婚式というのは、キリスト教の教堂で結婚式を行われた。こんな結婚式は牧師や長老が担当者にとして開かれた。

キリスト教式結婚式を開催する二人の新人のうち、必ず一人がキリスト教を信仰しなければならない。もちろん、二人は教堂で結婚式を行われることが意欲があるのは必要であた。しかし、今の日本では、多くの人達がこのような結婚式が大好きなので、彼らはキリスト教が信仰しない、そしてこのような結婚式をならって、真の聖堂でない所で結婚式を行う。

キリスト教の結婚式は西洋文化の息吹が濃くて、新婦は白いウェディングドレスを着てた。ドレスの種類が多くて、デザインも精巧して、多くの日本人が好きた。日本の経済の発展につれて、このような結婚式は今の日本で最もありふれた結婚式になった。

キリスト教は、どのような形式を日本の社会で定着してと言えば、その中で最も特徴があるの一つの例はキリスト教式学校である。この学校の中で、キリスト教を信仰する人は全体人口の中で絶対多数を占める。[10]こんな学校で、経典とキリスト教に関する課程は開設していた。

 

  3.3. キリスト教式結婚式のプロセス

キリスト教の結婚式は、雰囲気が荘厳であた。新婚の夫婦は、上帝と会众の前で誓約を締結する。この結婚式は教堂で開催しなければならない必要がない。多くの人々は結婚式を行うために教会のスタイルの建物の中で式を開かれた。次にキリスト教式結婚式のプロセスである。

① 参列者を入場する:新郎の両親、新婦の両親、両家の親族、友人などの参列者は、定刻前に会堂に入って式を待つ。

② 新郎と新婦が入場する:新郎と新婦が教会が入って時、結婚行進曲を演奏する。最初に新郎はベストマンまたは媒酌人とともに正面に向かって右手から入って新婦を待つ。新婦はプライドメイドを先導に、父親と左腕を組むか、媒酌人夫人に付き添われて、バージンロードの上を聖壇の方へ進む。聖檀前の右側に新郎と付添人が並び、左側に新婦とその付添人が並ぶ。このとき、親族や一般参列者も起立する。

③ 讃美歌を合唱する:参列者が全部起立して讃美歌を合唱する。

④ 聖書を朗読する、折祷と説教:司式者は、聖書のなかの夫婦の務めに関する章を朗読する。つづいて司式者は祈祷をする。祈祷が終ると説教がある。

⑤ 結婚の誓約を締結する:これはキリスト教式結婚式の中で最も重要な時である。司式者は、新郎と新婦に向かい「神の定めに従って…いのちの限り、かたく節操を守ることを誓いますか。」と問い、新郎と新婦は、それぞれ「はい、誓います。」と答えて誓約を行うと、司式者は、 新郎と新婦に握手をさせて、その上に牧師の右手を重ね「婚姻させる」旨を宣言する。[11]最初に新郎、それから新婦に答えた。

⑥ 指輪を交換する:新郎新婦は結婚式の前に指輪を準備していた。結婚指輪を交換する場合は、新郎は新婦用の指輪をもって、それを新婦の左手薬指にはめる。それから新婦は新郎用の指輪をもって、それを新郎の左手薬指にはめる。

⑦ 結婚成立を宣言する:司式者は二人の新人は夫婦であるを宣言する。



[1](日)横山邦治. 日本文化概况[M];大连理工大学出版社;2006年5月;第17页

[2] 邱鸣. 中日同声传译背景知识储备训练自然篇[M];外语教学与研究出版社;2013年9月;第46页

[3] 孙倩. 日本传统婚礼[J];日语知识;2012年8月;第8期;第41页

[4] 何志勇 黄健. 日本交际礼仪手册[M];世界图书出版公司;2010年10月;第134页

[5]  邱鸣. 中日同声传译背景知识储备训练文化篇[M];外语教学与研究出版社;2013年10月;第38页

[6] 黄荭. 浅谈日本婚嫁习俗[J];日语学习与研究;2010年第6期;第38页

[7] (日)MSK・マルチメディア推進協議会. 神前結婚式 [J];太田市情報館;1998年9月

[8] 何志勇 黄健. 日本交际礼仪手册 [M];世界图书出版公司;2010年10月;第127页

[9] (日)横山邦治. 日本文化概况[M];大连理工大学出版社;2006年5月;第78页

[10] (日)神田健次. 日本接受基督教的特色[J];日本社区;2010年7月6日

[11] (日)MSK・マルチメディア推進協議会. キリスト教結婚式 [J];太田市情報館;1998年10月

 

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请到本站下载频道去下载全篇论文的完整word文档!

 日语论文免费下载>>>

这家伙很懒,什么都没写!

—— 日语论文

admin
你可能也喜欢Related Posts
众说纷纭Comments
大眼 可爱 大笑 坏笑 害羞 发怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 晕 流汗 困 腼腆 惊讶 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡觉 眨眼 亲亲 疑问 闭嘴 难过 淡定 抗议 鄙视 猪头
小提示:直接粘贴图片到输入框试试
努力发送中...
footer logo
未经许可请勿自行使用、转载、修改、复制、发行、出售、发表或以其它方式利用本网站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版权所有:日语论文网
  • 备案号:京ICP备10000918号